デリケートゾーン「足の付け根」に黒ずみが……!原因と解消法とは

足の付け根の黒ずみは目立たない場所だけれど、実は悩みのタネ。
密かに悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

放っておくとますますひどくなることも……。
そこで黒ずみになるメカニズムや、なりにくい方法を知っておくと安心です。

夏になる前に黒ずみケアをスタートして、自慢のビキニラインにしませんか?
いざというときのために、足の付け根のデリケートゾーンをきれいにする耳より情報をまとめました。

目次

多くの女性が悩んでいる!足の付け根の黒ずみとは

できればきれいな足の付け根になりたいけれど、実際はそうではないのが悲しいところ。

足の付け根は、いわゆる股の部分。黒ずみだけでなく、ほかにもマイナス要因もあるなど、女性にとっては最もデリケートなゾーンですね。場所が場所なだけにまわりの人にも相談できず、1人で悩み続けていたのではないでしょうか?

もともとこの部分はほかの肌に比べて色素の多い場所。だから多かれ少なかれ黒ずみのあるのが普通なのですが、それでもみなさん悩んでいるようです……。

有名モデルの写真集などを見ると、自分の足の付け根がイヤになってしまいそうになるほどきれいですよね。

どんなことをしたら、モデルのようなピンク色のデリケートゾーンになれるのでしょう?

きれいな足の付け根になる方法が、実はあるのです!

まずは、足の付け根が黒くなる原因とメカニズムについて、少しだけ知っておきましょう。

足の付け根が黒ずみは何が原因?①ホルモンバランス

女性の体はとてもデリケートにできていて、女性ホルモンが体や心にいろいろな影響があります。

エストロゲンとプロゲステロンがきちんと分泌されないとニキビや肌荒れができたり、生理不順や更年期障害や不妊の原因になる可能性もあるなど、女性の体に大きく関係します。

そんな女性ホルモンですが、バランスが乱れると、足の付け根も黒ずむこともあるのです。

もし妊娠や出産時が原因なら時間とともに自然に元に戻りますが、生理不順が原因で起きる場合は大元の生理不順の原因を解決しなければなりません。

その場合は婦人科を受診し、体の不調を整えることからはじめた方が良いですね。

足の付け根が黒ずみは何が原因?②自己処理によるダメージ

よく起こりやすいのが、デリケートゾーンを自分でケアするときにできるダメージです。

シェーバーやカミソリなどで肌を刺激すると、防御反応によりメラニンを生成して黒ずみを作ってしまうこともあるのだそう。

黒ずみだけでなく「肌のごわつき」や「硬さ」を感じることがあったら、これは肌のターンオーバーで生まれ変わるはずの肌が残ってしまう「過角化」という現象で、角質層が分厚くなってしまっている状態のこと。

デリケートゾーンはほかの肌に比べて繊細にできていますので、むやみにカミソリなどで自己処理するといろいろなダメージを与えてしまうことがあるのです。

また、毛抜きで毛を引き抜いたときに毛穴に雑菌が入り込み、炎症を起こすことも。

足の付け根のケアをするときには、見えない部分だからとケアを怠らず、もし炎症を起こしたときにはきちんと皮膚科の受診を受けると、あとあと気になるような黒ずみにならないようにしてもらえますよ。

足の付け根が黒ずみは何が原因?③かぶれ・ムレ・炎症

足の付け根は普段は隠れているので、ムレやすくニキビやかぶれになりやすい場所でもあります。

ニキビ跡やナプキンかぶれなどは色素が沈着する原因になることが多いので、見つけたら早めに治すことが先決です。

治るまでの間は患部がかゆくなることもありますが、掻いてしまうと大きな傷になり色素沈着を引き起こすこともあるので、なるべく我慢しましょう。

もし炎症になってしまったら、傷を消毒せずに乾かさない「湿潤療法」が効果的だそうです。これは、乾かさないことで活発な細胞分裂をしやすくする方法で、今や家庭でできる治療法の常識となっている方法です。

「温順療法」は、食品用ラップに白ワセリンを塗り、それを患部に貼って対応します。

ガーゼなどで傷を覆ってしまうと、はがすときに痛みがあったりかさぶたが取れてしまったりのトラブルも。この湿潤療法ならそれらが起きないので、治るのも早いと言われています。

ぜひ、付け根に傷ができたら、こんな方法で治してみてくださいね。

足の付け根が黒ずみは何が原因?④下着や洋服の摩擦

日常的には着ている下着や洋服の摩擦があるのも、足の付け根です。

実は多くの黒ずみの原因が下着の締め付けにあるのではないか?という意見もよく聞かれるほど。

普通の下着にはゴムが使われており、その締め付けによって肌がこすれててしまう機会は常にあります。また歩いたり座ったりの動作でも、多かれ少なかれ付け根に刺激を与えてしまっているのです。

下着だけでなく、サイズの小さいジーンズを履くときにも注意が必要ですよ。

足の付け根の黒ずみを解消する方法①美白クリームやビキニライン専用のクリームを使う

こからは、実際にデリケートゾーンの黒ずみを白くしていくコツとおすすめについて紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

できてしまった黒ずみは、なかなか元には戻しにくものです。お肌の美白と同じように、時間を掛けて美白ケアをしていくことが肝心です。

敏感なデリケートゾーンなだけに、専用のホワイトニングクリームの使用がおすすめです。
中には市販の手荒れケアに使うクリームを代用する人もいるようですが、ニベアやオロナインH軟膏などでは黒ずみのケアはできにくいとのことですよ。

■Ibiza(イビザ) ホワイトニングクリーム
人気のイビザは、ブラジリアンワックスの専門店が開発したホワイトニングクリーム。美白効果のトラネキサム酸が配合されています。
うるおいもプラスしてくれる、うれしい効果もあるようです。比較的安価なのも人気の秘密です。

■グリム 白肌60秒マジック プレミアム
白くしたい部分にパックしていくタイプの美白クリームです。ユーザーの「白くなるのがわかる」という口コミもあり、ビキニラインの黒ずみにも効果がありそう。

■ホワイトヴェール ディープクリアジェル
こちらも人気のホワイトジェル。ジェルだからベタベタしないで使えるのが高評価。口コミによると、2度塗りが効果があるとのこと。

お肌に合わない場合もあるので、使用前にパッチテストをするとより安心です。
また、トラネキサム酸にも多少の副作用もあるようです。もし体の異変を感じたら、すぐに主治医に相談することをおすすめします。
白くなったかどうかはユーザーそれぞれの感じ方によることは、あらかじめご承知おきくださいね。

足の付け根の黒ずみを解消する方法②ターンオーバーを促す食生活

外から美白にするだけでなく、体の内側から細胞レベルで肌の生まれ変わり効果を上げるのには、食物から変えていく方法が効果的ですよ。

肌は食物の栄養素によって作られます。肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促してくれる食物をバランスよく食べて、健康的な新しい肌の細胞を作り上げることが必要です。

肌のトラブルや傷ができても新しい細胞ができたときに古い細胞としてはがれ落ちていくので、肌の活性化をより促す食物を摂取することを心掛けましょう。

ターンオーバーの最適な周期は、28日くらいが目安です。肌の細胞の生まれ変わりを促してくれる栄養素と含まれる食物を以下にまとめました。

■ビタミンA
肌のターンオーバーを促進する栄養素。
・アンコウの肝(キモ)
・レバー
・うなぎ、等

■ビタミンB群
ビタミンB群にはB1~B12など、いろいろな種類がありますが、それぞれが助け合いながら細胞や粘膜の健康維持などのために働いています。
・レバー(牛・豚・鶏)
・魚類(マグロ・カツオ・うなぎ等)
・納豆
・牛乳、等

■ビタミンC
美肌を作る栄養素で、抗酸化作用によりアンチエイジング効果と、体のサビを取ってくれる働きがあると言われています。
・アセロラジュース
・赤ピーマン
・ケール、等

■ビタミンE
こちらお美肌やアンチエイジング効果がある栄養素。
・アンコウの肝(キモ)
・すじこ
・魚類(イワシ・うなぎ・イワシ等)
・煎茶、等

■亜鉛
細胞の新陳代謝の促進作用のある栄養素です。皮膚の粘膜の健康維持に努めてくれます。
・生ガキ
・レバー(豚、鶏)
・牛肉、
・卵黄、等

■葉酸
肌の健康維持や免疫力を高めてくれます。
・レバー(牛・豚・鶏)
・うなぎ
・モロヘイヤ
・卵黄、等

■たんぱく質
肌を作る材料になる栄養素。低下すると体の機能低下につながることも。
・肉類全般
・魚類全般(特に、イワシの丸干し・いくら・すじこ等)

これらの食物を取り入れたメニューを作り、肌の新陳代謝を心掛けましょう。

足の付け根の黒ずみを解消する方法③優しく洗って保湿ケア

何をするにしても、清潔がまず基本!それぞれの黒ずみケアをする前に、黒ずみのあるデリケートゾーンの汚れを落としておきたいですね。

ただ肌を刺激しすぎることが黒ずみの原因になってしまう可能性もあるので、力を入れすぎず優しく洗うことが大切です。泡を立ててポイントに置いてみるだけでも、十分汚れが落ちてきれいになるようです。

デリケートゾーンを洗うのにおすすめなのは、ジャムウソープ。フワッとしたやわらかい泡とローズとイランイランンの甘い香りで有名なので、ご存じの方はいらっしゃるかもしれません。

デリケートゾーンの気になる匂いにも対応できる豊かな香りと泡立ちが人気ですが、中には肌に合わない方がいらっしゃる場合もあります。もし合わない場合は使用を中止しましょう。

足の付け根の黒ずみを解消する方法④素材にこだわった下着選び

前述したように、肌は刺激を受けると防衛反応で色素沈着を起こすことがあり、足の付け根は摩擦が起きやすい場所でもあります。だから、できるだけゆったりとして締め付けが少ない下着を選ぶことが大切。

肌ざわりが良いオーガニックコットンやシルクなどの天然素材がベターで、さらに黒ずみケアを考えるなら下着を履かないのがベストなのです。

でも「さすがにノーパンでは心配だ」というのであれば、できるだけ天然素材の優しい生地の下着を選ぶと良いですよ。

たとえば、綿や麻などのオーガニック素材やツルツルで軽やかな肌座ありのシルクなどは、肌にも優しいですし、摩擦を防いでくれます。

足の付け根の黒ずみを解消する方法⑤病院や美容外科クリニックに相談する

いろいろな工夫やケアをしても、まだ理想のデリケートゾーンに近づけないとお悩みであれば、最終的には専門の医療機関などを受診するのがベストな方法です。

やはり肌の専門家ですから、できるだけの治療やケアをしてもらえるので、きっと理想の肌を取り戻すアシストをしてくれますよ。
足の付け根の黒ずみの悩みを解決するおすすめも専門クリニックは、以下にご紹介します。

■南青山スキンクリニック
一般皮膚科や美容皮膚科としてだけでなく、メディカルケアの側面からも女性の美しさをアシストしてくれるクリニック。働く女性にもとても通いやすいのが特徴です。土日だけでなく祝日も診療してくれるので、アクティブな女性にもピッタリです。


■ノエル銀座クリニック
有楽町駅から徒歩2分の好立地にあるクリニック。国内で2名のみの美容外科指導医に選ばれているので、とても信頼できるクリニックと評判です。1人1人の悩みに寄り添うオーダーメイド仕様のカスタム治療は、女性にとって安心の象徴です。無料の予約カウンセリングからはじめてみましょう。

まずは、それぞれのクリニックでカウンセリングをするなど、実際に施術を受ける前に納得をしてからはじめることがおすすめです。モニター募集に応募してみるのも良い方法です。
長い間悩み続けた足の付け根の黒ずみがスッキリときれいになると良いですね。
女性の多くが悩んでいる足の付け根の黒ずみ部分ができる原因は、日常のいろいろなことである程度防げます。

もともと敏感でデリケートな部分。ほかの肌に比べて色素が黒いので、実は多少はみんな悩んでいたのです。
肌に良い栄養素やデリケートゾーンにおすすめの美白クリーム、石けん、そして下着などを変えただけでもかなり黒ずみになりにくい工夫ができるそうです。早速、ご紹介した方法を試してみてくださいね♪

付け根 黒ずみ ビキニライン Vライン デリケートゾーン 色素 美容外科 クリニック 美白 美白クリーム

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

松下*まさよ

湘南からbeautiful lifeの小わざをお届けします♡
web designer/writer/movie creator/illustrator<…

>もっとみる