人生のやり直しはできる!不安を解消する10年ライフプランとは?

LIFESTYLE

時々、将来について不安になることもありますよね。
そんな方におすすめな、10年スパンで考える将来を見据えた生き方のコツをご紹介します♪
10年ごとに区切って考えるのがポイントです。

Mio Tsuchiya
Mio Tsuchiya
2016.09.15

将来を見据えた生き方が出来る10年ライフプラン①10年前の自分が考える現在の自分

例えば、現在25歳の方なら、自分が15歳の時、25歳の自分をどういう人になっているのだろうと考えていましたか?

結婚しているはずだとか、何の仕事をしているか、どこに住んでいるか、どんな暮らしをしているかなど、当時想像していた自分を振り返って考えてみましょう♪

そして現在、どの程度その理想を達成しているか確認してみましょう。想像していたことと全く違うことが起きていたり、あるいは、あまり具体的なことは想像していなかったかもしれません。

このように、実際は目先のことばかりに気を取られていて、リアルに10年後を想像することはとても難しかったのではないでしょうか。

将来を見据えた生き方が出来る10年ライフプラン②10年後の周りの環境を想像する

10年後の自分がどうなっているかを考える前に、10年後の社会や自分の身の周りを想像してみましょう♪

考える上での手掛かりとなりますよ。10年~20年後に、人間がやっている仕事の約半分がコンピュータに代わってしまうと言われていますよね。

また、両親や兄弟、パートナーがどうなっているかも、自分の将来に関係していきます。

将来を見据えた生き方が出来る10年ライフプラン③10年後の自分を考えてみる

10年後の周りの環境を考えた後に、10年後の自分を想像してみましょう♪

できるだけ具体的に、どんな仕事をしていて、結婚しているか、こどもはいるか、どんな所に暮らしているかなどを想像してみましょう。

自分の10年後について考えることで、目標や今やらなくてはいけないことが見えてきます。

将来を見据えた生き方が出来る10年ライフプラン④将来なりたい像とそれを実現する方法を考える

30歳、40歳、50歳……と10年ごとに、将来なりたい人物像や夢を書き出してみてください。
なりたい像が決まれば、あとは、それを実現するためにやるべきことを書き出してみましょう。

明確な目標が決まれば、行動しやすいはずです♪

10年から考えて、1年ごと、1ヶ月ごとと小さな目標に落とし込みます。10年ごとのライフプランを立てることで、主体的に将来を見据えて生きることにつながりますよ。

いかがでしたか?
将来を見据えた、10年ライフプランについてご紹介しました。
プランを立てて、一つずつ着実に歳を重ねていけたら最高ですよね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。