ふと言ってない?喧嘩をヒートアップさせる余計なひと言

LOVE

とってもラブラブでみんなが憧れるようなカップルでも、喧嘩はあるもの。
そこで今回は、ケンカをヒートアップさせてしまう余計なひと言について紹介します♡

喧嘩をヒートアップさせる余計なひと言① 『あなたと付き合うんじゃなかった』

喧嘩中は、どんなに恋人の事が好きでもイライラしてしまうものですよね。

しかし、ついつい『あなたと付き合うんじゃなかった』なんて言ってしまってはダメです。

今ある関係に対して否定的なひと言を発してしまうことで、別れ話の引き金へと変化してしうのです。

いくらイライラしていても、軽い愚痴を言うような感覚で関係を否定するようなひと言は発さないように気をつけてくださいね♡

喧嘩をヒートアップさせる余計なひと言② 『あの時もそうだったよね』

原因があって喧嘩してるいるのにも関わらず、過去の喧嘩を『あの時もそうだったよね』なんて掘り返したりしていませんか?

喧嘩中に、今現在とは関係のない話を持ちこんでしまうと解決どころか、結局これがずっと続くなら意味ないと別れ話の引き金へと変化してしまうのです。

原因は何にしろ、今現在の喧嘩とは関係のない過去の話を掘り返すひと言には気をつけてくださいね♡

喧嘩をヒートアップさせる余計なひと言③ 『あ、そう』『はい、はい、はい』

喧嘩がめんどくさいなんて子も多いはず。しかし、それとは逆にしっかりと話し合って解決したいと考えているひともいます。

恋人が今の喧嘩の原因などについて弁解しているのに対して、『あ、そう』『はい、はい、はい』なんてイライラしながら言っちゃうのは絶対にダメ!

話し合うことに耳を傾けないということは、仲直りをする気がないと捉えられてしまうこともあるので要注意です♡

喧嘩をヒートアップさせる余計なひと言④ 『元恋人は絶対にこういうこと言わなかった』

喧嘩して、冷静さを保てないあまりに『元恋人』とついつい比較してしまったりしていませんか?

今は恋人が仲直りしよう話し合ってるのにも関わらず、『元恋人は絶対にこういうこと言わなかった』なんてひと言を言ってしまったら、別れ話の引き金へと変化してしまうのです。

誰しもが比較してしまうものですが、それを思っていても口に出してしまえば終わりなのです。
ヒートアップしすぎて、口から出てしまう言葉には気をつけてくださいね♡

長くいればいるほど増えていく喧嘩ですが、喧嘩中に余計なひと言を言ってしまったことで取り返しにつかなくなってしまったカップルも多いのです。
ヒートアップしすぎないように、少しでも冷静さを保つようにしてみてくださいね。