毎日の日課・家事をスムーズにこなす♪時短テクにつながるヒント

LIFESTYLE

料理・洗濯・食器洗い・掃除……。
家事は、毎日やらなくちゃいけないことが山積みで、放っておけないことばかり!
仕事もプライベートもこなさなくちゃいけないから、頭の中がぐちゃぐちゃになっている……。そんなふうに感じている人は多いのではないでしょうか?
今回は、毎日の日課や家事が時短テクにつながるヒントをご紹介します♪

《日課・家事の時短テク①》まずは1日の流れを把握する

時短テクを使うにも、まずはあなたが毎日どんなことをして過ごしているのかを把握する必要があります。

毎日時間に追われて、目に入ったことをとりあえずやっているのでは、いつまでたっても効率は上がりません……。

朝起きてから夜寝るまで、何をしているのか平日と休日に分けて思い出してみましょう!

《日課・家事の時短テク②》毎日やることをリストアップし、時間の無駄がないか見直す

1日の流れを書き出して眺めてみると、効率が悪かったり、無駄な行動をしているのを見つけることができます。
また、毎日必ずしもやらなくていいことや、反対に毎日欠かせないことも再確認できるでしょう。

次に、毎日やる日課・家事と定期的にやればいいもの、休日にまとめてやるものをリスト化していきます。

毎日やる日課や家事については、どの順番でやればいいのか考えながら、やる順番にリストアップしていきましょう!

《日課・家事の時短テク③》毎日同じ時間に、同じことをする

リストアップしたら大まかな時間を決めましょう!
起床時間・朝食・ニュースチェック・朝活……。
人によりそれぞれあると思いますが、それらをこなす時間を決めておけば、それだけで時短テクにつながります。

忙しい朝は「次に何やろう」と考えていることが、まさに時間の無駄。
時間をきっちり決めておけば、それに従って動けばいいだけです!

目につく場所にリストを貼っておけば、それを見て動けばいいのでかなりの時短になりますよ♪

《日課・家事の時短テク④》休憩を上手に挟む

休日に洗濯や掃除をまとめてやる人も多いでしょう。
しかしそれではせっかくの休みなのに、体は休まらないと嘆いている人もいるのではないでしょうか?

日課や家事を投げ出さず、きちんとやるためには休憩を上手に挟まなくてはいけません。
一つ終えるごとにソファに座ってコーヒーを飲むとか、ドラマを1本見るとか、30分だけ読書するなど、適度にご褒美を与えるのがコツですよ♪

《日課・家事の時短テク⑤》食事は基本、作り置き

平日仕事で忙しい人は、休日に作り置きしておきましょう。

1週間分の献立を考えたら、食材を買いにスーパーへ。
帰ってきたら気分転換やストレス発散も兼ねて、料理に没頭してみて!

1週間の食事を一度で作ってしまえば、疲れた日でも冷蔵庫からパッと取り出して食べればいいだけ。かなりの時短につながります♪

少し頑張って量を増やせば、平日のランチをお弁当にして持っていくことも可能。
買いに行く手間や何を食べようか悩む時間を省き、節約にもなるんです♡

《日課・家事の時短テク⑥》お部屋の収納は生活の流れに沿わせる

収納スペースは生活の流れに沿って上手に使うことで、時短テクにつながります。
他人のお部屋を覗いてみると「ここにコレを収納しているの!?」と驚きのテクニックが隠されていることってありますよね!

シューズボックスには靴のみ、キッチン下にはフライパンや調味料だけなんて決まりはありません。
衛生面に気をつけていれば、何をどこにしまってもいいんです!

掃除道具も場所ごとにおいて置けば、気になった時にサッと掃除できちゃいます。
試行錯誤して一番使いやすい場所に収まるよう工夫しましょう♪

時短テクにつながるグッズがたくさん売られている昨今。
しかし無駄な時間を見つけて、スムーズに日課や家事をこなせる環境づくりをするのもとても効果的♪
ぜひ参考にしてみてください!