疲れたら距離を置いてみよう♪友達と上手に付き合う方法4つ

LIFESTYLE

楽しいことや辛いこと、いろんなことを共有できる友達ってすごく大切ですよね。
けれど、たまに煩わしく感じたり、どう付き合ったらいいか分からなくなる……なんてこともあるはず。
そんな時には、適度に距離を置いて付き合うことが正解。友達との上手な付き合い方をレクチャーします!

友達と上手に付き合う方法① 境遇の違いに胸を痛めない

友達と話をしていて気持ちがざわつく時……相手の境遇と自分の境遇を比較して羨んだり、傷ついたりはしていませんか?

「素敵な旦那さんを持って、裕福な暮らしをしていて羨ましい」「入社した会社がホワイト企業で楽しそうでいいな」なんて、自分の境遇と比較して落ち込んでしまうこともありますよね。

「自分は自分」と思っていても、隣の芝生は青く見えるものです。
自分自身の身の回りの幸せに気付くことが大切!今ある幸せを見過ごさずに数えてみましょうね♪

友達と上手に付き合う方法②感情移入しすぎない

仲良しの友達に辛いことがあったりすると、自分の心まで痛くなってしまって友達と同じくらい落ち込んでしまうこと、ありますよね……。

友達の気持ちを共感してあげることは、とても大切なことです。
その共感力はきっと友達の救いになっているはず。

しかし、感情移入しすぎてあなたまで落胆し、何も手に付かない状態になることは、あなたにとっても友達にとっても良くないこと。
あくまで客観的に、友達として側で支えてあげられるようにすることが大切です!

友達と上手に付き合う方法③追いつこうとしない

一歩先を行く友達と話をしていると、「すごいな」という尊敬の念とともに、「自分も頑張ろう!」と奮い立たされますよね。

前向きなエネルギーに変わる刺激はとても大切ですが、それが過ぎると「もっと頑張らなきゃ」「なんで自分はできないんだろう」と、自分を追い込むことにもなりかねません。

良い刺激は受けつつ「自分は自分」と、きちんと自分のペースも守ることが大切です!

友達と上手に付き合う方法④疲れたら距離を置こう

どんなに仲の良い友達だとしても、ずっと一緒にいると疲れてしまうこともありますよね。

特に相手に気を使うタイプの方は、相手に合わせて距離を上手く置くことが苦手になりがち。

「疲れたな……」と思った時には、さりげなく距離を置いて、自分の時間を持つことも友達関係を良好に保つためには必要なことですよ♪

いかがでしたか?
上手に距離感を保って、友達関係に悩むことなく、楽しく友達との時間を楽しみましょうね♡