スタートダッシュが大切!器用な人間に成長するコツとは

LIFESTYLE

スタートが人より遅れる、人一倍時間がかかる……「私って不器用だな〜」と、お悩みの人は居ませんか?
器用な人間に近付くには、何をすればいいのでしょうか。

器用な人間になるコツ:苦手意識を持たない

「私って不器用だな〜」と自覚がある人は、苦手意識を持っているものが多くありませんか?
苦手意識とは、上手く付き合っていく必要があります。

苦手だと思うと、ソレを避けてしまいがち。
避けてしまいがちなら、苦手意識はあまり持たないように!
苦手意識は思い込みが多いです。苦手という気持ちを捨てましょう。

また、“どうして苦手なのか”を考えましょう。
そこから対策を練ればいいだけです。

タイトルに『スタートダッシュが大切』と書きましたが、スタートは上手くいかなくて当然です。
スタートから逃げないこと、自分が出来る範囲で全力で取り組むことが大切なんです☆

器用な人間になるコツ:器用な人を観察してみる

「あの人みたいになりたいな〜」と思うくらい器用な人が居るのであれば、観察してみましょう!

私も「器用だなぁ」と、感じる人達を観察したことがあります。
そこで気が付いたのが、器用だなと感じる人は、努力をしている人が非常に多いんです。

中には、生まれ持った才能という人もいるのかもしれませんが、才能ではなく努力という人もたくさん居ます☆

器用な人間になるコツ:知識を付ける

知っていることが増えると、自然と生活が豊かになります。

自分の不器用さの原因は、知識不足かもしれません。

知識を付けることは、器用な人に近づく大きな一歩です☆
知識を付ける努力は、気持ち次第で誰にだってできること。難しいことではありません。

学校の勉強、仕事のマナー……学んでみましょう!

器用な人間になるコツ:効率・バランスを意識する

器用って、言い換えると“要領がいい”。

要領がいい人って、効率・バランスを考えて行動しています。

効率・バランスを意識することも大切です。
作業を始める前、すぐに取りかかるのではなく、「どうすれば効率よく進められる?」と、自分に聞いてみてください。

効率・バランスを意識すると、スムーズに進み、時間も余り、生活に余裕が生まれるはずです。

器用な人って……

⑴〜⑷を読んで何か気が付きませんか?
⑵で少し触れましたが、生まれ持った才能という人はほんのわずかで、器用な人は努力家なだけなんです。

「私って不器用だな〜」という自覚があるなら、器用な人になれます。
自覚があるなら、努力ができるもの!

一見器用に見える人も、見えないところで不器用なあなたと同じように、失敗して、涙を流しているかもしれません。
あなたが見ている器用な人は、不器用でも精一杯頑張る努力家なのかも☆

器用な人間になるには、上記のような努力や心がけが大事!
「不器用だから……」と逃げて、言い訳にしてはダメ。
不器用なりに精一杯頑張れば、結果は必ずついてきますよ☆