美白にも効果あり!「RegenSkin」とは一体どんなもの?

BEAUTY

RegenSkin(リジェンスキン)マスクって、ご存知ですか?
実はこれ、今若返りが出来ると話題のマスク。ある日突然生まれたシワにすぐ対応したい!そんな方におすすめです。
果たしてどんなマスクなのでしょうか?ぜひ、参考にしてみて下さいね。

RegenSkinマスクとは?聞いた事ある?

年齢と共に増える、ほうれい線や目尻、おでこのシワ、目の下のたるみ。ある日突然気がついて嫌になったことはありませんか?

今まで使ってきたコスメなのに、なんだか合わないような気がしてきたり……。なんとかしたいけど、美容整形は少し怖い、という方におすすめのアイテムがRegenSkin(リジェンスキン)マスクです。

どんな効果があるのか?また、どこで購入できるのかなど、RegenSkinマスクについてご紹介します!

「RegenSkinマスク」とは一体どんなもの?

聞き慣れないRegenSkin(リジェンスキン)マスクという言葉。
RegenSkin(リジェンスキン)マスクは、顔の美白、美肌、細胞修復などの全般的なスキンケアに有効な成分、サイトカインが含まれているマスクです。
皮膚の老化防止や、お肌の若返りに効果的といわれています。

また、レーザー治療やピーリングの後、お肌に受けたダメージを早く回復したい、という時にもおすすめですよ。
美容整形をするよりも、安全でリーズナブルなイメージです。

一般的には販売されておらず、美容外科などで購入する事ができます。
値段は1枚1,620円~2,160円が目安。シートマスクで人気の、資生堂HAKUメラノフォーカスEXマスクや、マックスファクターのSK-2ホワイトニングソース ダーム リバイバルマスクなども6枚で10,500円、1枚だと1,750円なので、それほど高額とは言えないのではないでしょうか。

「RegenSkinマスク」に含まれている、サイトカインとは?

では、RegenSkin(リジェンスキン)マスクに含まれる、サイトカインとは一体何でしょうか?

サイトカインとは、免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質の一種です。特定の細胞、特に免疫、炎症に関係したものに情報を伝達するものを言います。
細胞の増殖や分化、細胞死、創傷治療などに関係するものがあります。

サイトカインはすでに数百種類が発見されており、今もまだ発見が続いています。

▼RegenSkinマスクには配合されているサイトカイン
・EGF:上皮成長因子
・FGF:線維芽細胞成長因子
この二つは細胞増殖因子で、特定の細胞に対して増殖を促す。

・IGF-1:インスリン様成長因子、損傷した細胞を再生する
・TRX:抗酸化物質として機能
・CopperPeptide:TRXに含まれ、肌や毛髪の再生に効果がある

計5種類のサイトカインが配合されており、アメリカのCTFAからも承認を得ている製品です。

「RegenSkinマスク」のデメリットとは

ホームケアで使用する場合は、常温保存でもいいですが、冷蔵保存が望ましいです。
使用中にお肌に異常を感じた場合は、使用を中止して医師にご相談する事をおすすめします。

RegenSkin(リジェンスキン)マスクのデメリットや副作用については、あまり確認されていないようです。
ただ、継続的に使用する場合、市販の一般的なシートマスクに比べて金額面での負担がかさむことは覚えておきましょう。

▼使用方法
洗顔後、いつものようにお手入れを行ってから、15~20分RegenSkinマスクを顔に乗せます。乾燥するまで乗せましょう。
使用したRegenSkinマスクの再利用は避けて下さい。

1週間に1~2回を目安に使用すると、より効果を実感できるそうですよ。

お肌に良い効果が期待できる、RegenSkin(リジェンスキン)マスク。
昔の肌に戻りたい……とお悩みの方にはとても魅力的ですよね!
少し高価かもしれませんが、自分へのご褒美に最適ではないでしょうか?お肌の調子が良いと、気分もよくなります。ちょっと贅沢なスペシャルケアを試してみて下さいね。