モテると思われがちな非モテ行動とは!?

LOVE

「メンズにモテる!」と謳われたアプローチ方法がたくさん存在しています。
でもそれを鵜呑みにして実践していてはダメ! 
中には、間違ったアプローチ方法もあるのです。
勘違いしたままメンズの前で行ってしまう前に、NG行動を学んでおきましょう。

非モテ行動①「相手をひたすら見つめるとモテる」は間違い!

好きな人のことは、ついつい目で追ってしまうもの。

でも、男性は自分のことを2秒以上見つめられると、「何かチェックされてる?」と圧迫感や不安を感じてしまうのです。

だから、相手と目を合わそうとひたすら見つめるのはNG。

見つめるなら2秒以内にして、彼と目が合いそうになった瞬間にパッと目を反らすのが正解です。
「あの子俺のこと見てたのかな?」と意識させることができます。

非モテ行動②「高い声の女性はモテる」は間違い!

女性らしさを感じる高い声は男性ウケも良いと思われがちですが、実はこれは間違いです。

心理学的にも高い声は相手に警戒心を抱かせ、落ち着かない気分にさせるといわれています。

ですから、高い声にしようと意識する必要は全くないのです。

モテる声を目指すのなら、女優の仲間由紀恵さんのような相手を優しく包み込むまろやかな声で話しましょう。

非モテ行動③「好きな人とはなるべく近い距離で話すとモテる」は間違い!

好きな人をドキッとさせたいがために、なるべく近くに寄って話すという人がいます。
でも、これは実はモテとは逆効果! 

男性は、女性と違って、距離感を大事にする生き物です。

自分だけの空間、パーソナルスペースに立ち入られると警戒心を抱き、相手を引いてしまう傾向にあるといわれています。

彼に近づきたい気持ちも分かりますが、適度な距離感を保つことが恋愛成就の秘訣です。

非モテ行動④「カラオケではしっとりバラードを歌うとモテる」は間違い!

カラオケでは歌を聞かせるしっとり系のバラードを歌えばモテると思っている人が多いようですが、それは間違い! 

反対にモテるカラオケ曲というのは、腕や脚の長さをアピールできるダンス曲なのです。

例えば脚をクロスしたり、伸ばしたり、手をあげたり、と動きがある曲。
少し古いですが、少女時代の「GENIE」はまさにこのダンスを取り入れたモテ曲! 
腕や脚の長さをアピールしてみて。

ノリが良くて場も盛り上がるので一石二鳥です♪ 

モテると思っていた行動が、意外と非モテ行動だということがお分かり頂けたでしょうか? 
誤解したままメンズの前でやってしまっては、恋が遠のいていってしまいます......
正しいモテ行動を身につけて、確実なアプローチをして♡