どうして増えるの?形が変わるの?「ほくろ」が多い人の悩みとは

どうして増えるの?形が変わるの?「ほくろ」が多い人の悩みとは

BEAUTY

あなたは自分のほくろをどのように思っていますか?
ほくろは、位置によってはセクシーな印象を与えるものです。
一方で、子供の頃からほくろが多いことでからかわれてしまい、長年悩み続けている方もいるかもしれません。

年々ほくろが増え続けたり、形状に変化があらわれて不安に思ったりして、悩んでいるという方は、紫外線以外の思わぬところで、その原因を作ってしまっている可能性も……。

また、ほくろにも様々な種類があります。
ほくろだと思っていたけれど、実は皮膚の癌だったということもあるので、油断は禁物です!

そこで今回は、ほくろに関する悩みや、対策法などをご紹介します。

体のほくろが多い!?悩みを抱える人は結構いるんです!

目尻の泣きぼくろや口元、首筋のほくろの場合は、そこにあるだけでチャームポイントになり、愛着もわきますよね。

しかし、ほくろは場所や大きさによっては、コンプレックスとして、悩みの種になってしまうこともあるのです……。

特に顔にあるほくろは、その人の印象を左右してしまうこともあります。
気になる部位にあると、鏡を見るのも嫌になってしまいますよね。

ほくろが多い人は、比較的肌が白い人に多いといわれています。
肌の白さのため、他人から見ると、余計にほくろが目立ってしまうんです。

遺伝子に関係するの?体にほくろが多い人の理由

ほくろには生まれつきある先天性のものと、成長途中にできる後天性のものがあります。

先天性のほくろは、遺伝によるものと考えられています。
基本的には生まれてから10歳くらいまでの間に目立ってくるもので、先天性のほくろの場合、今以上に増えることはありません。

後天性のほくろは、紫外線の影響によってできたものが多いとされています。
紫外線の他には、ストレスやホルモンバランスの乱れ、下着や洋服と肌が擦れなど、肌に負担がかかることが原因となります。

また、女性はメイクがほくろの原因になることも……。
メイクをする時、ブラシで肌を擦ると刺激を与えてしまい、ほくろが増えることがあるのです。

悪いことばかりではない?ほくろ占いもある

ほくろの位置や色、数で運勢を占う、ほくろ占いといったものもあるんだそう♪

ほくろの出た部位や種類によって、健康状態や運命、性質を知ることができます。

例えば、顔であれば、眉上や小鼻にほくろがあると、金運に恵まれるといわれています。
あなたのほくろが、どのような意味を持つのか調べてみると、おもしろいですよ!

また、悪い運勢のほくろを除去することにより、運気がアップするという噂もあります。

真偽は定かではありませんが、人相学ではほくろも重要視されるので、運勢に何らかの関わりがあるといえるかもしれませんね。

気になるほくろも、ほくろ占いによって愛着をもてるかもしれませんよ♡

体のほくろと顔のほくろに違いはある?

体と顔のほくろにそれほど大きな違いはないのですが、そのほくろによっては形状が変化する場合があります。

ほくろはできた当初は平らですが、時が経つと少しずつ膨らんでくることもあるのです。

どのように変化するかは、顔と体のどちらにあるかでも異なります。
顔のほくろは丸く膨らむことが多く、体のほくろはイボのように膨らんでいくことが多いでしょう。
これは普段、洋服などで摩擦があるかないかによって、違いが出てくるようです。

膨らんだほくろの色が抜け、年齢を重ねるごとに、だんだん薄くなっていくこともあります。

体のほくろが加齢とともに増える理由は?

年齢を重ねるとともに、段々とほくろが増えていくこともあるでしょう。

加齢もストレスなどと同じように、ほくろの元となる、メラノサイトと呼ばれる色素細胞を活発化させてしまうそう。

また、総合的に見て、若い人よりも年をとった人の方が、紫外線に当たってきた時間が長いため、皮膚の細胞が老化し、メラニン色素が増えてしまうことになるのです。

紫外線によるメラニンの過剰生成を防ぐことも重要ですが、できたメラニンを排出させることも必要です。
加齢でメラニンの排出が正常に行われず、メラニンが蓄積してしまうことも、ほくろの原因の一つとなっているのです。
メラニンの排出を促すには、適度な運動や睡眠を十分にとる、食生活を見直すなど、規則正しい生活を心がけるようにしましょう♪

体のほくろと病気は関係あるの?

ほくろは、5mmから1cm位までのものがほとんどですが、それ以上大きくなってきたり、出血したりすると、メラノーマという癌である可能性が高いそうです。

メラノーマとは、悪性の皮膚がんのひとつ。
メラニンを作るメラノサイトという細胞が、ガン化した腫瘍と考えられています。

特に足の裏にできた場合は、悪性の可能性が高いそう。
足の裏は、他の所と比べて、歩行によって刺激を受けやすいので、その分悪性に変わりやすいようです。

一方、子供の頃から足の裏にほくろがあるという方は、良性という場合がほとんどです。
本来、足の裏にはほくろの原因となるメラニン色素の細胞がないので、成人してからできた足の裏のほくろは、悪性である可能性が高いので注意が必要です。

進行が早いため、大きなほくろが増えて不安を感じたら、すぐに専門医師に診てもらうようにしましょう!

形状が異なる理由はあるの?

