保湿ケアはパーツ別にネ♡どうして全身同じじゃダメ?効果的な方法は?

顔には化粧水、体にはボディクリームで保湿完了♪そう思っているあなたの保湿方法は間違っていますよ。
実は、体や顔のパーツごとに正しい保湿ケア方法が!
今回は、すぐに取り入れたい!顔&体のパーツ別に見る正しい保湿ケアをご紹介します♡

保湿ケアはパーツ別!どうして全部同じじゃいけないの?

冬といったら乾燥の季節。
肌が乾燥すると化粧のノリは悪くなるし、体は痒いし……嫌な事が重なりますよね。
中には、顔には化粧水を塗っているし、体にはボディクリームを塗っているのに乾燥する!なんて思っている方もいるのではないでしょうか?
でも実は、その保湿方法は間違っています。

例えば、顔に塗った化粧水ですが唇には不十分!
唇は大変乾燥しやすく、皮膚が薄いので化粧水とは別にスペシャルケアが必要なんです♪

体を乾燥から守る為には、顔から体全身の皮膚状態にあったパーツ別の保湿が絶対条件。
今回は、パーツ別に見る正しい保湿方法をご紹介します♡

パーツ別に見る正しい保湿ケア①顔は洗顔方法から見直そう!

「入浴後、しっかりと化粧水を塗っているのに乾燥が止まらない」
こんな顔パーツに関する悩みをお持ちの女性は、まず洗顔方法を見直してみましょう♪

化粧落としはクレンジングオイルを使い、顔全体をマッサージするように馴染ませる。
そして、クレンジングオイルを流した後はたっぷりの泡を顔に乗せて洗顔してみてください。
ゴシゴシとこすり洗いする洗顔は、肌の角質を傷つけてしまうから絶対にNG!

さらに洗顔の際は、ぬるま湯か冷たい水での洗顔を心がけましょう。
お湯で洗顔すると、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまう危険性があるので注意が必要。

また、液体タイプの化粧水を顔になじませるだけでは保湿は不十分。
冬の乾燥する時期は、保湿力の高いジェルタイプの化粧水でケアするのがおすすめです♡
どうしても液体タイプの化粧水を使いたいという方は、薄く裂いたコットンに化粧水を十分に浸して、化粧水パックを実践すると肌が水分を吸収してくれる。

パーツ別に見る正しい保湿ケア②唇はリップパック♪

次にやるべきパーツ別の保湿ケアは、唇です。
顔にのせる化粧水だけでは、リップケアは不十分!
唇はパックでしっかりケアが必要となってきます。

唇のパックは市販で売っている専用のものももちろんOK。
ただ、時間に余裕のある時はスペシャルパックを手作りするのも◎

手作りパックでは、はちみつやオリーブオイルといった材料を用意しましょう。
それらを唇に塗った後、ラップで唇を覆って5分ほど放置。
その後、油分をふき取ったらプルプル唇が簡単に完成しちゃいます!

そして、日常生活におけるリップクリームの塗り過ぎが実は逆効果。
リップクリームの摩擦が唇を刺激し、乾燥の原因となってしまう事があるのです。
そこで、リップクリームを塗る際は縦ジワに沿って塗りこむのがポイント。
可能であれば、ワセリンなどクリーム状のものを指の腹にとって優しく唇に塗り込みましょう♡

パーツ別に見る正しい保湿ケア③肘と膝には化粧水+ボディクリーム♡

冬だと油断しがちな肘や膝のパーツですが、実は体の中で最も乾燥しやすい箇所の一つ。
肘や膝の保湿を怠ると、ゴワゴワと固くなり、黒ずんだ状態になってしまいますよ。
夏に向けて、今から保湿ケアを心がけましょう♪

まずは、お風呂で角質ケアをはじめてみてください。
肘や膝は角質が溜まりやすく、角質が溜まったままでは保湿クリームが浸透しずらい。
お風呂で温めて柔らかくなった肘と膝に、ボディースクラブを使ってゆっくりとマッサージしながら角質を落としていきましょう!

そして入浴後は、化粧水を浸したコットンでパック。
パックをして十分に水分を吸い込んだ肘に、ボディクリームをしっかりと塗って完成です♡

パーツ別に見る正しい保湿ケア④手にも化粧水をプラス!

手はハンドクリームを塗っているから大丈夫!と考えてはいませんか?
手のパーツに関しても、それだけではダメ。
手にも化粧水を浸したコットンでパックして、水分を浸透させる必要があります。
そして、パックした後にハンドクリームで蓋をすれば保湿完了♡
手に浸透した水分をハンドクリームの油分が閉じ込めてくれるのでしっかりと保湿されます。

また、ハンドクリームは水に触れた後、毎回使用するのがマスト!
水仕事の後やトイレの後など、手が水に触れたらハンカチで水分をふき取って逐一ハンドクリームで保湿するのを心がけましょう。

さらに、寝る前にも手の保湿ケアがとっても大切。
手にハンドクリームを塗ったら手袋をして寝るようにしましょう。
手袋をすることによって、指先まで手を温めてくれるうえ、塗ったハンドクリームがとれる心配もないので寝ている間に十分に保湿してくれる♪

パーツ別に見る正しい保湿ケア⑤ボディオイルで粉吹き脚回避♪

乾燥しすぎて粉を吹いてる脚なんて恥ずかしい!
脚パーツには、保湿性の高いオイルを使ってしっかり保湿ケアを心がけましょう。

保湿性の高いホホバオイルやバイオイルをいつものボディクリームに少し混ぜてみて♡
普段のボディクリームが、より保湿性の優れた魔法のクリームになっちゃいます。

ボディクリームを塗る時にゆっくりとマッサージしながら塗り込むと、さらに◎
脚のむくみ対策にもなって、一石二鳥ですよ。
また、ムダ毛処理の後は特に脚が乾燥しやすい状態になっているので正しい保湿を♪

パーツ別に見る正しい保湿ケア⑤かかとの保湿ケアもしっかりと!

ボディークリームを塗るついでに足までしっかりと保湿している方は多いと思います。
ただ、かかとの保湿もちゃんと意識していますか?
かかとは、先ほどご紹介した肘&膝同様に大変乾燥しやすいパーツ。

かかとのガサガサを除去する軽石ややすりを使うのも、もちろんOKです♪
ただ、やりすぎると逆に角質が固くなってしまうので注意が必要。
軽石ややすりを使った角質除去は、優しく丁寧に行いましょう。

そして入浴後はしっかり保湿♡
フットクリームはもちろん、もし持っていない場合にはハンドクリームも大丈夫ですよ。
かかとにクリームをすり込むようにして優しくマッサージすれば、柔らかいツルツルかかとに大変身!
正しい保湿ケアをパーツ別にご紹介しました♡
体のパーツによって、こんなにもケア方法が異なるなんて驚き!
このパーツ別保湿を面倒臭がらず、しっかりできるかどうかが今後のプルプル肌に繋がります。
正しい保湿ケアを取り入れて、乾燥知らずの潤い肌を手に入れましょう♪

【関連記事】美容ケアはバスタイム後が効果的♪お風呂上がりにやっておきたいこと

美容のためにはバスタイムを気にかけることも大事だけれど、お風呂上がりはもっと大切です。...

保湿 ケア パーツ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

たなかみか

キラキラ輝く女性の味方♡

誰でも取り入れやすいトレンドを発信してきます!

>もっとみる