彼氏と別れようか迷っている女の子へ♪後悔しないための方法とは

LOVE

この記事が気にかかっているということは、あなたは今の彼氏とうまくいっていないようですね。
別れるべきか、別れないべきか迷っているのではありませんか?そんな時にぜひ知っておいてほしい4つのことをお話しします。

「 あの時は幸せだった。だから別れられない… 」

別れるかわかれないか迷っているときに脳裏に浮かんでくるのは、幸せだった時間。

あの時は二人とも信頼し合っていて仲が良かったのに、今では何を話していいのかさえ分からなくなってきた。あの人の言動が不可解に感じるようになってきた。

いろいろ感じるところはあると思いますが、幸せだった時間を思い出すのはやめてみませんか?あの時は幸せだったのにといくら嘆いたとしても、その時間は帰ってきませんし、元に戻る確率も低め…。

もしも今別れたとして、復縁する運命ならば、必ずどこかで再会のチャンスが訪れます。

「 まだやってないことがたくさん。彼とするつもりだったのに… 」

「一緒にディズニー行きたかった」「クリスマスを過ごしたかった」「旅行に行きたかった」など彼とやり残したことを指折り数えるのは切なくなってしまいます。

いくら数えたとしても、それらを心から楽しむことは難しいのですから。

そうなるくらいなら、新しい彼氏を作って、幸せな思い出を増やしていくことに時間とお金を費やしたほうが幸せかも♡仮に、おひとりさまでクリスマスが来ちゃったとしても、冷めてしまった彼氏と過ごす理由はどこにもありませんよ☆

「 こうなったのは私のせい? 」

自分を責めてはいけません。

はっきりと、どちらが悪いと決められない場合、ついつい「私が悪いのかな」と思ってしまいがちですがこの場合はどちらが悪いわけでもありません。

もともと人間は、一生涯特定の人に同じだけの愛情を注ぎつつけることは無理なのです。

「ずっと愛してる」という言葉の中には、嫌いとはいかなくとも、愛情のレベルが入り混じっていることを覚えておいてください。あなたのせいではなく、お互いの愛情が覚める時が来ただけ。

それで「恋なんてもうしない」って思っちゃだめですよ!

「 どうしよう…まだ決められない 」

ここまで読んできて、やっぱり彼とは別れるべきだ。

よし、別れを告げよう。

…そう思い、彼に別れたいという気持ちを伝えたものの…彼は一生懸命別れたくないと言ってくる。(こんなにも思ってくれてたの?)そう感じて、揺らいでしまっていませんか?

それはお互い真剣に向き合うことができたから。そこで本気で別れたくない!と思うなら、様子を見てもいいでしょう。しかし、あなたの言い分がもっともな理由なら、それを押し切ってしまうほうがあなたのためかもしれませんよ。

「今更気づいても遅いのよ!こうなる前に改めるべきだったでしょ!」という気持ちで立ち向かいましょう!

別れるのはつらいし、大変です。
どうすれば気持ちよく別れられるかな…といっぱい悩むと思います。
でも本当にあなたが彼と別れたいなら遠慮はしなくてOK!
気を遣って付き合い続けるほうが、相手に失礼だしあなたが苦しい思いをしてしまいますよ。