デートで1円たりとも出さない「おごられ上手」な女のマル秘テク♡

LOVE

男性とのデートでのご飯「おごってほしいな♡」というのが女性の本音。
でも、なかなか男性におごってもらえる機会に巡り合えていない女性はいませんか?

そんなあなたは、「おごられ下手」なのかもしれません。
明日からこの4つを実践して、早速「おごられ上手」な女性になってみましょう!

おごられ上手な女のマル秘テク① 「こんなお店はじめて」

男性とのデートの際におごってもらうためには、お店に入った瞬間からが勝負です。

連れて行ってもらったお店に対して「え……ここ!?」なんて思ってしまった時、それを言葉や態度に出してしまっていませんか?

もしその男性がチョイスしたお店が微妙であっても、もしくは一度来たことがあっても、「はじめて」「すごーい♡」というセリフで盛り上げることが大切!

こうしたセリフがあることで、男は気が大きくなるものです。

おごられ上手な女のマル秘テク② 「こんな楽しいの、いつぶりかな?」

どうして男性は、女性に対して「おごりたい」という気持ちになるのでしょうか。

見栄を張りたい、なんていう男性もいるかもしれませんが、大半の人は「楽しい」と感じる時間を過ごせたからおごってくれるはず。

“あなたといたから”楽しい、そして素敵な時間を過ごせた、という気持ちを相手に伝えることが大切です。

これを素直に伝えることで、男性も「連れてきてよかった」という気分になるはず♡
そんな素直な気持ちを聞ければ、男性はきっと上機嫌になってくれますよ♪

おごられ上手な女のマル秘テク③ 食後は、お手洗いに行くこと!

食後、お手洗いに立つということは、「この時間に払っておいてね」というヒントでもあります。

今までおごってもらう機会に恵まれなかった人の場合、男性がお会計のタイミングを逃していた、というケースもありえます。

食後にお手洗いに立つことで、男性にお金を払ってもらうタイミングを与えてあげましょう♡

おごられ上手な女のマル秘テク④ 「少しだけ出させて?」

最後にご紹介するのは、男性がお会計を済ませた後のシーンで効果的なセリフ♡

「少しだけ出させて」というセリフは、あくまでおごってもらう前提なのですが、これを言うのと言わないのでは、印象が全然変わってくるのです。

このセリフを聞いて、「わかった」なんてすんなり言う男性はほとんどいないはず!

「いいよ、それくらい俺に出させてよ」と言ってくれる、器の大きい男性が良いですよね♪

いかがでしたか?
どれもほんの少しのテクニックなのですが、これを実践するかしないかでは、おごってもらえる確率が大きく変わってきます。
あくまで男性に「あの子とご飯に行かれて、楽しかったな!」と思ってもらえるようなセリフ&行動がポイントですよ♡