「発汗ジェルは効かない」…は嘘!痩せる使い方をマスターしよう

BEAUTY

コスメ売り場に必ずある「発汗ジェル」。
痩せたいと思って買うけれど、使ってもイマイチ効果が実感できない、なんてことはありませんか?

もしかするとあなたは、正しい使い方をしていないから効果が出ないだけかもしれませんよ!
使い方があっているかどうか、ここで確認してみましょう。

まずは発汗ジェルの基礎を確認!

マッサージをする際に用いる、発汗ジェル。ですが、発汗ジェルといっても、実はさまざまな種類があるんです。

代表的なもので、ジェルタイプ、クリーム(乳液)タイプ、ウォータータイプ、オイルタイプがあります。まずは、自分の肌に合うタイプを選びましょう。

さらに一般的な発汗ジェルには「ショウガオール」「トウガラシチンキ」「バニリルブチル」といった温感成分が含まれています。

ショウガオールには血行促進、発汗作用、新陳代謝UPの効果、トウガラシチンキも血行を促進し、バニリルブチルにはむくみやコリに効く効果が期待できます。
他にも、ヒアルロン酸、コラーゲンなど、保湿効果のある成分が配合されていたり、美白効果もあったりするんですよ♪

発汗ジェルの説明書きに、「血行不良や代謝の低下によるむくみ、セルライトを解消する」と書かれている商品がほとんどです。

ダイエットのための「発汗ジェル」なのに、どうして効果を感じないの?

「ジェルだし、ただ塗るだけでいいかな~。あれ、塗ってきたら熱くなってきた!ちゃんと効いてるのかも♡」と、ただ塗るだけしか行わなかった人!
それは間違った方法です。
熱くなったように感じただけで、実際の効果は最大限発揮できていません。

他にも、塗るタイミングが違っている可能性もあります。

汗をかいていたり、体に水分が付いてる状態で使用するのは絶対にNG。さらに、お風呂前も効果がないので使用は止めましょう。

ですが、使用方法を覚えて正しい使い方をすれば、冷え症、セルライト撃退、発汗作用、むくみ解消の効果がありますよ♪

ダイエットを成功させる!発汗ジェルの正しい使い方

まず、発汗ジェルを使うタイミングですが、“お風呂上がり”が一番効果が出ます♪
お風呂上がりにマッサージを行いながら、ジェルを使用することで老廃物が流れやすくなります。

使い方ですが、まずはほんの少しジェルを指にとって脚になじませてみましょう。
もし、塗ったところに痛みや極度の熱さを感じたら使用をストップ!

肌を傷つけてしまうので、市販のボディークリームを使ってマッサージを行いましょう。特に何も感じなかった人は、少量ずつ足していきながらマッサージをしていきましょう!

ここで発汗ジェルを使う際に注意したいのが、顔には使用しないこと。皮膚がダメージを受けてしまうので、手で顔に触れないように気をつけましょう!

「発汗ジェル」の効果をさらに高める!リンパマッサージのやり方

発汗ジェルの使い方を学んだら、後はマッサージを実践するのみ!
今回は、むくみに効果的なリンパマッサージをご紹介します。

①足裏を両手の親指でリズミカルに押す。
②4本の指でひざ裏を押しながら、足首~ひざまでをさする。
③ひざ上~脚の付け根に向かって、手の平を左右交互に動かしながらさする。
④脚全体を両手でリズミカルにたたく。

むくみを感じた際に、ぜひ試してみて下さい♪

マッサージ+発汗ジェルを正しく行うことで、老廃物を撃退しましょう!
むくみや冷え性改善に繋がります。
ですが、皮膚が弱い人や怪我している人は使用を控えましょう。
肌に刺激が強すぎるので注意が必要です。