本当にそれ必要?バッグの中身を減らしてムダのない女に♡

女性というのは、なぜか荷物が多くなってしまうものですね。
ですが、本当にいまバッグの中に入っているものは、すべて必要なものでしょうか?
もっと身軽に過ごすために、バッグの中身を減らす方法をご紹介します。

バッグの中身を減らす方法① バッグの中身、把握してる?

なんでこんなに荷物があるんだろう?バッグが重い……なんて思っている方は要注意。

荷物が多すぎて、実際に中になにが入っているのかわからずに持ち歩いたり、取り出したいものがすぐに出てこない!なんてことになっていたりするのでは?

必要なものがさっと出てこないバッグは、自己管理ができていないことと同じです。

デートのときに、さっとハンカチを差し出せない、仕事の際に、さっと名刺が出てこないようなバッグを持っているようでは、魅力が半減してしまいますよ。

バッグの中身を減らす方法② どうしたらバッグを軽く、キレイにできるの?

バッグの中に不要なものまで入れて荷物が多くなっている人は、まずは自分の荷物を見直すことから始めてみてください。

例えば、あると便利だから、と思って入れていたパンパンなメイクポーチ。
本当にフルメイクのメイク直しが必要なことなんてありますか?それよりもメイクが崩れにくくなる工夫をしたほうが◎

また夕方には髪の毛を巻き直したいから、とコテを入れている方。巻き直すよりもいっそアップスタイルにチェンジしたほうが気分があがりませんか?
このように、必要だと思っていたものも、考え方一つで不要なものであることが分かりますね。

それ以外にも、小さなものでもいつの間にか入れていたものがバッグの奥に入りっぱなし!なんてもってのほかです。
こうして入れっぱなしになったものは最終的にはゴミになります。ゴミを持ち歩きたくなんてないですよね?

本当に必要なものは、実はパーティーバッグ程度の大きさに収まるものなんです。
≪財布、家の鍵、スマホ、リップ、ハンカチ、ティッシュ≫

これらのものが必要最低限のものです。
それにプラスして、自分が絶対に必要だと思うものを持ち歩くだけでいいのです。

バッグの中身を減らす方法③ バッグが大きいからと言って無駄にものを入れない

先ほどご紹介した必要最低限の持ち物と、自分が絶対に必要だと思うもの。
それをまずはバッグに入れてみてください。
ここで、女性にありがちなのが、バッグがスカスカでまだものが入りそうな状態だと、次々に不必要なものをまた入れてしまう……ということです。

バッグが大きいからといって、あれもこれもと入れていては、バッグは結局パンパンに。
大きなバッグを持っているからといって、必要なもの以外を入れることをやめてみてください。
余裕のあるバッグは、ものが取り出しやすいだけでなく、バッグ本来の形が生きエレガントに見えるものですよ。

また、バッグを毎日取りかえたいという方には、必要最低限のものをまとめて大きなポーチに入れておく方法がおすすめです。
バッグに入れ替える際に、このポーチを移動させるだけでいいので、無駄がなく、忘れ物も防げます。

バッグの中身を減らす方法④ 予定をチェック。必要なものだけが入っているか意識して

毎日同じバッグを持って通勤する方は、それだけで無意識のうちにバッグの中身が増えていることもあります。
一日の終わりには、一度バッグの中身を取り出して、無駄なものが入っていないかチェックしてみてください。

街頭で配られたティッシュや、キャンディーの包み紙、もう終わった予定が書いてあるメモなどなど……そのまま入れていても使い道はありませんので、捨てましょう。
また、このときに次の日の予定をチェックすることも忘れないようにしましょう。
次の日の予定に合わせて、必要なものを不要なものを洗い出します。

今日持っていたものが、そのまま明日も必要とは限りません。いらないものは自宅に置いておくようにするか、捨てていいものなら捨てましょう。
無駄なものを持ち歩くことをやめて、一日を気分よく過ごすことを意識してみてくださいね。
女性はなにかと「使うかもしれないから」という理由で、バッグの中身を増やしがちですが、一度意識して「本当に必要なのか」「持ち歩かないで済む方法は?」と考え直してみると、案外ものを減らすことができます。あとはそれを維持するだけ!
続けていけば習慣になり、荷物の見直し作業も苦ではなくなります。
快適な毎日を過ごすために、一度バッグの中身を整理してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】新生活前にバッグの中身を最終チェック♡モテるアイテムリスト8つ

新生活を迎える前に、まずは普段持っているバッグの中身を見直してみませんか?せっかくなら...

バッグ 中身 減らす 方法 ミニマリスト 女性

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mariko tsuboi

結婚3年目、読者モデル。
女性ならではの視点で記事を書かせていただいています。

>もっとみる