ほくろがふくらむ原因は、触って刺激を与えたことによるものが多いようです。

子供の頃にできたものは、気になって何度も触ってしまうことがあります。
そのまま刺激を与え続けると、大きく盛り上がってしまうのです。

また、妊娠による、女性ホルモンの変化で大きくなることもあるそう。
女性の場合、妊娠すると女性ホルモンが増えて、色素細胞を刺激します。
これにより、ほくろが膨らむ場合があるんですね。

さらに、紫外線の浴びすぎも影響してくるでしょう。
紫外線を浴びると色素細胞が大量に作られ、ほくろが膨らむ一因になるといわれています。

ちなみに、毛が生えているほくろは、実際は、ほくろから太い毛が生えてくるのではなく、毛穴があるところにほくろができているんです。

人の肌には無数の毛穴があり、ほくろができたところにも毛穴が存在しています。

ほくろに生えた毛が、太いケースもあるでしょう。
なぜほくろに生えた毛が太くなるのかというと、ほくろの元になっているメラノサイトが関係しています。

ほくろは、メラニン色素を産み出すメラノサイトが、皮膚の一箇所に集中してできたものです。
このメラノサイトは、毛髪組織の元となる毛母細胞と隣り合って存在しています。
この毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことにより、毛が太く成長していくと考えられています。

ほくろについて色々とご紹介してきましたが、やっぱりなんとかして隠したい!という思いがあるでしょう。
そこで、その対処法をご紹介していきます。

体のほくろが多いことへの悩み対処法①ファンデーション、コンシーラー

すぐにでもほくろを隠したい場合は、コンシーラーを使用すると良いでしょう。
コンシーラーはシミ隠しに使うことが多いですが、盛り上がっていない薄いほくろであれば、コンシーラーで十分に隠すことが可能です。

顔にファンデーションを塗ってから、いつものファンデーションよりもほんの少しだけ暗い色のコンシーラーをホクロに塗ります。
明るめのコンシーラーを使用してしまうと、ほくろがかえって目立ってしまうことにもなりかねません。
必ず少し暗めの色を選ぶことが重要です!

その後にまたファンデ―ションを塗れば、ほくろを目立たなくすることができます。

ただ、広範囲にはコンシーラーはあまり適していないため、細いブラシなどを使ってホクロの部分にだけ、塗るようにすると良いでしょう。

ほくろを隠したいからといって、過剰に塗り込み擦ってしまうと、ほくろに刺激を与えてしまい、さらにほくろを大きくしてしまう可能性もありますよ。

もともと、メイク自体が肌に負担をかけているものです。
メラニン色素が増えて新たなほくろができやすくなります。
普段から肌に優しいメイクを心がけるようにしましょう♡

体のほくろが多いことへの悩み対処法②除去クリーム

ほくろを隠すのではなく、自宅で手軽に除去してみたい方には、ほくろ除去クリームを使うという手があります。

ほくろ除去クリームは、皮膚科で治療するよりも安価なので、試してみる方が多いです。

しかし、多くの方が実践するなかで、成功したという意見もあれば、ほくろを取りたいあまりに焦ってしまい、跡が残って失敗してしまったといった声もあるようです。
慎重に使用するようにしましょう。

ほくろは消えたものの、跡が残ってしまい、赤みが出てしまった方や、他の皮膚に間違ってクリームが付着して、やけどのような症状になってしまった方もいます。

また、皮膚が陥没したり、逆に盛り上がってしまったりといった、失敗例も多く見受けられます。

安全性を求めて確実にほくろを取りたいという方は、安易にクリームに頼らず、皮膚科などで専門家に診てもらった方が良い場合もあることを念頭に置いておきましょう。

体のほくろの悩みはクリニックに相談できるの?

ほくろ除去を行いたいと思うものの、クリニックや皮膚科で治療を受けても失敗したという意見もあり、なかなかほくろ除去に踏み切ることができずにいる方も多いと思います。

しかし、そこでほくろ除去を諦めてしまうのではなく、一度皮膚科や専門のクリニックに相談してみてください。
まずは、しっかりとほくろ除去についての説明を聞き、治療への不安を払拭することも必要です。

おすすめのクリニックをご紹介します。

・松倉クリニック
治療方法が幅広く、患者さん一人一人に合わせてくれるクリニックです。
無料カウンセリングも実施しています。
無理矢理施術をすすめられることもないので、安心して相談できるでしょう♪

・城本クリニック
城本クリニックは、全国に27院のグループがある、日本最大級の大手美容クリニックのひとつです。
25年以上の長い歴史がある上、実績のあるクリニックです。
料金が比較的安い店も魅力ですね。

また、クリニックで行われる治療方法は、炭酸ガスレーザー、レーザー電気メス、Qスイッチレーザーなどがあります。

悩んでいる方は、一度クリニックに相談して専門家からのアドバイスを聞いてみてはいかがでしょうか?
どのような治療をしたら良いかなど、判断材料にもなるため、おすすめです。

いかがでしたでしょうか?
ほくろにも生まれつきのものと、成長過程でできたものがあり、形状も様々です。

ほくろが増えてしまう原因も、紫外線だけではなく、生活習慣の乱れが原因となることもあります。
自分の生活を見直すことも必要になりますね。

体にあるほくろは衣服に隠れるため、それほど気になることはないかもしれません。
しかし、顔のほくろは人の印象を大きく変えてしまうことになります。
本当に除去すべきなのか専門家に相談し、きちんと自身で考慮した上で、決めるようにすると良いですね!