「ハイ、チーズ!」その前に♪写真写りをグンと良くするテクニック

LIFESTYLE

新年度も始まり、集合写真や、友達と写真を撮る機会も多いですよね。
でも、「いつも写真写りが悪い……」なんて悩みがある人も。
そこで、少し意識するだけで、写真写りが良くなる方法をご紹介します♪

写真写りを良くするポイント① 自分の得意な角度を知る

写真に写る時、正面を向いていませんか?

実は人の顔って、普通は左右非対称なんです。
そのため、正面から写るとバランスが悪くなってしまうのです。

左右どちらかの顔を傾けて写りましょう。
髪の分け目がある方が写りが良くなりますよ。

また、左はかわいらしい顔、右はクールな顔とも言われています。
その時写りたい気分によって、分けてみても良いかもしれません◎

写真写りをよくするポイント② 上の歯は見せて、下の歯は隠す

思いっきり笑うと、上下の歯が見えてしまいます。

きれいな笑顔を作るには、上の歯だけ見せるのがポイント!
上の歯は大体、6本~8本見せると、きれいに見えます。

さらに軽く下唇をかみ、下の歯に舌を押し付けると、自然な笑顔が作れるんだとか。
また笑顔が硬い人は、表情筋が固まっているので、トレーニングをしてほぐしてみましょう。

写真写りを良くするポイント③ 目は開けすぎないで、レンズの脇を見つめて

思いっきりカメラ目線な人、正直、ちょっと怖いですよね。
「じゃあ、どこを見たら良いの?」と思うかもしれません。
自然にかわいく写るのには、ちょっとしたコツが必要なんです。

それは、左右の目でレンズの脇を見ること!
少し難しいですが、右の目でレンズの右端を、左の目でレンズの左端を見るようにします。
寄り目の逆のイメージですね。

これで、目つきが柔らかくなるんです♪

いきなりパッとやるのは難しいので、鏡の前で練習してから試してくださいね。

写真映りを良くするポイント④ 背筋を伸ばしたら、顎をグッと引く

姿勢が悪いまま写真に写るなんて、勿体無い!

ちょっと姿勢を正すだけで、写真写りは抜群に良くなります。
モデルさんのように、スッと立ちましょう。
猫背で写るよりも、健康的に見えます。
体の中心を、頭の上から引っ張られているイメージで立ってみましょう。

更に顎をグッと引けば、顔もスッキリと見えます。
ここで注意しないといけないのが、顎を引きすぎないこと!
顎を引きすぎると、二重顎になってしまいます。

普段から、姿勢よく過ごすように気を付けていると良いかもしれませんね。

いかがでしたか?
全て試してみると、今までとは格段に違う写りになるのではないでしょうか?♡
ぜひ、お試しくださいね♪