第一印象がよくなる4つのアクション♪「適度な距離感」で決まる!?

LIFESTYLE

春は新しい出会いも多い時期ですね。
初対面の方と会う機会も何かと多くなりますし、恋愛の出会いの機会も増えるでしょう。
そんな中で、第一印象がいい人というのは何かと得をするものです。
素敵な第一印象を相手に持ってもらうために心得ておきたい4つのことをご紹介します。

恋愛でも使える♡初対面で第一印象をよくするコツ①顔よりも距離感で決まる

春は、何かと初対面の方との出会いが多くなる季節ですね。
仕事での出会いはもちろん、男女としての出会いも多くなる時期です。
そんな中、第一印象が良い人というのはその後もいい印象を持ってもらえたりと、何かと得をするもの。

そもそも、人の第一印象とはどこで決まるのでしょうか?
第一印象で見られているのは、実は外見よりも話したときの表情や会話の内容、相手との距離感の取り方によって与える印象の方が大きいのだそうです。

見た目での印象というのはほんの数秒。
その後相手とどんな距離感で話したのかのほうが相手にとって印象に残るのです。

まずは、相手をリラックスさせる笑顔を心掛けましょう♡
笑顔は嘘っぽくなって目が笑っていないのはNG!また、妙に大きく笑うのも逆効果です。
ほどよく微笑み、目元の緊張がない笑顔で接するのがいい距離感です。

恋愛でも使える♡初対面で第一印象をよくするコツ②語尾をのばさない言葉選び

相手に与える第一印象は、会話の中にも潜みます。

距離感の取り方が上手い人というのは、自分がだらしなく見せるような会話をしません。
相手との距離をうまくつかみ、初対面の相手を緊張もさせないのです。

話し方というのが、会話の中ではとても大切です♡
若い方に多いのが、語尾を伸ばした話し方です。
「……ですよね~。」「そうなんですか~?」といった会話の語尾を伸ばす話し方は、相手にだらしない印象を与えがちです。
中にはおバカキャラと思ってしまう人もいるかもしれません。

話し方は語尾を伸ばさずハキハキと、しっかりとした印象を与えましょう。
ですが自分の方が頭がいい、自分の方が上、といった高圧的な話し方はしないように。
柔らかい言葉を選び、相手とフラットな雰囲気を作ることが第一印象をよくします♪

恋愛でも使える♡初対面で第一印象をよくするコツ③自分のことばかり話さない

初対面の人と話すのは誰でも緊張するものです。
そのため、つい自分のことばかり話してしまう方も多いかもしれませんね。

ただ自分のことばかり話す人というのは、後から「あの人自分のことしか話してなかったな」「私に興味がないのかな」と、第一印象を悪くしてしまいがちです。

たとえ緊張したとしても、できる限り相手のペースに合わせ、相手の話もしっかりと聞き出すような会話を進めると、第一印象はよくなります。

相手の話を聞き出すことは、相手に興味を持っているとアピールしているのと同じです。
そのように会話ができた相手を、人は「あの人は感じがよかったな」と判断するのです♪

恋愛でも使える♡初対面で第一印象をよくするコツ④相手に興味を持って観察する

相手に興味を持って接することはなによりも第一印象をよくします。
ただし会話にしろ視線にしろ、一定の距離感を保つことがとても重要なのです。

友達に接するようにスキンシップが多いと、相手も引きます。
初対面からべたべたとスキンシップをしないように心がけましょう。
また視線にも気を付けたいですね。相手に興味を持って話を聞いていると、ついつい目を見すぎてしまうことがありますが、人間はあまりにもじっと見られると無意識に緊張します。
視線は適度に外して、相手との距離を取ることがリラックスした雰囲気を作る秘訣です。

会話の内容も、初対面からいきなりプライベートに突っ込んだ内容を取り入れるのは避けた方がよいでしょう。
例えば、相手のネクタイを褒めたとします。
ですが「似合っている」「それどこのブランドですか?好きなんですか?」と根掘り葉掘り聞くと、相手に警戒されるかも。
適度に距離を持った会話が、初対面の時では必要です。

もちろん何度か会っている相手には興味を示す方法として、ファッションのことなどを掘り下げてきくことは有効ですよ♡

春の出会いの季節。できることなら自分の第一印象はよく思われたいものですね。
社会人として、仕事の場で会う人ならなおさらです。
自分の第一印象というのは、ちょっとした努力次第で変えられます。
まずは相手の様子をしっかりと観察し、適度な距離感をもって接してみてください。