寝起きを悪くする?目覚ましのスヌーズ機能に頼らない方がいい理由

LIFESTYLE

朝が弱い人ほど使っている目覚まし時計の「スヌーズ機能」。
起きられるか心配、目覚まし時計一つじゃ心もとないというときに、保険のためにスヌーズ機能を使いがち。
しかし実は、朝気持ちよく目覚めるためには、スヌーズ機能を使わない方がいいこともあるんだとか!
今回は、目覚まし時計のスヌーズ機能に頼らない方がいい理由をご紹介します。

川島ゆい
川島ゆい
2021.05.17

目覚まし時計で使いがちなスヌーズ機能

目覚まし時計のスヌーズ機能とは、設定した時刻にアラームがなり「停止」をしないと数分置きに再度アラームがなる機能です。

スマホのアラームなどにも搭載されている機能なので使っている人も多いのでは?

でもなぜか、スヌーズ機能を使うと、朝の寝起きが悪い……と感じたことありませんか?

目覚まし時計でスヌーズ機能に頼らない方がいい理由①二度寝を自分に許してしまう

目覚まし時計のスヌーズ機能が寝覚めを悪くする理由は幾つかありますが、その中でも大きいのが、目覚まし時計がなってもすぐに起きず「スヌーズ」をしてしまうこと。
朝から「一発で起きられなかった」という敗北感を潜在的に感じてしまいます……。

一日を気分よくスタートさせたいのに、スヌーズ機能でだらだらと寝て起きてを繰り返せば、寝覚めが悪くなるのは当然です。

何度も目覚まし時計に起こされて、不機嫌な気分で目覚めるよりも自分の意思でスヌーズに打ち勝てるように頑張りましょう。

目覚まし時計でスヌーズ機能に頼らない方がいい理由②寝覚めが悪くなる

さらに、科学的にもスヌーズ機能が寝覚めに悪いというのは、研究により明らかになっています。

朝起きる際の脳は、睡眠によりたっぷりと休息を取った後の状態です。
でも、目覚まし時計で1度目が覚めてからもう一度数分間の眠りにつくと、脳がまた睡眠サイクルをスタートさせてしまうんです。

眠りに落ちてすぐのタイミングは、寝覚めにもっともよくないタイミングの一つ。
そのため何度もスヌーズを使ってしまい、ついつい寝過ごしてしまい、頑張って起きたとしても頭がぼーっとしてしまう結果になってしまうのです。

目覚まし時計のスヌーズ機能を上手に使ってすっきり目覚めるには?

スヌーズ機能を上手に活用するための方法はいくつかありますが、気軽にチャレンジできるのが、ゆっくりと起こしてくれるアラームや照明の機能を活用すること。

徐々に音が大きくなる目覚まし時計を使ったり、少しずつ部屋を明るくしてくれるベッドサイドランプを活用したりしてみましょう♪

また、眠る前に「自分に必要な睡眠時間は◯時間で十分」と言い聞かせてから眠ると、朝起きたときに、満足感が高まるのだとか。
自己暗示は、睡眠においてもとっても効果的なんですね!

ダラダラ睡眠は、脳にも心にもよくないもの。
すっきりと目覚められれば、一日を元気に過ごせそうですよね♡
だからこそ、目覚まし時計のスヌーズ機能を使わない方法を身につけましょう♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。