「きなこ」は女っぷりを上げる最適食材だった!?

BEAUTY

わらびもちやお団子にかかっている”きなこ”。あまり身近な食材ではないですよね。
でも”きなこ”は安くて美容効果が高く、女子にとって完璧な魔法の食材なんです♡
そこで、”きなこ”の美容効果と取り入れ方を紹介します!

”きなこ”は女性ホルモンのかたまり!

引用:www.recipe-blog.jp

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」が女性ホルモンである「エストロゲン」と同じ働きをすることは有名ですよね!そしてそのイソフラボンを摂るために豆乳を飲んでいる人も多いはずです。

そんなイソフラボンを効率よく摂取できるのが”きなこ”なんです♡
”きなこ”は100%大豆でできていて、すごく栄養価の高い食べ物で古くから日本では親しまれてきました。

女性ホルモンの働きが活発になれば美肌や美乳効果を高めることができちゃいます♡

きなこは、美肌や美乳以外にも嬉しい効果がたくさん!

”きなこ”は女性ホルモンが不足することで起こる生理不順や生理痛、また多くの人が悩まされているPMSなどにも効果があるといわれています。

また、今は関係ないと思っているかもしれませんが、年を重ねたときに必ずと言っていいほど悩まされる更年期障害や骨粗しょう症を予防することもできるんです!

今だけでなく将来的に綺麗なままでいるために、今日から毎日少しずつ”きなこ”を摂取してみてはいかがですか?

効果的に「大豆イソフラボン」を摂取するには?

引用:www.shinsei-ip.ne.jp

美肌に効果的な”きなこ”の摂取方法は以下のレシピです。

きなこ大さじ1/2、インスタントコーヒー小さじ1/2、豆乳を混ぜます。
レンジで2分ほど温め、豆乳のクセが苦手な方はお好みではちみつなどを入れてみてください。

エストロゲンはコラーゲンやヒアルロン酸を体内で生成する働きがあります。また、イソフラボンには高い抗酸化作用があるため美肌に良いとされています。

次に、美乳に効果的な”きなこ”の摂取方法は以下のレシピです。

カップ1杯の牛乳に大さじ1のきなこと砂糖大さじ1を入れます。カロリーを抑えたい方は砂糖の代わりにはちみつを使用するか砂糖を抜いてもいいかもしれませんね!

エストロゲンによって乳腺が増え、乳房の皮下脂肪を増やしてくれます。また、牛乳には良いタンパク質が多く含まれているので、ホルモン分泌に働きかけて美乳効果が期待できます。

イソフラボンの摂りすぎには注意!

体に良いとされるイソフラボンですが、過剰摂取には注意です!

過剰に摂ることで、ホルモンバランスが崩れ月経周期が乱れたりする恐れがあります。
また、妊婦さんや乳幼児には通常の食事に追加してイソフラボンを摂ることは推奨されていません。

1回に大量のイソフラボンを摂取するのではなく、毎日少しずつ継続的に摂取することが大切なんですね!

豆乳のイソフラボン効果がすごいことは知っていた人が多いと思います。それと同じ、あるいはそれ以上の効果がある”きなこ”を摂ることを習慣化することで女っぽい体になれちゃいます!豆乳や牛乳だけでなくヨーグルトに入れてみたりきなこクッキーを作ったりするのもおすすめです。自分なりの摂取方法で女性ホルモンの働きを活発にしましょう♡