実は冬より要注意!?カサカサになる前にすべき夏の乾燥肌ケア

BEAUTY

肌の乾燥は冬だけ気を付けていれば大丈夫と、思っていませんか?
実は夏も紫外線の影響などで、肌が乾燥してしまうんです。
夏の乾燥肌は、汗や皮脂のせいで気づきにくいこともあるので注意が必要。
今回は夏の乾燥肌の対処法についてご紹介します!

夏の乾燥肌の原因とは?

夏の乾燥の原因は主に二つあります。

まずは、紫外線。
日焼け対策と同じくらい、紫外線による乾燥対策は大切なんです。

特に紫外線A波は、浸透力が強く肌に深刻なダメージを与えてしまいます。
この紫外線A波は、肌の奥深くの真皮層まで達すると繊維芽細胞を傷つけてしまい、シワやたるみの原因となってしまうのです。

また、この繊維芽細胞はコラーゲンを生成する役割を担っているので、肌の乾燥を引き起こす原因にもなっています。

次に、エアコンも乾燥の原因です。
エアコンをつけているときに、肌やのどの乾燥を感じたことがあるという方は多いと思います。
乾燥を感じているときには、すでに肌はカラカラの状態であることが多く、早急なケアが必要になってきます。

夏の乾燥肌のケア方法▶︎身体も肌も水分補給をしっかりと♪

気温が上がるにつれ、知らず知らずのうちに汗をかいて身体が脱水状態になってしまっていることもあります。
身体が水分不足の状態で、肌が潤っているわけがありませんよね。

まずは肌の水分補給よりも、身体の水分補給を優先しましょう!

初夏のころは特に、身体が暑さに慣れていないため、熱中症を予防するためにも水分をこまめにとるようにすると◎

夏の乾燥肌のケア方法▶︎化粧水のコットンパックが有効♪

夏の乾燥肌には、化粧水をたっぷりしみこませたコットンパックがおすすめです。
こってりしたクリームを重ね塗りしていた冬とは違ったケアをすることが大切!
肌に水分を押し込むように、しっかり化粧水を重ねづけしましょう♪

いくら夏でも、化粧水でスキンケアを終えるのはNG!
化粧水の後に乳液を忘れずに塗ったり、オイルを薄くのばして塗ったりするのもおすすめです。

夏だけ化粧水をさっぱりタイプのものに変えるというのも◎
その場合は、しっかりと肌が潤ったと感じるまで化粧水を惜しみなく使ってくださいね♡

夏の乾燥肌のケア方法▶︎混合肌さんはこまめにクリームを塗って

おでこやほっぺはテカテカしてるけど、目元や口元は乾燥気味という混合肌さんは、部分的にクリームを塗るのがおすすめです。

先ほど説明したとおり、夏も全く乾燥しないというわけではありません。
乾燥する部分としない部分に分けて、保湿してあげましょう。

唇が乾燥するという場合は、紫外線による乾燥のことが多いので、日焼け止め効果のあるリップクリームを塗るのもおすすめですよ♪

夏の乾燥肌のケア方法▶︎スチームを使えば肌がふっくら

夏の乾燥肌にはスチームもおすすめです。
細かいスチームで肌を潤せば、夏の乾燥だってへっちゃら!?
スチームは肌の奥まで水分を届けてくれるので、ふっくら柔らかな肌になれちゃいますよ♡

ただ、スチーマーを使って肌を潤わせても、時間とともに乾燥してきてしまいます。
それを防ぐためにも、スチーマーを使ったらすぐに化粧水と乳液でスキンケアをするのがポイントです。

浸透率もぐっとアップするので、いつも以上に丁寧なケアを心がけてくださいね。

今回は、夏の乾燥肌のケアについてご紹介しました!
夏の乾燥は、気付かないうちに進んでしまうことも多いので、特に注意が必要なんです。
暑くて汗をかいているからと思わず、しっかりスキンケアをすることが大切ですよ!
また、顔だけではなく身体も同じように乾燥していることが多いので、さっぱりタイプのボディクリームをこまめに塗ってあげましょう♪
ぜひ、今回ご紹介したような方法で夏の乾燥肌を防いでくださいね。