カラコンの負担は意外と大きい!目に必要な栄養素と効率的な摂り方

カラコンの負担は意外と大きい!目に必要な栄養素と効率的な摂り方

BEAUTY

つけるだけでガラリと顔の印象を変えてくれる、人気のカラコン♡
しかし、レンズを直接目に入れるため、負担も大きいといわれているんです。

装用時間が長くなりがちな人は、特に気を付けたいですね。

今回は目に必要とされる栄養素、さらにそれが多く含まれている食材についてご紹介していきます。
目に良い栄養素を取り入れて、目の健康を保ちましょう!

カラコンによる目の負担

目が大きく見えたり、素敵な雰囲気を演出できたりすることで、人気となっているカラコン。
視力を矯正するというよりは、オシャレ感覚でつけている方も多いですよね。

中には度なしも販売されていて、ドラッグストアやインターネットで気軽に購入することができます。

ですが、そうして手軽に買えるカラコンの多くは、眼科医の指導の元で販売されているカラコンより、酸素を通す割合が低い素材で作られていることもあるんだそう。
そのため、目に負担をかけることがあるようです。

間違った使い方をすると、目の健康を損なうおそれもあるカラコン。
正しく使いたいものですね。

普段は視力矯正用のコンタクトレンズを使い、休日にカラコンを使うという方もいるでしょう。
こうして、使わずに放置している期間があると、雑菌が繁殖してしまうことも……。

また、ケア方法に関しても注意が必要です。
できるだけ使い捨てのものか、眼科医の元で購入すると安心かもしれません。

なお、カラコンに限らず、どのコンタクトレンズも、目に直接触れるという意味では、目にとって異物とも言えるでしょう。
どうしても負担は避けられません。
よって、少しでも目の健康を維持するには、目に良いとされる栄養素を摂ることが必要になってくるんですね。

カラコン疲れに負けるな!目に必要な栄養素①アントシアニン

まず、目に良いとされる栄養素で、一番有名なのは「アントシアニン」ですよね。

中でも、ブルーベリーにアントシアニンが多く含まれることは、有名な話。

目を酷使すると、チカチカしたり、物がかすんで見えたりといった、眼精疲労に陥ります。
これは「ロドプシン」という物質のはたらきが低下することで起きるんだそう。

アントシアニンには、このロドプシンが再合成することを助けるはたらきがあると考えられています。

そのほか血流の改善や、抗酸化作用もありますので、紫外線のダメージから目を守ってくれるんだそうですよ♡

カラコン疲れに負けるな!目に必要な栄養素②ビタミンA

ビタミンAは角膜や涙を正常に保ってくれるので、目の健康には欠かせない栄養素といわれています。

代表的な食べ物は、うなぎやレバー。
その他、ほうれん草、ブルーベリー、モロヘイヤ、にんじん、かぼちゃにも多く含まれています。

ビタミンAが不足すると、暗いところでものが見えにくくなる夜盲症や、涙の量が減ってドライアイになることがあります。
しかし反対に、ビタミンAを過剰に摂ってしまっても、体内に溜まることで不調をきたしてしまうんだそう。
サプリメントなどで補給する場合には、適量にとどめてくださいね。

過剰症としては、頭痛やめまい、吐き気などがあるそうですよ。注意したいですね。

カラコン疲れに負けるな!目に必要な栄養素③ビタミンB

次に、ビタミンBについてご紹介します。
ビタミンBにはいくつか種類がありますが、中でも目に良いとされているのは、ビタミンB1、B2、B6、B12があります。

まずビタミンB1ですが、これは細胞を正常に保つ作用があるんだそう。
筋肉の緊張をゆるめてくれるので、眼精疲労の症状がみられた場合などに向いているでしょう。

また、体内に摂り入れた栄養素(特に糖質)をエネルギーに変える役割もあるようです。
疲れたときに必要なビタミンと考えられていますよ。

B1が多く含まれるのは豚肉、レバーなど。
飲酒で消費されるようなので、お酒好きの方は特に積極的に摂るようにしてくださいね。

ビタミンB2は、主に脂質をエネルギーに変え、角膜を保護し、目の充血を防いでくれるんだとか!
機能回復にも良いそうです。
こちらは卵や納豆、ほうれん草やレバーに多く含まれます。

ビタミンB6は、タンパク質からエネルギーに変えることや、血液や筋肉を作る際に重要な栄養素となるんだそう。
不足すると、貧血や皮膚炎などを起こす可能性があります。
ただし、一部で腸内細菌からも作られるので、通常であればそれほど不足することはないといわれています。
多く含まれている食材は、まぐろやレバー、バナナなどです。

ビタミンB12は、脳から司令される神経のはたらきを正常に保つ役割があるんだそう。
また、血液中の赤血球を作る上で、重要な役割を果たしています。
これが不足すると、見たものがスムーズに視神経に伝えられないほか、記憶力や集中力の低下に関係しているといわれています。
ビタミンB12が多く含まれるのは、牡蠣やしじみ、あさりなどの貝類、レバーなどです。

カラコン疲れに負けるな!目に必要な栄養素④ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用の強い栄養素で、若返りや美容に効果を与えるといわれ、注目を集めています。
特に脂質の酸化を防ぎ、動脈硬化や老化を予防するんだとか!

