雑誌連動

その常識間違っているかも?美しい体を作るための食後NG行動6つ

♡4MEEE magazine p.78〜「肌が変われば、人生変わる!」

食事を済ませた後、皆さんはどのように過ごしていますか?
実は食後は、綺麗な体作りのための大切な時間でもあるのです。
大切な時間をより効率的に過ごすため、食後にやってはいけないこと6つをご紹介します。

食後のNG行動①デザートのフルーツに要注意

食後のデザートとしてフルーツを食べる人も多いと思います。
実はこれ、NG行動!

主な食事は胃で消化されますが、フルーツは腸で消化されています。
しかし食後にフルーツを食べると、胃でまだ消化されている最中にフルーツが積み重なってしまい、腸で消化されるのに時間がかかってしまうのです。
これが消化不良の原因となるのです。

そのため、食後は1時間程度あけてからフルーツを食べるようにしましょう。

食後のNG行動②食べ終わってすぐの運動は避けよう

食後の適度な運動は体に良いイメージがありますよね。
でもこれも、間違い行動!

食後は消化を施すため、体内の血液が胃や腸に集中します。
しかし運動をするとなると、血液が筋肉にも働きかけなければならなくなるため、体内の血液が不足してしまうのです。

また、胃に食べ物がたくさん入った状態で激しく揺さぶられることで、胃酸が食道にあがって逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)になる可能性も。

食後は少なくとも30分程度あけてから、運動をするようにしましょう。

食後のNG行動③〆のお茶は栄養の吸収を妨げる

お茶は体にとってメリットの多い飲み物ですが、食後となるとちょっと別。
お茶に含まれるポリフェノールは、体に必要な鉄分の吸収を妨げることがあります。

そのため、お茶も食後1時間程度あけてから飲むのがベスト!
同じく多くポリフェノールを含む紅茶も、同様の理由で食後は避けるようにしましょう。

食後のNG行動④お風呂は食前に入ろう

お風呂に入ることによって、体内の血液は手足を温めるために活動し始めます。
しかしそれによって食後の消化に必要な内臓周りの血液が不足するため、こちらも消化不良を起こす原因となってしまいます。

また、便秘や栄養失調に繋がることも。

どうしても食後に入浴が必要な場合には、食後30分~1時間程度あけてから入るようにしましょう。
シャワーも同様で、食後すぐはNGですよ!

食後のNG行動⑤すぐに寝転がるのは胸やけの原因に

食事をとると体温があがり、どうしても眠くなってしまいますよね。
しかし食後すぐに寝転がるのはやめましょう。

食べてすぐ横になることで、働いている内臓がフラットな状態となり、胃酸が逆流して逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)を引き起こし、胸やけの原因になります。

食後は2時間以上あけてから、横になるように心がけましょう。

食後のNG行動⑥すぐに歯を磨くと歯を傷つけてしまう原因に

「食事をした後は歯磨き」が生活のワンセットになっているという人も多いでしょう。
ですが、これも実はNG行動。

食後すぐの歯磨きは、歯の表面のエナメル質を傷つけてしまうことがあります。
その理由は食事に含まれている酸が、歯磨きによって歯を浸食してしまうから。
これが虫歯の原因となるのです。

食後は30分程度あけてから、歯磨きをするようにしましょう。

食後のNG行動⑦喫煙はとても危険

喫煙者のほとんどの人にとって、食後の一服は至福の時間ですよね。
しかしそれにはリスクがたくさん伴うことを、覚えておきましょう。

食後にタバコの煙を吸い込むと、過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)や胃潰瘍(いかいよう)を引き起こす可能性があります。

また、食後は体の吸収率があがっているため、1本だけ吸ったつもりでも、タバコを10本吸った時と同じ程度の害を与えます。

タバコは百害あって一利なしというように、メリットは考えにくいため、できるだけ吸わないのが一番です。
今まで良かれと思ってやっていた行動がNGだったなんて、少々ショックな現実を突きつけられましたね。
上記のことを心がけ、体の内側から健康な体づくりをしていきましょう!

【関連記事】ダイエットにも歯にもNG!だらだら食べの習慣から卒業しませんか?

みなさんは毎日の食事は決まった時間に、決まった回数とりますか?中には、仕事をしながらだ...

食後 原因 NG

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

たなかみか

キラキラ輝く女性の味方♡

誰でも取り入れやすいトレンドを発信してきます!

>もっとみる