いまからでも大丈夫♡「透明感のある女の子」になるためには?

BEAUTY

いつの時代でも、結局最強にモテるのは“透明感のある女の子”ですよね♡
透明感は生まれ持ったものではなく、いまからでも兼ね備えられるものなのです!

そもそも透明感って?

透明感のある芸能人といえば、有村架純(ありむらかすみ)さんや橋本環奈(はしもとかんな)さん、乃木坂46の白石麻衣(しらいしまい)さん。

透明感とは、色白な人や色素が薄い人だと思われがちですが、実は肌の色よりも「キメの整った肌質」が重要だと知っていましたか?
いくら肌が白くても、荒れていたら透明感があるとは言えないですよね。

透明感を出すために必要な3要素は、「清潔感・品の良さ・肌の綺麗さ」です。

また、心や体の内面から綺麗になることを心掛けると、自ずと外面にも透明感が表れてきます♡

メイク♡彩度を下げて明度を上げる

透明感を出すメイクは、できるだけ色の彩度を下げ、“人工的要素”を排除することがポイントです。

①下地
下地の色はブルーを選んで透明感を出しましょう。
もともと色白の方はブルーだと血色が悪く見えてしまうため、ラベンダー(ブルー+ピンク)の下地が◎

コントロールカラーを使う場合は、くすみが気になる部分に指でポンポンと塗っていきます。

②ファンデーション
透明感を出すためにはリキッドかクッションタイプのファンデがオススメ。
色は「肌よりワントーン明るい色」をチョイスしましょう♡

③フェイスパウダー
仕上げは「パール感」のあるルースパウダーで透明感とツヤ感をプラス♪
最後はブラシで余分なお粉を落とします。

④チーク
透明感メイクで重要なのは、チークの色具合。
できるだけ色を抑えながらも、ふんわり自然な血色をだせる、薄めの青みピンクを選びましょう♡

⑤リップ
濃い色はできるだけ避け、ツヤのあるシアーカラーをチョイス。
リップのカラー次第で肌がくすんで見えるため、しっかり自分に似合う色を選んでくださいね♡

⑥ハイライト
ハイライトを入れるのは「鼻筋・目の下の三角地帯・Cゾーン・アゴ」の4点。
顔の明度を上げることで立体感と透明感が出ます♪

ヘア♡外国人のような透け感のあるカラー

肌と並んで、透明感や清潔感が表れるのは、髪の毛。

明るすぎるカラーやダメージで傷みまくった髪の毛は禁物です!

透明感を出すためには、ラベンダーをプラスしたアッシュやグレージュがオススメ♡
髪の毛を綺麗に見せてくれるカラーで、後ろ姿も清楚美人に見えます♪

大敵は肌荒れと日焼け

透明感にとって一番の大敵は、肌荒れと日焼けですよね。

特にこれからの時期、日焼け対策は気合いを入れてしっかりとやっていきたいものです。

①日焼け止めを、欠かさずこまめに塗る
②ビタミンCを積極的に摂る(時間帯はできるだけ夜)
③肌の水分量を上げる
④美白化粧品・アイテムを活用する

この4点を毎日しっかりと意識すれば、肌もワントーンアップしていきます♡

“透明感”は、可愛くなりたい女の子にとって永遠のテーマですよね。
いまから透明感を手に入れられるテクをぜひ、実践してみてください♡