たとえば、紫外線を浴びると酸化が進みます。
これは目も同様で、ビタミンEがその酸化から守ってくれるんだそう。

また、疲れのもととなる物質・老廃物を排出してくれるので、目に栄養分が行き渡ります。
結果的に眼精疲労にも効くといわれているんですね。

ビタミンEが多く含まれる食べ物は、ナッツ類、植物油、うなぎ、西洋かぼちゃ、アボカドなどです。
これらは、ビタミンAとCを一緒に摂ると、より効果が上がるそうなので、献立を考える際の参考にしてみてくださいね♪

カラコン疲れに負けるな!目に必要な栄養素⑤ビタミンC

ビタミンCは、みなさんもよくご存知だと思いますが、体の免疫力を高めたり、酸化を防止したりといった役割があります。
また、物体を見るときに使われる、水晶体の老化を食い止めてくれるんだそう!

目には血液ではなく、「房水」と呼ばれる酸素や栄養素を運ぶ液体が流れていますが、これがビタミンCを多く必要とするようです。
ビタミンCは、白内障の予防にも良いんだとか!

ビタミンCを多く含む食材として代表的なものが、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系や、イチゴなどの果物です。
ほかにもパセリやブロッコリー、キャベツ、さつまいもなどの緑黄色野菜に含まれていることが多いので、積極的に摂るようにしたいですね。

ビタミンCはたくさん摂取しても、ストレスを受けたり、紫外線を浴びたりすることで壊れ、体内から出てしまいます。
また、ゆでたり炒めたりといった調理法によっても、壊れてしまうことが多いといいます。

さらには、飲酒やタバコ、汗をかくことでも、ビタミンCは減ってしまいますので、より免疫力を上げるには、サプリメントでの補給を検討しても良いかもしれません。

一度にたくさん摂っても尿などで排出されてしまうので、一日のうちに何回か分けて摂取することがポイントですね♪

カラコン疲れに負けるな!目に必要な栄養素⑥亜鉛

亜鉛は、目にとって大切な栄養素である、ビタミンAを運ぶはたらきがあるんだそう。
牡蠣、豚肉のレバー、玄米や納豆などにも多く含まれています。

亜鉛は、網膜や角膜を作り出すコラーゲンの合成に密接に関わっており、不足すると味覚障害が起こるほか、目が疲れていると感じやすくなるといわれています。

しかし、過剰に摂取しすぎると中毒になる可能性もありますので、サプリメントで補う場合には特に注意しましょう!

カラコン疲れに負けるな!目に必要な栄養素⑦カテキン

カテキンが日本茶に多く含まれることは、有名な話ですよね。
渋みの正体が、このカテキンだといわれています。

カテキンはアントシアニンと同じく、ポリフェノールの一種で、目にも必要な栄養素です。

カテキンも、抗酸化作用に優れた栄養素。
目の健康を維持するには大切なものです。
緑内障を予防するにも、こちらのカテキンが効果的だとされていますよ。

殺菌作用もあることから、風邪などをひきやすい季節に、お茶でうがいをするよう勧められることもありますよね。

紅茶やウーロン茶にも含まれていますので、適宜飲むように心がけると良いでしょう♪

カラコン疲れに負けるな!目に必要な栄養素⑧ベータカロテン

ベータカロテンは、人参によく含まれる栄養素です。

これはビタミンAになる前の、前駆体といわれる状態のもの。
そして、体内に取り込まれると、ビタミンAに変換されます。

網膜は見たものを、神経信号に変えて、脳に伝えるはたらきをしています。
このベータカロテンは、その伝達物質であるロドプシンという成分を作っている栄養素。
そのため、目の健康には必要不可欠であるといわれているんです。
眼精疲労やドライアイにも良いとされていますよ。

多く含まれている食材は、にんじんの他にも、にらやトマト、スイカなどが挙げられます!

カラコン疲れに負けるな!目に必要な栄養素⑨ルテイン

ルテインは、紫外線など外部の刺激から網膜を保護するはたらきと、抗酸化作用があるんだそう。
目に必要な栄養素として、とても大切です。

他の栄養素では外部刺激から目を守ることはできませんが、唯一ルテインだけが、目を保護してくれる役割を持っているといわれています!

そのルテインですが、ケールに多く含まれています。
実際、近所のスーパーなどではあまり見かけませんよね。
苦味が強いので、苦手とされる方も多いようです。

そうしたときに、手軽に取り入れられるのが、青汁。
健康的な体にはもちろん、目にも良いようなので、試してみる価値がありますよ♡

いかがでしたか?
今回はカラコンを使う方に、ぜひとも摂ってほしい栄養素を9つご紹介しました!

目に大きな負担がかかるカラコンを使うのであれば、少しでも目のはたらきを助けてくれる栄養を積極的に摂るようにしたいですね。

食べ物から摂取する量は、それほど心配する必要はないと考えられています。
しかし、適量を超えて摂取し続けると、健康に影響を及ぼすこともあるでしょう。
特に、サプリメントで補う際には、注意してくださいね。

そして、カラコンを外して目を休めることも、とても重要なことです。
指定された使用時間を守り、使用方法にも注意をしましょう。
また、3ヶ月に1回は、眼科医の診察を受けるようにすると良いですね♪