男もガッカリ!無意識にしている「やり過ぎファッション」とは?

FASHION

自分は「オシャレ」だと思っているファッションも、周囲には「やり過ぎ!」と思われているかもしれません。
ここでは、男性もガッカリしてしまう、やり過ぎファッションをご紹介します。

「アクセサリー」を付けすぎ

ネックレス・ブレスレット・指輪などを付けすぎると、ガラが悪く見えてしまう場合があります。

アクセサリーを重ねづけしたい時は、「色を揃える」「ハードなデザインのアクセサリーには華奢なデザインのものを合わせる」など、バランスに気をつけましょう。

「肌」の隠しすぎ・出しすぎ

「ゆる×ゆる」な組み合わせの時は特にですが、「肌の隠しすぎ」に気をつけましょう。

手首・お腹などを見せてぬけ感を作り、スタイルアップを意識してください!

また、反対に「肌を出しすぎる」ファッションにも注意しましょう。

破けすぎのダメージパンツや、胸元の開いたトップス×ショートパンツなどのコーデは、引き算のしすぎです。

「テイスト」を入れすぎ

テイストMIXコーデは、バランスが悪いと野暮ったいコーデになります。

「シックなカラーをセレクトして全体を落ち着かせる」「小物でさり気なくテイストMIXする」など、全体のバランスを意識してコーディネートしましょう♪

「色」の使いすぎ

色の使いすぎにも気をつけましょう。
コーディネートのカラーは、2〜3色でまとめるのが基本です!

どうしても4色のカラーを使ってコーディネートしたい場合は、下記のような点に注意してみてください♪

パープル・オレンジ・グリーンのようなベースとなる3色に、オレンジと同系色のイエローを選ぶなど、「ベースの3色のどれかと近いカラーを合わせる」ことを心掛けましょう。

こうすることで、ゴチャゴチャした印象を回避することができます!

「ハイブランド」で固めすぎ

一目でわかるようなハイブランドのお洋服・小物で全身をコーディネートすると、主張が強すぎる着こなしになってしまいます。

ロゴが控えめ・モノトーンなどシンプルなデザインのアイテムを選ぶなどして、見栄っ張りなコーデにならないよう気をつけてください。

度を越した「モテアイテム」

「透け素材」や「ボリュームスカート」など、いわゆるモテアイテムは、度を越したデザインを選んでしまうと、非モテファッションになります。

インナーが透けるトップスは女性からするとよく見かける定番服ですが、男性からすると「透けすぎ!」と思うようです。

どうしても着たい時は、デニムでカジュアルダウンさせるなど工夫をしましょう。

また、ボリュームスカートも、あまりにもボリューミーなものは「デカすぎ」と思われるようなので、少し控えめなデザインのものを選ぶとベターです。

女性の流行は、男性からすると理解できないものが多いことを忘れないでください。
なんでも「程良く」が大切です。
詰め込みすぎず、気合を入れすぎないファッションを心がけましょう!