ケア方法やおすすめグッズは?リップの発色が長持ちするマル秘テク♡

BEAUTY

女性を美しく、魅力的に輝かせてくれるリップメイク。
しかし、家を出る前にちゃんと塗っていても、ドリンクを飲んだあとや食事をしたあとは、どうしても色が落ちてしまいますよね。
それではせっかくの魅力も台無しに!
そこで今回は、少しでもリップの発色を長持ちさせる方法をご紹介いたします。

リップの発色を長持ちさせて魅力的な唇をキープしよう!

女性を魅力的に輝かせてくれるリップは、メイクを完成させる上でとても大切なパーツです。

そのことから、カラー展開も豊富にあり、季節ごとに合わせたリップメイクを楽しむのは、おしゃれな女性にとって当たり前ですよね♡

ですが、時間が経ったり、食べたり飲んだりしたあとは色が落ちてしまい、塗り直し回数の多さに悩んでいる女性も少なくないはず。

それだけでなく、少しでも発色が薄れるだけで、キレイに仕上げたメイクのバランスが崩れてしまうので、女性らしい魅力がすべて台無しになってしまいます。

そこで身につけておきたいのが、発色を少しでも長持ちさせるための方法です。
リップメイクの仕方から、ケア方法まで意識することで、グッと持ちが良くなるので、ぜひチェックしてみてください。

リップの発色を長持ちさせる方法①リップクリームを塗る

リップメイクの基本中の基本である保湿はできていますか?
リップメイクを施す前に、リップクリームで保湿をすることで唇が整い、リップののりが良くなります。

発色の良さが増すだけでなく、色素沈着も防ぐことができるので、大切なステップと言えるでしょう。

リップクリームは、唇のすじに沿って縦に塗っていくことがポイント。
溝までしっかり保湿することができ、リップメイクの仕上がりもワンランク上がります。

リップの発色を長持ちさせる方法②パウダーを使う

リップを塗る前に、フェイスパウダーを使うことも、発色を長持ちさせるための方法として効果的です。

なぜなら、フェイスパウダーの粉によってリップの油分を吸着してくれるからなんですよ♪
吸着されたことによって、リップの発色を長持ちさせることができます。

リップを塗ってからフェイスパウダーを薄くつけ、ティッシュオフをして再びリップを塗るという方法もあるので、取り入れやすい方で試してみてください。

リップの発色を長持ちさせる方法③リップライナーを使う

www.kanebo-cosmetics.co.jp

続けてご紹介するリップの発色を長持ちさせる方法は、リップライナーを使うことです。

リップライナーは、唇の輪郭を整えるために使うことが多いですが、唇全体に塗って使うこともできます。

輪郭を濃いめになぞったら、唇全体を薄く塗りつぶしていきましょう。
リップクリームを塗っている場合は、ティッシュオフをして油分をカットしておくことがポイントです。

media(メディア)のリップライナーAAは、プチプラであり、どんなリップとも合わせやすいベージュがあるので初めての方におすすめ!

media リップライナーAA

¥632

販売サイトをチェック

リップの発色を長持ちさせる方法④口紅はリップブラシで塗る

www.shiseido.co.jp

続いてご紹介するリップの発色を長持ちさせる方法は、リップブラシを使うことです。
口紅を塗る際は、スティックのまま塗ってしまう方が多いと思いますが、それでは唇の表面にしか塗れていないことになるので、落ちやすくなってしまうんですよ。

リップブラシを使うことで、唇の溝にもしっかり塗ることができるので、ちょっとの刺激では落ちなくなります。
リップクリーム同様、唇のすじに沿って縦に塗っていきましょう。

資生堂(しせいどう)のリップブラシ(レッド) N 407は、リップブラシの中でも人気があり、柔らかい毛と程よいコシによって唇にしっかりフィットしてくれます。

資生堂 リップブラシ(レッド) N 407

¥1,080

販売サイトをチェック

リップの発色を長持ちさせる方法⑤一度ティッシュオフをする

続いてご紹介するリップの発色を長持ちさせる方法は、リップメイクの仕上げに必ずティッシュオフをすることです。

リップの余分な油分を取ることによって、落ちにくくなるだけでなく、上から軽く押さえたことによって、リップが唇とより密着してくれるからです。

それでもまだ心配な方は、ティッシュオフをしてからもう一度リップを塗り重ねましょう。

お化粧直しをする際も、ティッシュオフをしてから塗ることでリップののりが良くなりますよ♪

リップの発色を長持ちさせる方法⑥リップメイク用のトップコートを使う

www.rimmellondon.jp

続いてご紹介するリップの発色を長持ちさせる方法は、リップコートを使うことです。

眉の色持ちを良くするために使うアイブロウコートと同じように、リップメイクにも特化して作られたリップコートがあるんですよ♪

リップメイクの仕上げに使うことで、コップなどへの色移りを防ぐことができます。

RIMMEL(リンメル)のマジカルステイ リップコート ケアプラスは、美容成分配合で唇のケアもしっかり行ってくれる優れもの!忙しい日のために用意しておくと心強いです。

RIMMEL マジカルステイ リップコート ケアプラス

¥1,620

販売サイトをチェック

リップの発色を長持ちさせる方法⑦食べ方に気をつける

食べ方や飲み方に気をつけることも、リップの発色を長持ちさせるために効果的です。

気にせずガツガツ食べてしまえば、リップはあっさり落ちてしまうことがイメージできますよね。

箸やフォークなどの食器類をなるべく唇に触れないよう意識したり、食べ物を小さく切り分けて口に運ぶなどしてみましょう。

飲み物は必ず唇が触れてしまいますから、飲む回数を減らしたり、触れる面積が少ないストローを活用したりすることがおすすめです。

リップの発色を長持ちさせる方法⑧リップメイクをしっかり落とす

www.etude.jp

リップの発色を長持ちさせるためには、毎日の丁寧なクレンジングも欠かせません。

その日のリップメイクがしっかり落ちていなければ、唇は乾燥しやすくなるだけでなく、翌朝のメイクののりも悪くなってしまうからです。

だからといって、ゴシゴシ刺激を与えて落とすこともNG。

メイク落としを1つのアイテムで済ませている方は、リップメイク専用のクレンジングを使うことがおすすめです。

ETUDE HOUSE(エチュードハウス)のオールフィニッシュ リップティントリムーバーは、ジェル状のテクスチャーで唇の溝に溜まった色素もしっかり捕まえて洗い流してくれますよ♪

ETUDE HOUSE オールフィニッシュ リップティントリムーバー

¥648

販売サイトをチェック

リップの発色を長持ちさせる方法⑨保湿を欠かさない

毎日リップメイクをすることは、唇への負担も日に日に増えていきます。

リップの発色を長持ちさせつつ、魅力的な唇をキープするためには、保湿を重視したケアも取り入れていきましょう。

おすすめは、簡単にできるリップパックです。
①蒸しタオルを唇に1分ほど当てて、唇の血行を良くします。
②ハチミツやワセリン・オイルなどの保湿アイテムを、唇にたっぷり塗ります。
③その上からラップを覆い、3分ほどパックをしましょう。

週1のスペシャルケアとして、リップパックを行う前に、唇の古い角質を除去するリップスクラブなどを取り入れることもおすすめです。

リップの発色を少しでも長持ちさせるための方法を、ご紹介いたしました。
メイク方法だけでなく、日頃からのケアによってリップメイクを今まで以上に美しく仕上げることができます。
リップメイクに特化したアイテムを上手に取り入れながら、魅力的な唇をキープしていきましょう♡