「働きながら女子力を高めたい♡」職場選びのポイント!

LIFESTYLE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第19弾】
就活中や転職を考えている、もしくは、自分のやりたい事がなかなかわからない女性は多いのではないでしょうか?

私もそうでした。何が本当にやりたい事なのかわからないからとりあえずの直感に従って職業選択をしてきましたし、今でも、手探りで仕事をします。

「やりたい事」の分野は特定されていなかったけれど、この一点だけは、明確に目標がありました。

『働きながら女性としても、仕事人としても、成長していきたい!』

これをみて「私もそうだ!」とピンときたなら、今から書く、職場選びのポイントが参考になるかもしれません。

1.社長さんがかっこいい会社に入社する!

「そんな理由でいいの?」って感じですが、実はこれは、めちゃめちゃ本質的なことです。私は社長さんのカウンセラーをお仕事で担当することもあるんですが、成功している会社の社長さん達は、みんな、かっこいいんですね。顔がかっこいいとかファッションセンスがあると言ってるわけではありません。人間の雄として、みなぎる「パワー」があり「生き方」がかっこいいのです。

女性なら本能で分かると思います。会社の説明会などで社長さんに直接会う機会があれば、社長さんの雄としてのパワーを感じるかどうか、確認してみて下さい。なぜなら、社長のパワーが、会社の器、そのものだからです。

私の経験則ですが、パワーを感じない社長さんの会社はだいたいうまくいかないのでやめたほうがいいです。いつも付き合う男性を選ぶ時は、雄としてのパワーとフェロモンをみるようにしています。
「やっぱりね!」って感じで、付き合う人達は、どんどん、成功します。選挙で投票する時も、政策なんて気にしたことはありません。フェロモンが一番いい人に投票します。

社長さんにもタイプがあります。破天荒なのに何故か人がついてくる社長。目立つほうじゃないけど奥に秘めている情熱が強い社長。なんでもマルチにこなせる才能をもった社長。夢を語らせたら世界一の社長。人を育てることに長けている社長など。

どのタイプの社長さんを選ぶかは、貴女次第ですが、「学び」に最も必要なのは「憧れ」だと私は考えています。尊敬して憧れるからこそ、もっと知りたい!学びたい!仕事ができるようになりたい!と、仕事に対して前向きな考え方が形成されていくのです。

それに、憧れの人を通してなら何でも積極的に吸収できるはずです。その姿勢が大人の女性に急成長する秘訣です。

2.学びが終わったら転職!

20代の頃は、自分がいかに先輩から吸収するかだけを考えていればいいと思います。20代でちゃんといいものを吸収するから、30代40代以降で、還元できるんですね〜。

仕事を極めようと思ったら、自分が社会に提供するサービスの「量と質」を極めることです。その為には、常に自分自身を磨き、見直し、新しい分野の挑戦と学びをしていくことなのです。

「1つの会社にずっと長く働いた人がエライ」という古い価値観がありますが、これは、人間の才能が花開くのを妨げる価値観だと思っています。
全ての人に潜在能力があります。現在の自分では気づかない、眠っている才能です。この才能を呼び覚ますには、外部からの刺激が必要なんです。新しい情報と刺激にいっぱい触れると徐々に開花していきます。

ですから、転職のタイミングは、今いる職場に新鮮さがなくなった時でいいと思います。次から次へと新しい刺激に触れられるのであれば、転職する必要はありません。

3.学んできた要素を混ぜ合わせると自分だけが提供出来る「価値」になる!

仕事人としても女性としても存在が極まっていくと「オンリーワン」になってきます。オンリーワンとは、唯一無二であるということ。他に替わりができる人がいないということです。

今現在、取り組んでいることが将来どう活かせるかなんて分からなくても、興味の向くまま突き進んで片っ端から学びつづけると、不思議ですが、学んできたものが結びついて、1つの価値になる時がやってきます。

私の場合ですが、10代の頃は芸能界にいて、エステティシャンに転向して、アロマやタイ古式マッサージのセラピスト、心理カウンセリング、恋愛にも没頭してきたし、最近では、毎朝、女性達に瞑想を教えています。自分でもこんな展開になるとは想像もしていなかったし意味不明です。

このバックグラウンドがあるだけで「そんなヤツには出会ったことがない」とよく言われます。ということは、もう既に、オンリーワンなのです。

料理に例えるとわかりやすいかもしれません。

料理を作る時は、材料となる肉や野菜や調味料が必要です。混ぜ合わせてやっと「料理」が完成します。まだあなたの料理が完成していないのなら、今はきっと、材料と調味料集めの時期なのです。

諦めさえしなければ、いつか必ず、料理は完成します。

次回、斎藤美海さんの恋愛コラム記事【第20弾】は、5/24(水)21時配信予定!

