年齢ならではのトラブルがあった!《年代別》女性の体の悩みとは

女性にとって悩みごとは尽きないものです。
年代によって、悩む内容が変わってくるのが、体の部位に関すること。

年代別にどのような悩みがあり、それぞれどう対処していけば良いのでしょうか?
今回は女性にありがちな体や肌の悩みについてご紹介していきます。参考にしてみてくださいね♪

目次

他人には理解しにくい?女性の体の悩みとは

「いくつになってもキレイなスタイルでいたい」
女性なら、誰しもがそう強く思うはず。
しかし歳を重ねると、その思いを叶えることが難しくなってくるでしょう。

また、体に関する悩みは、年代によってそれぞれ変わってきます。

しかしそうした悩みは、他人になかなか理解してもらえないケースもあるそう。
例えば、他人からは痩せていると思われていても、部分的に脂肪がついていて、気になっているという人も多いはずです。

女性の体は、女性ホルモン(エストロゲン)の影響を大きく受けています。

この女性ホルモン(エストロゲン)には、妊娠・出産への準備や、骨を丈夫にする働きがあるほか、肌や髪の毛を美しくしたり、女性らしい体型にしたりするなどの作用があります。

女性のスタイルを作っているのは、女性ホルモン(エストロゲン)と言っても過言ではないくらい、美しさにおいて必要なんですね。

男性と女性とで体の悩みは異なる!?

男性と女性では、体の悩みは異なるでしょう。

男性は年齢を重ねるにつれて、お腹周りに中性脂肪が増えてくるという悩みを持つ人が多いようです。
筋力の衰えなども挙げられるでしょう。

女性は、前述した通り、女性ホルモンの影響を受けて、スタイルが大きく変化します。

年代別に、脂肪がつきやすくなる部位が変わったり、胸やお尻などの残しておきたい部分の脂肪が無くなってしまったりと、年々体型への悩みが増えていくようです。

もちろん、10代や20代前半といった若い年代であっても、年齢固有の悩みもたくさんあるものです。

そこでここからは、年代別における主な悩みと、その解消方法についてご紹介していきます。

10代女性の体の悩み

10代の女性は、10代前半から増加する女性ホルモンの影響を受け、皮下脂肪がつきやすくなります。
各部位がサイズアップし、スタイルが変化していきます。

そして、16歳〜18歳の時期に、この急成長が落ち着きます。
大人の女性らしいプロポーションへと確立していくんですね。

女性ホルモンの影響でヒップ、太ももの外側、うなじに皮下脂肪がつきます。
また、顔もハリが出るだけでなく、頬に肉がつきやすくなるでしょう。
全体的に、丸みのあるフォルムになります。

こうしたことから、10代になると、顔が太ったと気にしたり、急激な体の変化に戸惑ったり、ヒップなどのサイズアップを気にするようになったりと、悩みが増えだします。
周りとのプロポーションを比べて、コンプレクッスになる人もいるでしょう。

10代女性の体の悩みを解決する方法

10代の頃は、まだ体が発達の途中です。
スタイルが気になる年頃にはなってきますが、無理なダイエットは体へ悪影響を及ぼしかねないため、おすすめできません。

野菜やお肉や魚など、しっかりとバランスのとれた食生活を継続し、適度な運動を行うことが、10代の女性にとって大切です。
代謝力のある10代であれば、極端にスタイルが崩れることも少ないはず!

ファーストフードや、脂質・糖質の多いスナック菓子、ケーキなどの食べ過ぎに気をつけて、規則正しい生活を心がけましょう。

また、女性ホルモンの影響を受け、徐々に体が女性らしいスタイルへと変化していきますが、これは個人差が大きいもの。そのため、周りとの差を気にしがちです。
人によって成長スピードは異なるため、気にしすぎる必要はありませんよ。

丸々とした顔のフォルムは、加齢とともに自然に減っていくといわれています。
人生でいちばん肌にハリがある、可愛らしい10代を楽しみましょう♪

20代女性の体の悩み

20代になると、10代の頃に増えた皮下脂肪が落ち、体重も減少しやすくなるそう。

思春期のぽっちゃりとした体型から、女性らしいスタイルへと近づいていくでしょう。
全体的にほっそりとして、ウエスト周りがしまり、くびれができやすい時期になります。

しかし、社会人として働き始める人が増える世代のため、ストレスに悩むことも多いでしょう。
ストレスが原因となり、暴飲暴食してしまったり、仕事の忙しさから食生活が乱れたりする人もいるはず……。

また、睡眠時間が減り、基礎代謝も低下してしまう傾向にあります。

このようなことが原因となり、スタイルの崩れや、体重の増加に悩むようになる年代が、20代です。

20代後半には、基礎代謝量と筋肉量が低下していきます。
二の腕、ウエスト周りに脂肪がつきやすくなるのです。

20代前半の頃と比べて、二の腕のお肉が気になったり、くびれができにくくなったと感じる人が増えてくるようです。

20代女性の体の悩みを解決する方法

20代も、10代と同様に、規則正しい生活を送っていれば、極端に太ることはないようです。

この時期の極端なダイエットは、自律神経やホルモンバランスへ支障をきたし、心の状態にも大きな影響を与えるそう……。

また、食生活の乱れによって、スタイルの変化や体重の増加を気にする人が多いようです。

仕事が忙しくて時間がないと、ファーストフードやインスタント食品を食べることが多くなりがちですが、野菜もしっかりと食べ、1日3食、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

また、仕事で忙しい日々を送っていると、運動不足になりがちです。
朝食後に20〜30分、ウォーキングをすると、基礎代謝が上がるといわれています。
なかなか睡眠時間がとれない生活の中では難しいですが、少し早起きをして、1駅分歩いてみてはいかがでしょうか?

