素朴な疑問…。「インドア派」と「アウトドア派」はどっちが得なの?

LIFESTYLE

あなたはインドア派ですか?それともアウトドア派ですか?
ここでひとつ素朴な疑問が浮かびます。
それはインドア派とアウトドア派はどっちが得なのか、ということ。
ここでは、どちらが得か考えてみます!

インドア派とアウトドア派はどっちが得?「インドア派の最大メリット」

まず、インドア派の大きなメリットは、若さをキープできること。見た目年齢が若い人には、意外なことにインドア志向が多いんです。

もうひとつの大きなメリットは、一人でストレスを発散できることではないでしょうか?

インドア派には、人と関わりながらストレスを発散できないという人が多いので、自分の力で自分のバランスをとるための知恵を、自然に身につけるんです。

インドア派とアウトドア派はどっちが得?「アウトドア派の最大メリット」

一方、アウトドア派の大きなメリットは体力を維持できること。

体力的なスタミナだけでなく、外に出れば人と関わる機会が増えるので、精神的なスタミナを強化することにも繋がります。

また、スマホでも情報収集はできますが……アウトドア派は“見て聞いて感じる機会”が多いので、情報通になれるんです。
不思議なことに、情報は情報通に集まるんですよ。

インドア派とアウトドア派はどっちが得?「インドア派の最大デメリット」

では、インドア派の大きなデメリットはなんなのか。それは、部屋から一歩も出ない幸せに気づいてしまうこと。

こうなると、快適な部屋作りにこだわったり、家で楽しめる趣味の幅が広がったり……これはとても素敵なことですよね。
しかし、知らず知らずのうちに行動範囲が狭くなる恐れがあり、また世の中の変化に疎くなる可能性も高くなります。

つまり、同じ環境内で変化を求め、そして現状で満足するだけになってしまうんです。

インドア派とアウトドア派はどっちが得?「アウトドア派の最大デメリット」

アウトドア派の大きなデメリットとしてよく挙げられるのが、危険な目に遭うリスクが上がること。一歩外に出れば危険はいっぱいあります……。

もうひとつの大きなデメリットは、「一人でいると疲れてしまう」こと。

インドア派には信じられないかもしれませんが、孤独が怖く一人でいられないという人は多いんです。
このタイプは群れたがり、恋愛依存症になりやすいです。

インドア派とアウトドア派はどっちが得?「インドア派は一人で楽しむ力が身につく・アウトドア派は世渡り術が身につく」

インドア派は一人で楽しむ力が身につき、アウトドア派は世渡り術が身につくようです。幸せの尺度は人それぞれなので、どちらが得に感じるかはあなた次第です。

これは、どちらも社会で生きていくためには必要な力なので、インドアとアウトドアの両方をバランスよく取り入れることが大事なのではないでしょうか。

一人の時間を大切にできる人は、他人から一歩引くことができるので円滑にコミュニケーションをとることができます。また、人間関係も自然に取捨選択できるようになります。

つまり、他人から一歩引くと一歩近づくんです。これができるようになると、他人と過ごす時間も有意義に感じられ、外の世界に触れる素晴らしさにも気がつくと思います。

アウトドア派の方は、インドア派をアウトドアに強制的に参加させないでください!
インドアを押し付けるインドア派はいないと思いますが、アウトドア派は押し付ける傾向があります。
相手の考えを尊重することもお忘れなく。