↓斎藤美海さんの恋愛コラム【第1〜18弾】はこちら!

30歳以降もモテ続けるために、20代女子がすべきこと♡【準備編】

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第12弾】 20代前半女子からリクエストがあったので、このコラムを書いています。「20代をどうやって過ごせばいいのか分からないからコレをやっておいたらいいよっていうのがあれば読みたい〜!」とのこと……。 一般的には、20代前半で就職するまでは、みなさんには「先生」や「親」がいますよね。社会人になるといきなりその大きな存在がいなくなり、自由になるのです。それから、20代後半までは割と悠々自適で、誰かに何かを言われることは減りますが、27歳ぐらいから30歳ぐらいにかけて急にまた「結婚は?」「大丈夫なの?」と親や周りの大人達が登場してきます。・°°・(>_<)・°°・。 私の知っている30歳以降もモテ続けている女性は、自分の意思をもっている「ブレない女性」です。周囲と調和するコミュニケーション能力も高いですが、根本の性格は周りに流されません。自分の人生は自分のタイミングで決めています。芯があり強くて魅力的……そんな女性は何歳になっても人を惹きつけるものです。 今回のコラムは、30歳になった未来の貴女が「芯がある女性ですね〜」と言われ、歳を重ねるたびに右肩上がりでモテまくる人生を想定して書いています(^_-) 「準備編」では、20代でしておきたい3つの自己投資について。「出会い編」では、貴女が20代のうちにどんなタイプの友人を持ち、どんなタイプの男性と恋愛をしたら、30歳以降も美しくいられるのか、ということを、詳しく書いていきます♡最後までぜひお付き合いください\(^o^)/

「彼は私に遊びなの?本気なの!?」アプローチの仕方からチャラ男を見抜く簡単な方法★★

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第14弾】 アプローチをされる際、男性の想いがどれだけ本気なのか、というところは、出会いの多い女性の関心事かと思います。経験がある方は分かるかと思いますが、なかには「君に本気だよ」という演技をした「やりたい君」が含まれているからです!(涙) 男性と一晩を過ごして連絡が来なくなってしまった経験がある女性はいますか....?あるとするなら彼はきっと「やりたい君」だったのでしょう。「やりたい君」の行動心理はどこまでいってもシンプル!「ただやりたい」のです。 「好きな女性を大切にしたい」とかではないのです。はっきり言ってしまいますが、彼らは、やりたい時に呼び出してカラダを提供してくれる便利な女性をいつも探しています!! 私は出会いの多い生活をしてきたので「本気君」にも「やりたい君」にも、かなりの人数に出会ってきました。もちろん今でも両方の人に出会いますが、惑わされることはありません。なぜなら出会いの数を多くこなしているので勘がはたらくようになり、1秒未満で、「本気君」「やりたい君」を、仕分ける能力が育ったからです(^o^) 仕分けができると何がいいかというとまず、自分の身を守れますし、無駄な時間と労力をとられずに済みます。 今回は、「アプローチしてきた彼が本気君なのかやりたい君なのかを簡単に見抜く4つのチェックリスト」を作成しましたので、ぜひみなさんも、これを活用しながら「仕分けの名人」になって頂けたらと思います♡♡♡

お酒の飲み方でわかる!一流いいオトコを見抜くには?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第18弾】 今回はちょっとオトナ向けの恋愛コラムです。 男と女が夜の時間帯に食事デートを済ませて2人で二軒目のBARにお酒を飲みに行くシーンを想定しています…… 彼の話によるとどうやらこのBARは彼がよく使っているお店らしいのです。2人が座るのは個室でもソファー席でもなくカウンター席です。2人は横並びで腰掛け、目の前ではマスターがお酒を作ってくれています。彼は今夜、アナタを口説く気満々。ですが、アナタの心境といえば少々複雑です。「彼は本当に私を大切にしてくれるいい男なのかしら?」と不安に思っているからです……。 この状況はオトナの恋愛あるあるパターンなのでは?と思います。女性側からしたら、できれば、口説かれる前に彼がいいオトコなのかどうかを知っておきたいですよね。知っておけば、複雑な不安を安心にかえることができます。 オトナのデキる女からみた一流にいいオトコはだいたい、人間的にもシゴトでも一流であるケースが多いと思います。仕事で揉まれて挑戦している男性は年々洗練されていきます。こういった男性を見抜き恋愛相手に選ぶと、向上心がある女性にとっては最高の恋愛、そして、最高のパートナーとなるのです。 いったい、一流のいいオトコはどんなお酒の飲み方をしているのでしょうか?一流のいいオトコは行きつけのBARでどんな振る舞いをして、空気をつくっているのか? リアルな話をここに書いていきますので、オトナ女性のみなさんの「いいオトコ選び」の参考にしていただければいいなと思います。