二の腕やウエスト周りが気になりはじめた人は、“ながら”エクササイズがおすすめです。
忙しい日々や時間にも、ちょっとした意識で取り入れられるエクササイズです。
テレビを見なら、仕事をしながら、電車に乗りながら、運動を行いましょう。

また、30代から出やすくなるバストの変化に備えて、自分のサイズにしっかりと合った下着を着用するよう心がけてくださいね♡

30代女性の体の悩み

30代になると、ウエスト周りに脂肪がつきやすくなり、下腹部も出てくる傾向にあるようです。

また、基礎代謝も低下してくるので、体重も増加しやすくなります。
さらに、女性ホルモンが減少するため、人生でもっとも大きな体の変化を実感する人も少なくないのだそう。

37歳から39歳にかけて、ウエストのくびれがなくなり、上半身のサイズが大きくなるでしょう。
ボディラインが目に見えて変化するようです。

そして、35歳前後から女性のスタイルで重要視されやすい、バストが変形しはじめます。

30代は、女性らしいメリハリのあるボディラインが崩れてくる時期。
体型に対して悩むことが多くなるんですね。

30代女性の体の悩みを解決する方法

基礎代謝も低下し始める30代。
食生活を気にするだけではなく、運動をして、適度に筋肉をつけることが必要になってきます。

適度に筋肉がついた体は、見た目が良いだけではなく、年齢とともに低下してしまう基礎代謝を向上させることにもつながります。

基礎代謝が良いといつも通りの生活をしていても、消費するエネルギーが多くなるので、痩せやすい体になります。
筋肉量が低下するこの時期におすすめなのが、インナーマッスルを鍛える、体幹トレーニングです。

体幹トレーニングによって、胴体内部の筋肉を鍛えられます。
下腹部や内臓をキュッと持ち上げることにより、全身の代謝を上げることに期待できるそう!
加齢とともにリスクが高くなる、運動による怪我も、体幹を鍛えておくことで軽減されるといわれています。

そして、30代で気になりはじめる、しまりのないウエストの悩みには、ひねりを加えた腹筋が効果的とされています。
通常の腹筋の動作に加え、起き上がる時に左右にウエスト部分をひねるというものです。

また、30代の体において重要なポイントは、姿勢です。
姿勢が良いと、見た目が若々しくなるだけではなく、脂肪のつき方にも違いが出てきます。

良い姿勢を作る方法としては、横から見た時に、体の4つのポイントが一直線に結ぶようにすることです。
そのポイントとは、①耳の穴、②肩の先端、③太もものつけ根の外側、④くるぶしから2センチほど前のところの、4点です。

なかなか自分自身の立ち姿勢を見る機会は少ないもの。
まずは一度、鏡の前に立ち、自分の体のラインを確認してみてはいかがでしょうか?

体の悩みは専門クリニックに相談してみるのも手!

色々なダイエット法や健康法がありますが、自分に合ったものはどのような方法なのか、見極めることは難しいですよね。

そうした時には、専門クリニックや美容外科などの専門家に相談してみることもひとつの方法です。

主なクリニックは下記の通りです。

◆湘南美容外科クリニック
安心保証制度を採用した、有名美容外科クリニックです。
全国に56院を展開しているので、利用しやすいですね。
専門医とのカウンセリングは無料なので、まずは相談してみたいという人におすすめです。

◆品川美容外科
全国に25院を展開するクリニックです。
医師による診療は、何回でも無料。
不安や悩みがあればいつでも相談できますね♪


また、日頃の運動不足を解消するために、ジムのトレーナーに、最適なプログラムを作成してもらい、取り組むこともおすすめです。

最近のジムは走ったり、マシーンを使って体を鍛えたりする方法だけではなく、ヨガなどの様々なカリキュラムが組まれています。運動が苦手な人でも続けやすいでしょう!

未成年がクリニックを受診するためには……

未成年がクリニックでの施術を希望する場合は、親の同意が必要となります。

クリニックでの治療は多岐にわたり、費用も安価なものから、高額になるものまであります。
しっかりと保護者を交えて話し合い、必要であればクリニックまで一緒に来てもらうと、スムーズかもしれません。

保護者と一緒に行くことが難しい場合は、どのようなことに悩んでいるのか、それに対してどのような治療をしようとしているのかなど、できるだけ具体的に説明し、感情的にならずに伝えることが大切です。

そして、親の意見もしっかりと聞きながら、自分の思いを伝え、どのようにするかを一緒に決めていきましょう。
そうすれば、親の同意も得られやすくなるはずです!
年代ごとに悩む部位が変化する、女性の体。
ホルモンの増減や、出産などにより、大きく生活環境が変化することにも関係しているでしょう。
どのような原因があるのか、可能性を知ることだけでも、対処方法が変わってくるはず!

もし悩んでいることがあれば、ご紹介した内容を参考にしながら、信頼のおける人や専門医に相談をしてみてくださいね♪



【関連記事】お腹のでこぼこ、消したい!最終手段の"脂肪吸引"って実際どう?

お腹や太ももにできるでこぼこ、自分では中々落とせないですよね。痩身の最終手段といえば、...

悩み 女性 コンプレックス

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

彩雪

>もっとみる