カフェデートでのNG言動4つ♪カフェは本性を知れる!?

LOVE

気軽に楽しめるカフェデートは、気になる異性とのデートにもピッタリ♪
そんなカフェデート、実は意外と本性を知れる。
ここでは、そんなカフェデートで4つのNG言動をまとめます。

カフェデートのNG言動①店員さんにタメ口

まずは、店員さんとの接し方。
気になる相手が自分以外の人と、どう接するのかは気になります。

そんな中、店員さんにタメ口で話していたら幻滅。
店員さんにタメ口で話す人って結構居ますが、一緒に居るこちらはやめて欲しいと思います。
店員さんが年下の方でも、年齢は関係なく敬語で話して欲しいものです。

気になる異性のこういう場面を見てしまうと冷めちゃいます。

カフェデートのNG言動②大声でおしゃべり

ファッションのお店などは、店内も大きなノリノリの音楽が流れていることが多いので、自分達の会話のボリュームはあまり気になりませんよね。
しかし、カフェに入ると雰囲気が変わり、声のボリュームは気になります。

カフェでの会話は、大きな声は控えたいところ。
会話が盛り上がると、ついつい大きな声になってしまうこともありますが、少し声のボリュームは気にしてみてください。

カフェデートのNG言動③足グセ

カフェってとてもリラックスできる空間なので、ついつい体もダラダラしちゃいます。
でも公共の場なので、そのダラダラ具合もほどほどに!

特に足は本性が出やすい。
カフェで貧乏揺すりとか、片足をイスにあげるとか……足グセは意外と見られます。

また、世間的に食事中の足組みはマナーとして良くないと言われています。
コーヒーを飲むくらいならいいと思いますが、食事中は気を付けた方が良さそう。

カフェデートのNG言動④音・余ったお砂糖

意外と気にする人が多いのが、音。
食事中の音もそうですが、カップを置く音もカフェのような場だと目立つので優しく。

また、こちらも意外と見られているらしい、コーヒーに付いているお砂糖。
紙の袋に入ったお砂糖を畳まずにポーンと置いてしまうと、中のお砂糖がこぼれちゃいます。

あまり、気にしないことですが正面に座ったいる人にはよく見えているようです。

カフェデートのNG言動でした。
デートに関係なく、マナーとしても気をつけたい言動。
カフェデートを最高に楽しく過ごせるように、少し気に掛けてみてください。