雑誌連動

「もしも婚活パーティーの現場でデートへ誘われたら」断る10の方法

LOVE

♡4MEEE Vol.3 p.82 〜「オトナ女子の婚活ガイド 入門編」

婚活パーティーでいろんな人から誘われることがあるけれど、正直断りたい時も多い……。という方も多いのではないでしょうか?

今回は、婚活パーティーの現場でデートへ誘われた時の断り方をご紹介します。その場でしっかり断る方法なので、煩わしい連絡のやりとりも防ぐとこができますよ♡

婚活パーティーの現場でデートへ誘われた時の断り方①感謝から入る

その場で直接デートのお誘いを受けた時、面と向かって断るのは心苦しいと思う方も多いはず。

婚活パーティーで出会っているからこそ、変に期待を持たせないためにも、大人女子ならデートの断り方を身に付けておくべきでしょう。

1番ベーシックな方法はクッション言葉を用いること!「デートに誘ってくれてありがとうございます。でも、デートはお受けできません。せっかくお誘いいただいたのに本当にごめんなさい……。」と断れば、大人な男性ならきちんと理解してくれるはず。

きちんと感謝の言葉も用いて断ることができれば、大人の女性としてマナーができているなと、さらに感心してくれるかも!

婚活パーティーの現場でデートへ誘われた時の断り方②相手がいることを伝える

婚活パーティーで複数の人からデートに誘われた!断るのに理由が欲しい!という方には、「すでにデートの約束をした方がいる」という理由でデートを断るのがいいでしょう。

仮にデートの約束がなかったとしても、相手を傷つけないための嘘なので、罪悪感を感じる必要はありません。

婚活パーティーや街コンに参加するときには、複数のデートの断り方を身に付けておくと無駄な連絡のやりとりを回避することができます。

相手にとっても自分を否定されたと感じにくい断り方なので、角を立てずに済みます♡

婚活パーティーの現場でデートへ誘われた時の断り方③条件が折り合わないことを伝える

婚活パーティーは、先入観なく収入や仕事・年齢など自分好みの条件の相手を探すことができるという利点がありますよね。

だからこそ、もし自分の条件と合わない男性からデートにお誘いされた場合、自分の結婚相手として折り合わないということを素直に伝えるのも一つの手!

明確な条件がある女性なのだと理解してもらえるので、何度もデートに誘われるということを回避することができる断り方です。

1番おすすめなのは、相手が年上なら「同年代か年下が条件」、年下なら「同年代から年上が条件」と伝えるのがGOOD!

婚活パーティーの現場でデートへ誘われた時の断り方④付き合いできたと伝える

婚活パーティーの会場内には、この人ちょっと面倒くさそうだな……。という人も1人や2人はいるもの。そういう方にデートのお誘いをされたときには、「友達の付き合いで参加しているだけ」と伝えてしまいましょう。

もし1人で参加している場合は、婚活パーティーを主催している会社の関係者だと、伝えるのがいいでしょう。

彼氏はいるの?などと聞かれたら、「彼氏はいるのでデートも連絡先の交換もできません」と断ってしまうのが正解!

面倒くさそうな人は空気を読めない人が多いので、気持ちを察してもらおうというような甘い考えの断り方では伝わりません。きっぱりと断るのがおすすめですよ。

婚活パーティーの現場でデートへ誘われた時の断り方⑤気になる人を見つけた

婚活パーティーで気になる人がいる!というときに、他の男性からデートに誘われてしまったら、正直に「気になる男性を見つけたから、その方にアピールしたい!」と伝えておきましょう。

もし、デートに誘ってくれた男性が2番目に気になる存在だった場合、本命男性にアピールしてダメだったときに「頑張ったけどダメでした……。」と話しかけに行くきっかけにもなります。

一途な女性だと感じさせることができるので、婚活パーティーでうまく立ち回るために覚えておきましょう♡

婚活パーティーの現場でデートへ誘われた時の断り方⑥本気度の違いを伝える

結婚が目的の人が集まる婚活パーティーですが、ただの恋活や遊びなど違った目的で参加している男性も多いよう……。

不真面目そうだなと感じる男子からデートに誘われた場合は、自分は本気で婚活パーティーに参加しているということを伝えましょう。

「私は結婚を前提にお付き合いできる人としかデートの約束はできません。」と伝えれば、軽い気持ちでデートに誘った男性は立ち去るでしょう。

自分の時間を無駄にしないためにも、相手を見極める断り方を覚えることは大切ですよ♡

婚活パーティーの現場でデートへ誘われた時の断り方⑦とにかく謝る

嘘はつきたくないし相手も傷つけたくないという優しい方は、とにかく謝る!という断り方で乗り切りましょう!
近くに気になる男性がいて、変な断り方をしたくないというときにもおすすめです。

婚活パーティーで興味のない男性にデートに誘われたら、「ごめんなさい。あなたとはデートできません」などときちんと謝罪の言葉を用いて断りましょう。
どうしてダメなの?などと食い気味に誘ってくる男性にも「ごめんなさい」とひたすら謝るのです。

大体の男性は1~2回で諦めてくれるでしょう。空気が読めない男性だとちょっと大変ですが、何度も言い続ければ諦めて他の女性のところに行ってくれるはずですよ。

婚活パーティーの現場でデートへ誘われた時の断り方⑧相応しくないと伝える

相手を立てて断ることができれば、男性のプライドを傷つけずに済みますよね。

婚活パーティーで相手を傷つけたくない場合は、「相手を上げて自分を下げる」デートの断り方が正解。
「あなたはとっても素敵な方なので、自分なんかもったいない!」と相手が素敵すぎて自分には相応しくないという理由で断りましょう。

そんなことない!などと押してくる男性には、「素敵すぎる男性と一緒にいると自分がリラックスできない」などと相手を褒めつつ断るのがおすすめです♡

婚活パーティーの現場でデートへ誘われた時の断り方⑨理想が高すぎることにする

婚活パーティーには、ときに自分に自信満々な男性がいます……。
自分が完璧だと思っている男性からのデートのお誘いを断るのは、大変なことも多いよう。

自信ありげな男性には、「私の理想はもっと高い!」「もっと収入が多い方ではないとデートできません」などとって、あなた以上の人を探しているということをハッキリ伝えてしましょう。

彼のプライドを傷つけしまうかもしれませんが、自尊心の塊のような男性は付き合っていくのもデートするのも大変なので、早めに断ってしまうのが賢い方法といえるでしょう。

婚活パーティーの現場でデートへ誘われた時の断り方⑩仕事が忙しいから

仕事を大切にしている女性なら、「仕事が忙しいから、本当に気になる男性としかデートしないことにしている」と伝える断り方がいいでしょう。

婚活パーティーでデートのお誘いが引っ張りだこなら、仕事の忙しさを理由にしてしまうのがおすすめ!相手も仕事を頑張っいる男性なら、納得してくれるデートの断り方といえるでしょう。

婚活パーティーに参加するなら、シーンや相手別に様々なパターンの断り方を用意しておいてくださいね♡

婚活パーティーの現場でデートへ誘われた時の断り方には、様々な方法がありましたね♪結婚を真剣に考えている人が集まっているからこそ、曖昧な態度で相手に期待させないのもマナー!婚活パーティーだけではなく、ナンパや会社でしつこい男性にも使ってみてくださいね♡