眠気を覚ます方法10選。ツラーイ睡魔をバシッとやっつけろ!

「夜更かしをしてしまった」「大事な会議なのに眠い」など、日中の眠気にどうしても勝てないときってありますよね。
絶対に寝れないときほど、どんどんまぶたが重たくなってしまうことも……。
そこで今回は、辛い睡魔をバシッと吹き飛ばすための眠気を覚ます方法をご紹介いたします。

日中に眠気を感じるのはなぜ?

アイマスクをする女性

大切な会議や商談だと分かっていても、眠気に襲われることってありませんか?
自分では集中しているつもりでもどんどんまぶたが重くなり、ついカクンッとなってしまうこともあるでしょう。

<日中眠くなってしまう主な原因>
・睡眠不足
・睡眠の質が悪い
・過眠症
・血糖値の上昇
・二酸化炭素の濃度が濃い

睡眠の時間が足りなかったり、熟睡できずに疲れが回復されていなかったり、何時間寝ても寝たりないと感じたりしている場合、脳や体がしっかり休みきれずに眠気を感じてしまうんだとか!

また、二酸化炭素の濃度が上がると眠くなったり、タンパク質の多い炭水化物を摂取しすぎると血糖値が上昇して眠くなったりしてしまうことがあるそうです。
お昼ご飯を食べた後に眠気を感じる人が多いのは、この血糖値の上昇が関係しているそうですよ。

生活習慣を整えることが大切ですが、さまざまな原因によって眠気に襲われたときに効果的な方法がいくつかあるので、ぜひ試してみてください。

日中の眠気を覚ます方法【1】コーヒーを飲む

コーヒーを持つ女性

眠気を覚ます方法として有名なのが、コーヒーを飲むこと!
コーヒーだけでなく、カフェイン入りのものであれば紅茶やお茶でも眠気を覚ますことができるそうです

なぜならカフェインには覚醒効果があるといわれていて、脳を覚醒させたり集中力を上げたりすることが期待できるからです。

ただし、カフェインによる効果を得るためには、30~40分前に飲んでおくのがポイント!
なので、「絶対眠れない!」という会議がある場合は逆算して飲んでおくといいですよ。

また、飲み過ぎると夜の寝つきが悪くなり、また日中眠くなるという悪循環になってしまう可能性もあるので、夕方以降のカフェインの摂取は控えるようにしましょう。

日中の眠気を覚ます方法【2】ガムやチョコレートを食べる

ガムを食べる

カフェインを摂取する方法と同じように眠気を覚ます方法として有名なのが、ガムやチョコレートなどを食べることです。

「噛む」ということは脳を刺激する作用があるので、しっかり噛むことで眠気も冷めてくるそうですよ。

特にガムであれば、眠気がすっきりする専用のガムもあるので、常備しておくと心強いです。
ただし仕事中に噛んでいると相手に失礼な印象を与えてしまうので、ちょっとした休憩のときに噛んでおくなどして眠気を覚ましましょう。

また、チョコレートの場合は覚醒作用があるといわれているテオブロミンを含むダークチョコレートを選ぶのがおすすめです。

日中の眠気を覚ます方法【3】手のツボを押す

女性の手

眠気を覚ます方法として有効なのが、脳に直接刺激を与えることができるツボを押すことです。
ツボ押しならいつでもどこでもすぐに取り入れることができるので、会議中でもサッと行うことができそうですよね。

眠気を覚ますといわれているツボはいくつかあります。

・合谷(ごうこく)
親指と人差し指の付け根が交差するところにあり、骨のくぼみ部分にあるツボです。

・中衝(ちゅうしょう)
中指の爪の根元にあり、真ん中より少し人差し指側にあるツボです。

・労宮(ろうきゅう)
手をグーにしたときに中指と薬指の先が当たる手のひらの真ん中にあるツボです。

痛気持ちいいと感じるくらいの強さで、10秒ほど刺激してみてください。

日中の眠気を覚ます方法【4】耳を引っ張る

目を閉じる女性

眠気をすぐに覚ましたいときは、耳を引っ張る方法も効果的!

耳にはあらゆるツボがあり、特に耳たぶの裏側には眠気覚ましに有効だといわれているツボがあるんですよ。
ですので、両手で両耳たぶを摘まんだら、揉んだり引っ張ったりして耳を刺激してみましょう。

また、耳たぶを上下左右10秒ずつ引っ張ることで、より眠気に効くツボを刺激することができるそうです。
手のツボを押すときと同じように、少し痛気持ちいいくらいの力加減で引っ張るのがおすすめですよ。

耳を引っ張って眠気を覚ますという方法は即効性があるだけでなく、持続性も期待できるので、仕事中の女性にとっても嬉しい方法ではないでしょうか。

日中の眠気を覚ます方法【5】歯磨きをする

口を開ける女性

仕事場に歯磨きセットを持っていけるのであれば、眠気を覚ます方法として歯磨きをするのもおすすめ!

ミントのような爽快感のある歯磨き粉を使えば、脳や体もすっきりしてリフレッシュすることができますよ。
歯磨きはダイエット中の間食を防ぐ役割もしてくれるので、仕事中の眠気や食欲に耐えられなくなったときは丁寧に歯磨きしてみてください。

歯磨きが難しいようであれば、メンソールタイプのリップクリームを使うのもおすすめですよ。
リップクリームを唇に塗るのではなく、鼻の下に少し塗ることでメンソールのすっきり感が鼻を通り抜けて脳に刺激を与えてくれます。

クール系で言うなら、刺激の強いクール系の目薬を使用するのも眠気をすっきり覚ます方法として効果的ですよ。

日中の眠気を覚ます方法【6】外の空気を吸う

歩く女性

眠気を感じたら「ひとまず外の空気を吸う!」という方法もおすすめです。

眠くなる原因でもお話ししたように二酸化炭素の濃度が高くなると人は眠くなるといわれています。
なので、二酸化炭素濃度を下げることが眠気を覚ますポイントになるんですよ。

自分が外に出れない場合は、窓を開けて換気をするのもおすすめ!

