ぽっこりお腹解消法♡体のめぐりをよくするHow To

BEAUTY

年齢を重ねるとともに、私たちの身体は代謝が低下し、脂肪がつきやすくなってしまいます。
そこで気になることは、下っ腹に蓄えられていく脂肪たち……。
このぽっこりお腹を解消したいなら、めぐりのいい身体になってくびれたウエストをゲットしましょう♪

ぽっこりお腹を解消してくびれをゲット!

年齢による体力の衰えや、内蔵機能の低下、冷え性など、アラサーになるとあらゆる身体の変化を感じるようになりますよね。
そのときに厄介なことは、下っ腹にどんどん蓄えられてしまった脂肪。

体力や内蔵機能の低下、冷え性は、脂肪を燃焼させるために必要な代謝を下げる原因になるんだそう。
一度蓄えられてしまった脂肪は、なかなか減ってくれません……。
パンツの上にお肉が乗ってしまったり、タイトなワンピースからお腹だけがぽっこり出てしまったり、「ふと鏡を見たときのぽっこりお腹が気になって仕方ない!」と言う女性も多いのではないでしょうか。

ぽっこりお腹を解消するためには、めぐりのいいカラダになって、代謝を上げる必要があります。
激しい筋トレや運動が必要だと思われがちですが、ちょっとした運動とマッサージ、そして生活習慣の見直しでめぐりのいいカラダにすることができるんです♪
今からでも遅くはないので、ぽっこりお腹を解消して、くびれたウエストをゲットしましょう♡

ぽっこりお腹を解消する方法①骨盤リセット

ぽっこりお腹を解消するために、まずは骨盤をリセットしていきましょう。
姿勢の悪さや運動不足、デスクワーク、妊娠&出産などで、女性の骨盤はすぐに歪んでしまいます。

骨盤は、上半身と下半身をつなぐ大切な部分です。歪んでしまうと全身のめぐりが悪くなり、冷えやむくみ、便秘など、さまざまな悪影響を招いてしまうんですよ。

整体院で歪んだ骨盤をリセットしてもらうことがおすすめですが、家で気軽に取り入れたい女性や、忙しい女性は下記の方法でリセットしてみましょう。

①あおむけになり、腕や脚を伸ばしてリラックスします。
②まずは右ひざを曲げたら、ひざで円を描くように時計回りでぐるぐると股関節を回します。
③スムーズにできるようになったら、今度は左ひざを曲げ、反時計回りで股関節を回していきましょう。
骨盤が整うだけで代謝がアップしますよ♪

ぽっこりお腹を解消する方法②足上げ腹筋

続けてご紹介するぽっこりお腹解消法は、お腹を鍛える方法です。
お腹を鍛えると言えば、真っ先に腹筋が思いつくかと思いますが、腹筋だと飽きてしまいますよね。
足上げ腹筋なら、より効果的にぽっこりお腹を解消することができますよ♡

①仰向けになり、両足を合わせた状態で伸ばし、両腕も伸ばした状態で手のひらを下にし、体のすぐそばに置きます。
②次に両足を付け根から折り、真っ直ぐ上に伸ばします。
③そのままの状態で、息を吐きながらできるところまで上半身を起こしてみましょう。

①~③を10セット1回にして、取り入れてみてください。
お腹が引き締まるだけでなく、姿勢改善や代謝アップにも効果的です。
最初はキツく感じますが、毎日やっていくことで回数多くできるようになりますよ♪

ぽっこりお腹を解消する方法③お尻上げ腹筋

モデルさんも取り入れていると言うぽっこりお腹解消方法は、お尻を上げるだけの腹筋です。
こちらも、ただの腹筋よりも楽らくな上に、しっかり効果を実感することができる方法です。

①仰向けになったら両ひざを立てて、両腕は伸ばした状態で手のひらを下にし、体のすぐそばに置きます。
このとき、お尻とかかとの距離は、20cmほど開けておきましょう。
②そのままお尻を少し持ち上けます。
お尻は上へ、お腹は下へ押すようなイメージでやってみてください。
③持ち上げた状態を30秒キープしたら、①の状態に戻って力を抜きましょう。

