派遣社員と契約社員の違いは?雇用形態のメリット・デメリット

会社で仕事をする上で必ずかわすのが雇用契約や業務委託契約などの契約書。
実はこの契約書に記されている「雇用形態」によって、働いている人が受けられる会社からのサポートやキャリアルートが異なります。
知っておかないと、転職や就職で後悔するかも!
雇用形態別のメリット・デメリットをいま一度、整理してみましょう。

雇用形態メリット・デメリット▶︎正社員

長く安定して働きたい人におすすめな雇用形態といえば、「正社員」です。

正社員は、定年以外は無期限の雇用形態なので、その気になれば長く働けるという点が大きなメリットです。
一方で、ライフスタイルによってはデメリットもあります。

<正社員のメリット>
・昇給、ボーナスなど給料面で有利
・社会保険や福利厚生などが受けられる
・キャリアプランが描きやすい

<正社員のデメリット>
・休日や就業時間が定められている
・責任が重いことも
・残業がある
・転勤や部署異動など、基本的に会社の指示通り

雇用形態メリット・デメリット▶︎派遣社員

派遣会社を通じて働く「派遣社員」は、雇用主はあくまでも働く会社ではなく登録している派遣会社。
スキルを派遣会社に登録して、マッチした仕事を案内してもらえます。

登録型派遣では、働く時期や時間・仕事内容などを選ぶことができる一方で、雇用期間が決まっています。
契約期間が終わってしまったら、次の仕事はどうしよう……と不安になる可能性も忘れてはいけません。

<派遣社員のメリット>
・スキルにあった仕事を選べる
・働く期間や時間はライフスタイルに合わせられる

<派遣社員のデメリット>
・契約が終わったら仕事が終わるため将来の保証はない
・福利厚生やボーナスは受けられないことが多い

雇用形態メリット・デメリット▶︎パート・アルバイト

出勤日や時間をあらかじめシフトなどで組んで働くパートやアルバイト。
お給料は月給制以外にも日給払い・週払いなどに対応していることもあり、短期間で働きたい人にはおすすめの働き方。

あくまでも、臨時や単発雇用がメインと考えておいたほうが無難です。
長く働きたいなら、他の雇用形態のほうがおすすめ!

<パート・アルバイトのメリット>
・働く時間帯が決められる
・短期で働ける
・日給や週休払いのところもある
・未経験OK求人も多く採用されやすい

<パート・アルバイトのデメリット>
・あくまでも時給制なので賞与が見込まれにくい
・キャリア形成にはあまり貢献しない
・ボーナスや退職金はほぼない

雇用形態メリット・デメリット▶︎契約社員

派遣社員と似ているようでちょっぴり違うのが契約社員という雇用形態です。

契約社員は働く会社と直接、有期の雇用契約を結ぶ働き方。
経験やスキルを活かして、プロジェクト単位で働くことも少なくありません。

契約更新時に更新してもらえることもありますが、基本的にはどうなるかは会社次第。
その分お給料が正社員よりいいこともあります。

<契約社員のメリット>
・自分のスキルや経験を活かせる
・契約更新のタイミングで正社員になれることがある
・スキルを買われて雇用される場合、給料が高いことがある

<パート・アルバイトのデメリット>
・長期で働ける保証がない
・退職金がない
・ボーナスは0円もしくは正社員よりも少ない
雇用形態によって、働き方は変わってきます。
それぞれの雇用形態のメリット・デメリットを把握しておくことが大切です。
いろいろな働き方の中から、自分に合った働き方を選ぶことで、自分の理想の人生に近づけるかも♪

【関連記事】あなたには合う?フレックスタイム制で働くことのメリット・デメリット

決まった時間さえ働いていれば、出社・退社時間を自由に調整できる「フレックスタイム制」。...

雇用 メリット デメリット

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

川島ゆい

丸の内OLからフリーランスに転身してもう5年……。
おしゃれや毎日を充実させることを毎日考えていま…

>もっとみる