人には言えない悩みを解決!「すそわきが」の治療とは?

BEAUTY

とても繊細な問題であるデリケートゾーンの臭い。
友人にも気軽に話せることではないので他人と比較することが難しく、自分の臭いは何かおかしいのかな……?すそわきがなのかな……?と悩んでいる人は少なくありません。
そんな方にお伝えしたい「すそわきが」の治療法をご紹介します。

人にも聞けない!そもそも「すそわきが」って何?

ワキから特有のキツイ臭いを発するのが“わきが”ですが、「すそわきが」とは陰部からわきがのような臭いを発する状態のことをいいます。

すそわきがの正しい呼び名は“腋臭症(えきしゅうしょう)”と呼ばれ、その原因となるのがアポクリン汗腺から分泌される汗。
アポクリン腺から汗が皮膚上に分泌されると、皮脂腺から分泌された脂肪分やエクリン腺から分泌された汗と混ざり合い、それらが皮膚や脇毛の常在菌に分解されると、独特のにおいが発生します。

アポクリン汗腺はワキ、陰部、乳輪にも存在し、一箇所のみ強く臭う体質の方もいますが、基本的には複数箇所臭いを発することが多いので、わきがに悩む方はすそわきがも併発していることが多いといえます。

臭いが気になって好きな人にアプローチできない、人に近づくのが怖いなどといった悩みを持つ女性は少なくありませんし、その悩みは非常に深刻です。

では、「すそわきが」の治療法を見ていきましょう。

すそわきがの治療法の種類①「シェービング法」

すそわきがの治療法1つ目は「シェービング法」です。

シェービング法とは、陰部のシワ部分に3〜5mm程切開をし、専用のシェービング機を挿入し臭いの原因になるアポクリン汗腺を取り除くといった治療法です。
施術自体は40分ほどで終わり、臭いの除去率は60%、効果持続期間は半永久的。

切開部分が小さいのにも関わらず、臭いのもとになるアポクリン汗腺の除去率は比較的高く効果的なので、軽度のすそわきがの方におすすめの治療法です。

すそわきがの治療法の種類②「根こそぎベイザーシェービング」

すそわきがの治療法2つ目は、「根こそぎベイザーシェービング」です。

根こそぎベイザーシェービングとは、陰部のシワに沿って3〜5mmの切開をし、その傷から特殊なアプリケーターでアポクリン汗腺にベイザー波を直接照射し、溶かします。
その溶けたアポクリン汗腺を根こそぎベイザー吸引管で体外に吸い出し、すそわきがの原因となる臭いを除去するといった治療法です。

施術時間は30〜60分、臭いの除去率は90%ほど、効果持続期間は半永久的と非常に高い効果があります。

こちらの切開部分も非常に小さく、シワの部分に沿って切開するので完治後の傷跡も目立ちません。

すそわきがの治療法「シェービング法」と「根こそぎベイザーシェービング」のデメリット?

すそわきがの治療法を2種類ご紹介しましたが、デメリットもしっかり把握しましょう!

・すそわきがの治療法「シェービング法」
シェービング法は、医師の技量によってアポクリン汗腺の除去率が大きく左右されます。一度の手術での効果が50%と少ない分、2回手術を受ける方も多いです。

・すそわきがの治療法「根こそぎベイザーシェービング」
根こそぎベイザーシェービングは、切開部分も小さく臭いの除去率も高い、また効果持続期間も半永久的と多くのメリットがありますが、デメリットを強いていえば、費用が高額といった点です。
クリニックによりますが、根こそぎベイザーシェービングの費用は、シェービング法の2倍ほどかかると思っておくと良いでしょう。

すそわきがの治療法の種類をご紹介しました。
人には言えないデリケートゾーンの悩みは、専門のクリニックに行くのが一番の解決法です!
悩みを抱えず、一度カウンセリングに行ってみるのはいかがでしょうか?