これを3回、できてきたら5回と、自分のできるところまでやってみるといいですよ!
下腹部に効果的ですが、同時に背中も鍛えられるので、美しい後ろ姿を鍛えることができます。

ぽっこりお腹を解消する方法④腸マッサージをする

ぽっこりお腹を解消するためには、内側のケアも欠かせません。
そこで取り入れたいのが、腸のマッサージです。
腸を刺激することによって便秘解消に繋がり、腸内環境を整えることができます。

①腸マッサージでは、人差し指と中指の2本の指を使ってマッサージしていきます。
②2本の指で、おへそ周りクルクルと円を描きながら、時計回りにマッサージしていきます。
③最後に、②でマッサージしたところから、さらにひと回り外側も時計回りにくるっと一周させてマッサージするだけでOK!

腸内環境が整えば、代謝もアップし、脂肪が燃えやすいカラダになります。
腸内環境を活発にしたい朝に取り入れていきたいですね。

ぽっこりお腹を解消する方法⑤くびれマッサージをする

続けてご紹介するぽっくりお腹解消方法は、くびれを作るためのマッサージです。
肌への刺激を軽減するために、マッサージ前は必ずボディクリームやボディオイルで滑りをよくしてから始めていくといいですよ!

①まずは腰周りに両手のひらを当てて、外側から内側へ上下に手のひらを動かしながら、腰周りの筋肉をほぐします。
②何度か繰り返したら、両手で後ろのお肉を斜め下の前へ流すようにくびれを作っていきましょう。
左手で流したら、お肉が戻らないように右手で再び流すイメージで、リズミカルに繰り返すといいですよ。
③10回~20回ほど行ったら、反対側のくびれも同じようにマッサージしてみてください。

入浴中やお風呂上がりなど、カラダが温まり、血液や脂肪を流しやすくなっているときに取り入れることがおすすめです。
腰周りのむくみも解消できて、キレイなくびれ作りを目指すことができます♡

ぽっこりお腹を解消する方法⑥正しい姿勢を保つ

最後にご紹介するぽっこりお腹解消方法は、常に気をつけておきたい「姿勢」についてです。
姿勢が悪く猫背になってしまうと、血流などが滞ってしまうので冷え性やむくみやすいカラダに悩まされることに……。
そして、代謝も低下してしまうので、脂肪がどんどん蓄えられてしまうのだそう!

座っている間は意識して正しい姿勢をキープしましょう。
猫背になれていると正しい姿勢がキツく感じてしまうと思いますが、慣れれば自然にできるようになります。
後ろにバッグを置いておけば自然と意識することができますし、猫背に戻ってしまったときも背中にバッグが当たることで姿勢への意識を取り戻してくれますよ♪

また、オフィスや家で時間があるときは、足裏にゴルフボールを置いてコロコロと足裏を刺激しておきましょう。
血流がアップして、むくみ防止にも効果的です♪

ぽっこりお腹を解消する方法⑦その他に気を付けたいこととは?

・食生活で気を付けたいこと
塩分や糖質を控えて、バランスのよい食事を心がけましょう。
サラダを先に食べたり、お肉のときはいつも以上にしっかり噛んで食べたりすることがおすすめです。

・睡眠で気を付けたいこと
ぐっすり眠れるよう、コーヒーを飲むことは15時までにしたり、就寝の3~4時間前に夕飯を終えたりすることが大切です。
そして就寝の1時間前からは、PCやスマホの光をあまり見ないようにして、心とカラダを休める方向に準備していくといいですよ!

筋トレやマッサージだけでなく、生活習慣を見直すことでよりめぐりのいいカラダに変えることができます。
食事も睡眠も、ぽっこりお腹を解消するために欠かせない要素なので、これを機に見直してみてください。

ぽっこりお腹を解消するための方法を、ご紹介させていただきました。
そして、何よりも大切なことは毎日続けることです。
諦めずにコツコツ続けていけば、いつの間にかくびれたウエストになっているはず♡
すべてやるのではなく、何個か組み合わせて取り入れるだけでもいいので、夏に向けてぽっこりお腹を解消してみてはいかがでしょうか!