私のやる気スイッチはどこ?タスクに手が付かない時の4つの対処法

LIFESTYLE

やらなきゃいけないタスクが沢山あるのに、全然やる気が出ない……。
やらなきゃいけないと分かっていても、やる気が出ないとダラダラと時間が経っていくだけですよね。
そんな状態をスイッチオフするための対処法をご紹介します。

やる気が出ない!タスクに手が付かない時の対処法①会う・観る・読む

やる気が出ない……。そんな時にまずおすすめしたいのは、人に会うことです。

この時に会う人は誰でも良いわけではなく、自分にとって尊敬できるところがある人だったり、仕事を頑張っている人だったり、会うと「自分も頑張ろう!」と思える人に会うこと。

バイタリティ溢れる友人や知人に会うと、おのずと自分にもやる気が湧いてくるはずです。
また人に会うこと自体がリフレッシュになって、新たな気持ちでタスクに臨めるかもしれません。

すぐに人に会えない場合には、パワフルな映画を観たり、自己啓発本やエッセイ本を読んで気持ちを高めることもおすすめ。
外部から刺激を受けることで、気合が入ること間違いなしです!

やる気が出ない!タスクに手が付かない時の対処法②文字に書いて危機感を上げる

やるべきことを頭で描いているだけでなく、文字にしてみましょう。

紙に書き出す時には「いつまでに◯◯をする」と期限を決めてカレンダーに書きこむなどして、自分のスケジュール管理を見える形で行うのがおすすめです。
複数タスクがある場合には、緊急順に取り掛かる順番を決めて書き出すと始めやすくなります。

この時、タスクに関連して今後の自分の目標などがあれば書き加えると、モチベーションが上がってやる気もアップするでしょう♪

やるべきことを見える化することで、危機感も上がり取り組みやすくなるはずです。

やる気が出ない!タスクに手が付かない時の対処法③思いきって休みを取る

やる気が出ない時に、ダラダラと作業をしていても非効率です。
そんな時には思い切って「何もしない」という選択をしましょう。

何もしないと決めたからには、その日1日は頭でもタスクのことは忘れてしっかりとオフすることが大切です。
パソコンを閉じて、思いきりリフレッシュしましょう。

ベッドの上で1日中ゴロゴロしているのも良いですが、しっかりと体を休めた後には、外出して体を動かしてみましょう。
ボーリングや卓球、テニスなど遊び感覚でできるスポーツを取り入れてみるのもおすすめ。

思いきり休んで遊んだ後には、「しっかりとリフレッシュしたから、働こう!」とタスクに対して前向きになれているはずです。

やる気が出ない!タスクに手が付かない時の対処法④タスクの必要性を考える

目の前のやるべきことに、やる気が出ないのはなぜかを考えてみましょう。

単純に今は億劫でやりたくないだけなのか、そもそも目の前のタスクをやることに乗り気ではないのか。
自分の今後やりたいことに必要なタスクなのか、そうではないのか。

必要ではないことなら、やらないという選択肢もあります。
しかし、今後の自分のために必要なことであったり、チームのために必要なことであると気付くことができたなら、重い腰を上げてしっかりと取り組むはず。
先の未来を見据えることで、やる気を引き出すことができるかもしれません!

目の前の作業だけを見ると、「面倒くさいな……」と思ってしまいがち。
タスクの先にどんな未来があるのか、なぜ今この作業が必要なのかを、点ではなく線に繋げて見ることができたらタスクに取り組めるはずです♪

いかがでしたか?
やらなきゃいけないのにやる気が出ない……。
そんな状況は勉強や仕事、家事など日々至るところで直面しますよね。
これらを参考に、自分なりのやる気スイッチの見つけ方をぜひ見つけてみてくださいね。