リアクション女王・こじるりに学ぶ!男女から好かれるテク♡

LIFESTYLE

「こじるり」こと小島瑠璃子ちゃんはテレビや雑誌でひっぱりだこの大人気タレント♪
こじるりちゃんはテレビのワイプの女王としても知られていて、彼女のリアクションは人に好かれる秘訣が隠されています!
今回はそんなこじるりのリアクションから学ぶ、人に好かれるリアクションを教えます。

こじるりに学ぶ!リアクションテク① 手を使う

こじるりのリアクションの一つの特徴は手を使うこと。
笑う時、驚くとき、ショックな時…こじるりは手を使っています。

例えば、びっくりした時、手を口元に持っていって「えー!」と手を使って驚き感を表現。
また笑う時は手を叩いて「あはは」と笑うのも一つのポイント。

手を使うことで自分の感情表現をあらわにできるのでとても重要な方法です♪

こじるりに学ぶ!リアクションテク② 目で表現する

次に重要なポイントが目。いくら手を使って自分の感情を表現しても目がそれについていなかったら相手にすぐに嘘だなとバレてしまいます。

こじるりは持ち前のキラキラした目を利用して、リアクションをするときに目も大きく動かしています。

驚いたときは思いっきり大きく開き、悲しいときは目で悲しさを表現、笑う時は自然に笑う目になったり…やっぱりコミュニケーションを交わす中で目を使うことはとても重要なので、こじるりの目使いを一度テレビで見てみてください♪

こじるりに学ぶ!リアクションテク③ おおげさに反応する

やっぱり相手は自分の言ったことに大きく反応してくれるとハッピーになるものなのです。
反応が薄いと「あれ…面白くなかったのかな」「私の話がつまらないのかも…」と思わせてしまします。
実際、こういうのは相手に気を使っている感じがしますが、でも相手を不快にさせるよりは自分の反応で相手を楽しくさせるほうがもっと良いですよね♪

こじるりがワイプの女王と呼ばれるのはやっぱり他人より反応が大きいから。
誰が見てもこじるりの大きなリアクションには不快に感じないし、見習いたいところ♪

「え〜!?」「そうなんだ〜!」「マジで〜!」など普段よく使う反応言葉をおおげさに言うと良いコミュニケーションにつながりますよ♡

こじるりに学ぶ!リアクションテク④ 声のトーンをあげる

こじるりのリアクションが上手と思われる秘訣の一つにあるのがトーンの高い声。
普通の声で話すのではなくトーンに抑揚をつけてリアクションをとっていつのが特徴。

驚くところは高いトーン、笑う時も高いトーンで声を出すと、動作のリアクションにプラスされていい反応ができます♪

抑揚がなければ感情があらわになっていないと相手に思われてしまうのでやっぱち声の張り、トーンは重要です!

リアクション女王のこじるりの真似をすればあなたもコミュニケーションをよく取れる秘訣を学べること間違い無し!
本当に相手を不快にさせないこじるりのリアクション。今度テレビでチェックしてみてくだい!
誰かと話すときに重要なポイントをつかめるはずです♪