「また肌が荒れてきた…」と思ったら。今すぐ見直すべき4つの習慣

BEAUTY

季節の変わり目や生理前になるとプツプツと出て来る吹き出物に、「またか……」とうんざりしていませんか?
肌が荒れると、気分が落ち込んで人にも会いたくなくなりますよね。
そんな節目毎に訪れる肌荒れとも、4つの習慣を見直すことでおさらばしましょう!

見直すべき生活習慣①《食事》肌美人は腸美人の法則

肌美人は決まって、腸美人です。

いくら外側から高い化粧水や美容液でケアしたとしても、一時的なもので、やっぱり内側から綺麗にすることが1番効果的。持続性もあるのです。

老廃物をきちんと排出して、腸内を綺麗に保つことで美肌が作られるのです。
そのためには、食物繊維やビタミン・ミネラルをたくさん摂ることが大切。特に、生野菜やフルーツがおすすめです!

見直すべき生活習慣②《生活》不規則生活は美肌の天敵

いつも終電まで飲んで帰る、ベッドの中でついLINE(ライン)やネットサーフィンをして寝付くのは深夜……なんてことありませんか?

寝不足は自律神経を乱し、肌荒れの原因となります。また、肌のターンオーバーにも影響がある、成長ホルモン。この成長ホルモンが多く分泌されるのは夜10時〜深夜2時の間です。

ゴールデンタイムと呼ばれるこの時間の睡眠は、やっぱり大切なのです!

見直すべき生活習慣③《スマホ》寝る前のブルーライトで肌老化

特に、夜更かししている理由がネットサーフィンやSNSなら特に注意です。

目には見えないブルーライトが、あなたの肌を劣化させているかもしれませんよ。ブルーライトの光線は、肌を錆びさせる活性酸素を生成する原因にもなるそう。
そして、ブルーライトによる目の疲れは、肌のくすみの原因にもなるのです。

眠る前にスマホやタブレットを操作すると、睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されにくくなるため、安眠の妨げにもなります。

ぐっすり眠ることも、美肌を作る条件のひとつなのです。

見直すべき生活習慣④《ストレス》肌トラブルの大原因はストレス

どんなにケアしていても、ストレスが大きいと肌荒れを引き起こします。

すごくイライラしたりした日の終わりに鏡を見てみたら、「ニキビができてる……」なんて経験はありませんか?

ストレスを溜め込まないために、意識的に身体と心を休めることが大切です。

「何より、肌が荒れていることがストレス!」なんて状態の時は、たっぷりの睡眠とジョギングなどの軽めのスポーツがおすすめです。

リフレッシュにも、代謝促進にもなり、肌に良い影響がありますよ♪

いかがでしたか?
肌荒れに効く薬を手当たり次第試す前に、生活習慣を見直して365日美肌をキープしましょう♡