個性が出る♡「グラスの持ち方」でわかる性格と心理

LIFESTYLE

「グラスの持ち方」って人それぞれ癖があって、個性が出るんです。
ということで今回は、グラスの持ち方でわかる性格と心理を探ります!

楠原諒子
楠原諒子
2016.06.16

片手で持つ

グラスを片手で持ち、豪快に飲むタイプの人は、ご察しの通り「大ざっぱ」な性格の持ち主です。

細かいことは気にしないので、大勢の飲み会も楽しめる人だと思います。

両手で持つ

グラス全体を包み込むように両手で持つ人は、「受身」な性格です。

初対面の人の前、集団行動が苦手な人は飲み会の際、両手でグラスを持っていませんか?

これは、自己防衛本能の表れとも言えるので、この持ち方をしている人がいたら、その人にとっても居心地の良い空間になるよう工夫してください。

また、女性の場合は「異性へのアピール」も考えられます。

グラスの上の方・真ん中・下の方を持つ

飲み口に近い方を持つ人は、大ざっぱな性格も考えられますが「ナルシスト」な傾向が多いです。

芸人さんのコントで、ナルシストな男性を表現する時に、この持ち方をよく見かけます。

一方、グラスの真ん中辺りを持つ人は「順応力」があります。
気配り上手なのだと思います。

また、グラスの土台の方を持つ人は「マイペース」「デリケート」な性格が考えられます。
このタイプは、ちょっと気分屋な人もいるので注意!

利き手・利き手じゃない方で持つ

無意識にグラスを持つと大半の人が利き手で持つと思いますが、意識的に常に利き手で持つ人は几帳面な性格で「完璧主義」です。
異性の前なら「失敗したくない」という気持ちの表れかも♡

また“グラスを落としたらどうしよう”と考えてしまう「心配性」の可能性もあります。

一方、利き手じゃない方の場合。

私の経験上、信頼している友人の悩みを聞いている時や姿勢を崩して飲んでいる時に、つい
利き手じゃない方の手でグラスを持ってしまうことがあります。
つまり、利き手じゃない方の手でグラスを持つ時は、恐らくその空間が心地良いと感じていたり、会話に集中しているのだと思います。

しかし、隣同士で座っている場合は話が別です。
例えば、右利きの人が右に座っている場合。
意識的に左手でグラスを持ったのなら、左に座っている人と「壁を作っている」とも考えられます。

相手が退屈そうな表情をしていないか、確認してみましょう。

小指を立てて持つ

小指を立ててグラスを持つ人は「甘えたがり」です。

無意識で立ってしまう人もいると思いますが、周囲の注意を引きたい、かまってちゃんタイプなのだと思います。

こちらが疲れない程度に、受け入れてあげてください!

グラスの持ち方からわかる性格や心理は、心理カウンセラーの方により少し意見が違うのですが……私が学生時代に学んでいた心理学も参考にしてご紹介しました。
相手の性格や心理を探るのは少し怖いことですが、相手の緊張をほぐすことができたりとメリットもあります。
安心感のある人になるために、この知識を使ってください!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。