「スリムボディが全てじゃない」太ってから初めてわかった大切なこと

LIFESTYLE

以前は痩せていたけれど出産太りしてしまった「Mum on the Run」さんが、Facebook(フェイスブック)に「太っていても今が幸せ」という内容を投稿しました。
今回は、その投稿を元に本来の健康ボディとは何かを考えてみましょう!

Mum on the RunさんのFacebook投稿から考えること①痩せている体が健康なわけではない

Facebook(フェイスブック)に、ある投稿をしたMum on the Runさん。彼女は以前、とてもスリムで体型を維持するためならなんでもしていたそうです。

運動はもちろん厳しい食事制限にも耐えて、彼から褒められるのが気持ちよく、もっと痩せたいと躍起になっていました。

彼女はその体を愛していたし、SNSに投稿したセクシーな写真に「いいね!」されることが誇りだったそうです。

彼女の食事制限は、主に肉しか食べないというもの。炭水化物は一切口にせず、野菜さえもそれほど食べなかったと言います。肉ばかり食べていたせいで、毎日胸焼けに苦しんでいたそうです。

それは、健康とは程遠い食生活ですよね……。

Mum on the RunさんのFacebook投稿から考えること②食べる幸せを感じる

彼女がなぜスリムボディを捨て、太ってしまったのか。それは“妊娠”が理由でした。

身ごもった以上、こんな偏った食生活では赤ちゃんがちゃんと育たない。そう思い、お肉だけの食生活をやめ、炭水化物も甘いものも、もちろん野菜やお肉も、なんでも食べ始めたそうです。

お腹の中の赤ちゃんのため、いろんな種類の栄養素を摂るようにした彼女。しかし、今までの食事制限から急激に変化したため、体はどんどん太ってしまいました。

彼女は妊娠中、自分の写真を撮ることが大嫌いだったそうです。こんな醜い体、誰も愛してくれないと……。

Mum on the RunさんのFacebook投稿から考えること③おしゃれもセクシーも体型は関係なかった

スリムボディだった頃は、セクシーな下着に露出多めの服、ボディラインが強調された服を着るのが大好きだった彼女。「でも、太った体には似合わない」と、太った当初はそう思っていましたが、彼女は今の自分の体型が大好きになりました。

美味しいものを食べていると、生きていると実感できるし、無理な食事制限のせいで胸焼けもしなくなった。心身ともに健康的でいられるのは、今だということに気がついたのです。

それからはサイズは気にせず、着たい服を着られるようになったそうです。サイズが例えXXLだとしてもそれがセクシーな下着ならば、それは他の何物でもない。太っていたって着たいものは着られるのだから。

Mum on the RunさんのFacebook投稿から考えること④体は生活が刻み込まれる

日本は太っている人が少ない国と言われています。ほとんどの女性が必死にダイエットをして、なんとか痩せようと頑張っていますよね。

でも、その必要はもうないのかなと、この投稿を見て感じた方もいるはず。

ボディラインや体型は、その人の生活が刻み込まれたもの。あなたがどう生きているかの証になるのではないでしょうか?

朝何時に起きて、何を飲み食いし、どんな運動をして、いつ寝るのか。痩せた太った関係なく、毎日の暮らしぶりが体にあらわれます。ぜひ、楽しい人生を送っているんだろうなと思われる体づくりをしたいものですよね。

Mum on the Runさんの投稿

いかがでしたか?
今一度、自分の体と向き合ってみてください!