時間配分を変えるだけ!時間の使い方が上手な人の特徴6つ

LIFESTYLE

「時は金なり」ということわざがありますが、これは時間は貴重・有効なものだから無駄に費やしてはいけないという戒めです。
無駄に費やさないために、時間の使い方が上手な人の特徴を知っておきましょう。

楠原諒子
楠原諒子
2016.09.20

時間の使い方が上手な人は「時間の逆算をする」

時間の使い方が上手な人は、全体を把握し、そしてひとつのことにどのくらい時間がかかるかを考えます。

仕事の場合なら、書類を仕上げるのにかかる時間、印刷する時間などを、ざっくり計算します。
慣れていない方は、少し多めに時間をとってくださいね。

これができるようになってくると、ひとつのことにどのくらいの時間をかけるべきかがわかります。
完璧主義の方は、延々と時間をかける傾向があるので、これができると70%主義になれます。

時間の使い方が上手な人は「100%を求めない」

つまり、時間の使い方が上手な人は100%を求めないのです。

「まぁ、このくらいでいっか」と思えるようになると肩の力が抜けるので、結果的にいい評価につながるのではないでしょうか。

時間の使い方が上手な人は「心を落ち着かせる方法を身につけている」

「やるべき?やらないべき?」と考えると、モヤモヤした気分になって、やる気が失われませんか?
時間の使い方が上手な人は、思い立ったら即行動に移します。モヤモヤとした感情は、行動に移さないと解消されないことも多いです。

また、何事も早め早めを心がけているようです。
前もってやっておくと、するべきときに焦らなくて済みます。

つまり、時間の使い方が上手な人は、心を落ち着かせる方法を身につけているのです。

時間の使い方が上手な人は「一日のメインの予定が複数ある」

スキマ時間を活用するだけではなく、時間の使い方が上手な人は、朝晩の時間を有効に使います。

一日の流れが“起床→仕事や学校に行く→帰宅しグダグダする→就寝”という方も多いと思います。

一方で、時間の使い方が上手な人は、仕事に行く前、そして仕事後に作業を進めたり、資格や語学の勉強をします。
つまり、一日のメインの予定が仕事だけではないのです。

時間の使い方が上手な人は「できることからコツコツ精神」

今まで挙げた特徴だけを見ると、時間の使い方が上手な人はメンタルがとても強そうですが、決してそんなことはありません。

優先したいものもあると思いますが、その日の心と体のコンディションにより、どうしても計画通りに進められない日もありますよね。

そんなときは、あまり頭を使わない作業を進める、気になっていたところを掃除するなど、できることからコツコツやればいいのです。

時間の使い方が上手な人は「時間配分にこだわっている」

時間の使い方がうまくなりたい人は、時間配分にこだわってください。

最初に触れましたが、なにに多く時間をかけるべきか・かけないべきかをまず知ってください。
次に、自分が朝型人間なら朝に集中して活動する、また朝に向いている作業など、時間帯に合ったものを探してください。

このように、短時間の集中をくり返すことが大事です。
時間配分にこだわると、時間の使い方がどんどんうまくなるはずです。

時間の使い方が上手な人は、ハードスケジュールかと思いきや、時間に余裕を持って行動しているだけのようです!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。