外の空気をたくさん吸うだけで気持ちもすっきりしてくるので、再び仕事に集中することができますよ。

会議などの特別な時間でなければ、外の空気を吸ったときに軽くストレッチをするのも◎
背伸びをしたり、体をひねったりするだけで眠気が嘘のようになくなりますよ。

日中の眠気を覚ます方法【7】息を限界まで止めてみる

目を閉じる女性

仕事中の中でも特に眠気を感じたくないのが会議中やお偉いさんとお話しをしているときではないでしょうか。
そのときは周りにバレないように眠気を覚ます方法を取り入れたいですよね。

そこでおすすめなのが、限界まで息を止める方法!

眠気覚ましには脳に新鮮な酸素を送り込んで活性化する方法も効果的ですが、息を止める方法なら酸素を絶つ苦しさによって眠気を覚ますことができるんです。

ポイントは、あくまでもこっそりやること!
頬を膨らませたり、苦しくなったときに「ぷはー」と言ってしまうとバレてしまいますので、鼻から吸った空気を口からゆっくり吐き出しながら息を止めてみてください。

そしてぎりぎりのところまで耐えたら、ゆっくりと鼻から息を吸い込んでみましょう。
この方法を3回ほど繰り返すとすっきりしてきますよ。

日中の眠気を覚ます方法【8】体温の調節をする

キャミソールを着た女性

人間は体温が上がってくると、自然に眠くなるといわれています。
暖かい室内にいると、心地よくて眠気を感じてきてしまう女性も多いのではないでしょうか。

外の空気を吸ってクールダウンする方法もおすすめですが、衣類を調節して体温を下げることも眠気を覚ます方法として効果的です。
普段から調節のしやすい服装にしておくといいですよ。

また、首や脇の下を冷やすのもおすすめ!
熱が出たとき、首の血管や脇の下を冷やすことがあるように、体温を下げる方法としてとても効果的な方法です。
冷えたタオル、もしくは凍らせたペットボトル、冷却ジェルシートなどを使って冷やしてみてください。

日中の眠気を覚ます方法【9】ブルーライトの光を浴びる

スマートフォンやパソコン

日中の眠気を覚ますのであれば、ブルーライトの光を浴びるというのも一つの方法!
ブルーライトは睡眠の質を下げる原因になるので、就寝する1時間前から浴びないようにするのがいいといわれていますよね。
なので、その働きを逆手にとって利用するのです。

ブルーライトには交感神経を刺激する作用があり、朝だと勘違いさせる働きがあるそうなので、睡眠ホルモンと呼ばれているメラトニンの分泌を抑制してくれます。
すると自然に眠気も抑えることができるので、スマートフォンやパソコンを使って刺激してみてください。

また、このブルーライトによって集中力を上げることもできるそうなので、日中は活躍してくれそうですよ。

日中の眠気を覚ます方法【10】ランチは炭水化物を避けて腹8分目までにする

パンとサラダ

ランチの後はお腹がいっぱいになって、なんとなくウトウト……という経験をしたことがある女性もいるでしょう。
この原因、実は炭水化物にあるんです。

まず、ご飯やパンといった炭水化物を食べると、ブドウ糖によって体内の血糖値が上がります。
次に上がった血糖値を元に戻そうと、ブドウ糖を体内で分解すること、今後は血糖値が下がっていきます。
この瞬間が眠気を引き起こしているそうです。

急な血糖値の上昇は、ダイエットや健康に良くないだけでなく、眠気も関係してくるのでランチの摂り方にも意識を向けるのがポイントになりそうですよ。

午後イチで大事な仕事が入っているときは、炭水化物の代わりにタンパク質を多く摂るようにしたり、野菜やスープから食べるようにしたり!
量も腹八分目にとどめておくようにしましょう。

眠気を覚ますだけでなく、対策方法の一つとしても役立ってくれます。

いろいろ試してみたけど……それでもダメなら仮眠をとってみて!

眠る女性

眠い=身体が睡眠を求めているということ!
眠気を覚ます方法をいろいろ試してみたけどダメだったときは、思い切って仮眠をとりましょう。

ただし、日中に30分以上眠ってしまうと目覚めたときに体が余計だるくなって逆効果になってしまうので注意が必要です。

仮眠をするなら5分〜15分程度の短いお昼寝にしておきましょう。
そして完全に横になるのではなく、座った状態で少し休むのがおすすめです。

わずかな時間でも体と頭がすっきりするので、昼休みなどの時間を利用してささっと眠っておくといいですよ。
眠気を覚ます方法をご紹介させていただきました。
「大事なタイミングでうっかり居眠りをして大失敗!」ということは避けたいですよね。
自分の体をしっかり理解して、生活習慣や体調をしっかりコントロールしながら、眠気を感じたときは自分がすっきりする方法で目を覚ましてみてください。

【関連記事】眠りの質を上げる方法とは?美人への道は規則正しい睡眠習慣にあり!

4MEEE(フォーミー)読者の皆さん、毎日ちゃんと眠れていますか?毎日の睡眠は、疲れた身体や肌...

睡眠

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

茜美奈子

美容・コスメ・健康マニア。女の子はいつでもキレイでいなきゃね!

>もっとみる