女子だったら誰もが憧れてしまう♪ロマンチックな「公開プロポーズ」とは

顔合わせ食事会を済ませ、結婚式の日取りを決め……と、結婚式当日まで慌ただしく過ごしている中で、「そういえば、彼からプロポーズをされていない!」ということに気がついてしまったプレ花嫁さんはいませんか?

通常であれば、プロポーズを受けてから顔合わせ食事会をし、結婚式の日取りを決めていくはず……。

もしまだプロポーズを受けていないのであれば、結婚式当日に「公開プロポーズ」をしてもらいましょ♡

ロマンチックで、女子だったら誰もが憧れてしまうような、「公開プロポーズ」のシチュエーションをご紹介します。

結婚式で彼に憧れの公開プロポーズをしてもらおう♡

女の子は、誰でも小さいころから一度は“お嫁さん”に憧れるもの♡
次第に大人になり好きな人ができたら、今度その憧れは具体化して“プロポーズを受ける”に変化していきます。

お付き合いしている彼と結婚が決まったというのは、“=プロポーズをされた”と考える人も多いのですが、中にはそうではないケースもあるようです。

もしまだあなたが彼からプロポーズされていないのであれば、みんなが集まっている結婚式の場で、誰もが憧れる「公開プロポーズ」をしてもらいたいですよね♡

あなたがこれまで思い描いていたプロポーズは、どんなシチュエーションでしたか?
「シャンパンの中に指輪が入っていて……」や、「跪いてエンゲージリングの箱をパカッと!」など、その憧れのシチュエーションはさまざまですよね。

今回ご紹介するのは、すでに結婚式を控えている場合ですので、それらの憧れのシチュエーションとは異なります。

ちょっと順番が狂ってしまったからこそ、彼には盛大に憧れの「公開プロポーズ」をしてもらいましょうね♪

プロポーズする男子が減っているからこそ憧れの公開プロポーズをしてもらおう♡

そもそも、どうして最近ではプロポーズを受けないまま結婚するという流れが増えてきているのでしょうか。

まずその理由として考えられるのは、晩婚化の傾向にあることが挙げられます。
例えばある程度の年齢になるまでお付き合いをしていて、その流れでいつの間にか結婚することになったり、または授かり婚だったり……。

そのようなシチュエーションだと、プロポーズをすることで「結婚を申し込む」というステップを踏むことなく、結婚式を迎えることになる可能性が高いのです。

こうした事情を踏まえると、プロポーズの過程を飛び越えて結婚式を迎えることは、仕方がないといえるかもしれません。
しかし女の子としては、やっぱりプロポーズをしてほしいというのが本音ですよね♡

後悔しないためにも、結婚式当日彼に憧れの公開プロポーズをしてもらいましょう!

もしプロポーズをされないでそのまま新生活を迎えたら、憧れるプロポーズをしてもらっているお友達を見て、うらやましく思ってしまうかもしれません!

公開プロポーズは大勢のゲストが見ている中で恥ずかしい……と思ってしまうかもしれませんが、きっと思い出に残る日になること間違いなしですよ。

女子が憧れる「公開プロポーズ」のシチュエーション①▶新郎からの手紙

ではここからは、結婚式当日に彼にしてもらいたい憧れる「公開プロポーズ」のシチュエーション例をご紹介していきます。

まずご紹介するのは、彼が手紙を読み上げて、サプライズで公開プロポーズをするという方法です。

これは、披露宴のタイミングで行うのがおすすめです。
意外性のあるタイミングで取り入れることで、あなただけでなく、参列してくれているゲストのみなさんも盛り上がること間違いなしですよ♡

まずは彼があなたへの感謝の気持ちを述べる内容でスタートし、最後に「改めて言わせてください。僕と、結婚してください!」などの憧れのプロポーズ言葉があるとキュン♡としますよね。

もし彼に「公開プロポーズをやってほしい」と伝えるのが恥ずかしければ、プランナーさんに相談してみるのも一つの手です。

女子が憧れる「公開プロポーズ」のシチュエーション②▶108本のバラをプレゼント

気持ちが暖かくなる手紙での公開プロポーズも素敵ですが、ロマンチックなシチュエーションを求めるのであれば、バラを使った演出がおすすめです。

その演出とは、彼があなたに108本のバラをプレゼントするという誰もが憧れるもの。

108本のバラには「結婚してください」という意味が込められていることをご存知ですか?
口下手な彼でも、108本のバラの花束をプレゼントする方法だったら、公開プロポーズを実現できるはずです♡

結婚式の公開プロポーズで花束をもらうという憧れのシチュエーションは、演出としてもとても華やかで、思い出に残ること間違いなし♡

そして108本もの大輪のバラの花束は、写真映えするので結婚式当日の写真を残す際にも、一役買ってくれますよ。

女子が憧れる「公開プロポーズ」のシチュエーション③▶エンゲージカバーセレモニー

挙式時に公開プロポーズのサプライズ演出を盛り込みたい人におすすめしたいのが、憧れのエンゲージカバーセレモニーです。

エンゲージカバーセレモニーとは、結婚指輪を交換した後に、その上から婚約指輪を重ねてはめてもらう演出のことです。

これには「2人の永遠の愛と絆にふたをする」というとてもロマンチックな意味が込められています。

エンゲージカバーセレモニーは結婚指輪交換時に行うので、この際に婚約指輪をはめ、「一生大切にすることを誓います!」などの憧れのセリフとともに、「公開プロポーズ」をするケースが多いそうです♡

披露宴時の公開プロポーズも良いのですが、神聖なチャペルの挙式時に公開プロポーズをしてもらうのも、思い出に残りますよね。

女子が憧れる「公開プロポーズ」のシチュエーション④▶ダーズンローズ

人前式などのゲスト参加型の結婚式をする予定でいるカップルに、おすすめしたい憧れの公開プロポーズの演出が、ダーズンローズセレモニーです。

ダーズンローズセレモニーとは、ゲストから12本のバラを集めて花束を作り、それを持って花嫁にプロポーズするという演出です。

ダーズンローズセレモニーの演出は、ロマンチックな雰囲気もありつつ、参列してくれたゲストも“二人の愛の承認”として一緒に参加することができます。

結婚式自体どうしても花嫁が主役になってしまいがちですが、ダーズンローズセレモニーのような演出を企画すれば、思い出に残る憧れのプロポーズを実現できます。
それだけではなく、彼にもスポットが当たる結婚式にすることができますよね♡

「公開プロポーズ」は一見花嫁の願いをかなえるための演出だと思いがちですが、結果として二人共にスポットが当たり、かつ参列してくれているゲストにも幸せを運ぶことのできる、一石二鳥ならぬ一石三鳥な演出なのです。
プロポーズは、やっぱり女子の憧れ♡
結婚式の準備をしながら「彼からプロポーズをしてもらっていない……。」とモヤモヤしているのであれば、思い切って「公開プロポーズ」の演出を彼に提案してみるのはいかがでしょうか?

結婚式を、思い出に残るものにしたいと考えているカップルに最適な演出ですよ♡

【関連記事】家族婚だからこそ実現できる♡思い出に残る少人数制の結婚式演出特集

彼からプロポーズを受け、結婚式への準備を進めているというプレ花嫁さんは多いですよね。ど...

プロポーズ 憧れ 公開 女子 結婚式 夫婦 結婚 演出 イベント 特別感 おすすめ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる