元気をもらえる!人気漫画『天使なんかじゃない』をご紹介

LIFESTYLE

“天ない”として知られる矢沢あいによる人気少女漫画『天使なんかじゃない』。
青春時代の友情や恋愛をギュッと詰め込んだピュアなストーリーに心打たれた人は数知れず……そんな“天ない”ワールドの魅力について改めてご紹介します。

人気少女漫画『天使なんかじゃない』とは?

引用:www.amazon.co.jp

『天使なんかじゃない』は20年以上前の作品ながら、今でも多くの読者を魅了する人気の少女漫画です。
創立されたばかりの学園の第一期生である冴島翠を主人公としたストーリー。

リーゼント頭の須藤晃、マジメで実は不器用な性格の麻宮裕子、学年一のモテ男・瀧川秀一、人のいいラガーマンである河野文太などの生徒会メンバーとともに繰り広げる高校生活。
キラキラとまぶしくてつい惹きこまれます。

『天使なんかじゃない』は、少女漫画史に残る名作の青春ストーリーといえます♡

人気少女漫画『天使なんかじゃない』の魅力①▷ピュアでまっすぐなヒロインが魅力♪

引用:hachi-nana.forumactif.com

人気漫画『天使なんかじゃない』の主人公冴島翠は、「こんな女の子いるわけない!」と思わずひがんじゃうほど、いつも笑顔で明るくてピュアな女の子♡

その破壊力のある天使っぷりと清らかな涙で、ちょっとカゲのあるキャラの重たい事情も浄化されていきます。

翠が生徒会長をしている高校なら、ぜひ入学してみたいと思う読者も多かったのでは?

人気少女漫画『天使なんかじゃない』の魅力②▷翠と晃の恋の行方が最大の見どころ

引用:www.amazon.co.jp

あたたかい家庭で何不自由なく育った冴島翠に対して、両親の離婚から学費以外はバイトで稼ぐ苦学生でもある須藤晃。
この2人の恋が人気漫画『天使なんかじゃない』の最大の見どころです。

ぶっきらぼうな態度に見え隠れする晃の優しさに惹かれる翠ですが、晃があこがれるのは兄の恋人でもある美術教師のマキちゃん。

フクザツな家庭環境もあって、3歩進んでは2歩さがるような2人の関係には思わずヤキモキしてしまうはず。

人気少女漫画『天使なんかじゃない』の魅力③▷熱い友情と名言に涙……!

引用:ribon60th.com

そして恋愛だけに終わらないのが人気漫画『天使なんかじゃない』の魅力。

生徒会メンバーを中心に熱い友情ストーリーが展開するのですが、中でも、当初はとっつきにくいクールな優等生だった“マミリン”こと麻宮裕子と翠のやりとりには感動。

「あんたがあたしを嫌いでもあたしは好きよマミリン!」
「あたしは冴島翠みたいになりたい」
といった名言は、涙ナシでは読めません…!

人気漫画『天使なんかじゃない』をご紹介しましたがいかがでしたか?
ラブストーリーとしても青春モノとしても秀逸な『天使なんかじゃない』は、名言や名場面がちりばめられた不朽の名作です。
まだ読んだことがない人はぜひお試しあれ♪