チャンスはすぐそこ!決めつけグセは今日で終わりにしよ☆

LIFESTYLE

「あの人はきっと○○に違いない!」と、すぐに決めつけてしまう性格。
この決めつけ癖って良いことありません。
ここでは、ついついレッテル貼りをしてしまう、決めつけ癖のデメリットをご紹介します!

【決めつけ癖のデメリット①】可能性・チャンスを逃す

決めつけることは、「選択肢、道を狭める」というデメリットに繋がります。
つまり決めつけることで、今ある可能性やチャンスを逃している可能性があります。

決めつけ癖がある人は、自分の理想がきちんとあるのかもしれませんが、本当にその理想通りにならないといけないのでしょうか?
意外と理想と違うことが、自分には合っていることもあります。

白黒付けず、グレーというのもアリです。その方が、ストレスもあまり溜まらず気楽ですよ!

【決めつけ貼り癖のデメリット②】成長できない

決めつけることは、他にあったかもしれない可能性を潰してしまいます。
可能性・チャンスを逃すというのはつまり、成長できるチャンスも逃してしまいます。

決めつけ癖のある人は、たくさん悩んだり考えごとをする人も多いと思います。
確かに決めつければ、悩みや考えごとも無くなりその時はスッキリ。
でも深く悩んだり、考えたりせず、流れに身を任せるのもたまにはアリです!

悩むなら楽しいことを考えて、気にしない気にしない♪

【決めつけ癖のデメリット③】損をする

①②にも言えることですが、決めつけ癖のデメリットは損をしてしまうこと。

決め付ける行為は、好き嫌いがはっきりしているとも言えます。
嫌いな人が多い、苦手なものが多い…好きも嫌いも苦手も、はっきり分けなくてもいいんです。

それだと、何も考えてないようにも思いますが、何も考えないくらいが気楽です。
その方がたくさんのものに触れ、フットワークも軽くなり…結果的に得することも増えるはず♡

【決めつけ癖のデメリット④】一人相撲

人間関係での決めつけは、一人相撲であることが多いです。
一人相撲とは…相手がないのに、自分一人だけで気負い込む。実りのない事に必死で取り組むこと。
「この人はこういう人だ」と決めつけていたことが実際は違った!なんてことは多くあります。

決め付けは、自分の頭の中だけで、勝手に出した答え。
それだけを信じると、友人、恋愛、家族、仕事…全て上手くいきません。
こう思うと一人相撲って、バカバカしいっ!決めつけ癖はデメリットしかないですよ♡

決めつけ癖のデメリットをご紹介しました。
レッテル貼りをすることで、相手に対する自分の考えを整理している人もいますが、あまりおすすめしません。
これを機に、決めつけ癖は卒業しましょう!