〇〇を重ねるのが旬♡春の定番ボーダー、今年はどう着こなす?

Cover image: weheartit.com

春になるとボーダーのアイテムがたくさん発売され、ついつい着たくなっちゃいますよね!

カジュアルコーデにぴったりなボーダーのアイテムは、どんなコーディネートにも合わせやすいのが魅力♡

今回はそんなボーダーのアイテムと、今年らしい着こなし方についてご紹介します!

【2017年春のボーダーコーデ】アクセントをプラスして着こなす♡

今年ぜひ挑戦してみてほしいのが、ボーダーのアイテムに何かをプラスして着こなす方法!

こちらは、ブラウスの襟がのぞくようにレイヤードしているんです♪
また、サスペンダーも使うことによって、ボーダーのトップスをそのまま着ていないのがおしゃれポイント。

たくさんレイヤードするのが今年はトレンドなので、ボーダーのトップスにも他のアイテムをプラスして着こなしてみてほしいです♡
こちらはニットのスリットからボーダーのトップスをチラ見せさせた、技アリなコーディネート!

一見シンプルなコーディネートですが、ボーダーのインナーがあるだけで、ぐっとおしゃれな印象になりますよね♡

ボーダーをメインアイテムにすると、カジュアルになりすぎるときは、わき役として使うのもおすすめです。

www.buyma.com

レイヤードするときに、とっても使えるのがハイネックのブラウス!
先ほど紹介した襟元からちょっぴりのぞかせる着こなしも、マネできちゃいますよ♪

もちろんこちらはインナーとしてだけではなく、中にベアトップを着て主役アイテムとしても着ることができます♡

一枚持っておくと、かなり着まわせるイチオシアイテムです!

総レースハイネックブラウス3色 s4543

¥3,900

販売サイトをチェック

h.accesstrade.net

シンプルなボーダーのカットソーなら、インナーとしても使うことができますよ♪

たとえば、先ほどのスリット入りのニットのインナーとして着たり、デニムシャツのインナーにしてまくった袖口からボーダーをチラ見せするのもおしゃれ!

レイヤードせずに一枚で着るのもOK!
シンプルなアイテムだからこそ、ボーダーの太さや間隔など、こだわって選んでくださいね。

ORCIVAL ボーダーカットソー/オフホワイト(303)

¥9,504

販売サイトをチェック

【2017年春のボーダーコーデ】マルチボーダーなら周りとかぶらない!

KNIT FAIR 2日目???????? 福岡、ボーダー入荷しました ???????? #kastane #kastane_knit #マルチボーダー

kaori matsuoさん(@creaecrea_)がシェアした投稿 -

ボーダーのアイテムを着ていて、よく起こるのがコーディネートがかぶっちゃった!という事件。
あえてお揃いにするならいいのですが、うっかりお揃いになってしまうとちょっぴり気まずいことってありますよね。

それを回避するなら、マルチボーダーのアイテムがおすすめです♡

これなら周りとかぶりにくいだけではなく、おしゃれに見せることができちゃいますよ♪
いままであまりボーダーに惹かれなかったという方も、好きな配色のものを見つけたらついつい買っちゃうかも!

h.accesstrade.net

ブルー系が好きな方なら思わずきゅんとしてしまうこと、間違いなしなこちらのマルチボーダーニット♡

オフショルダーになっているので、今年らしさも抜群なアイテムです。

フィット感があるので、アウターを着てもごわごわしないのがうれしいですよね♪

マルチボーダーオフショルダーニット/ブルー(393)

¥12,960

販売サイトをチェック

h.accesstrade.net

せっかくマルチボーダーを買うなら、春らしいものもおすすめ!

こちらはピンクやイエローなどの明るいカラーを使っているので、着るだけでハッピーな気分になれそうなニットです♡

ホワイトやグレーがベースになっているので、子どもっぽくならずきれいめに着られるのも◎

ホワイトのスカートと合わせれば、春の日差しにぴったりなパステルコーデの完成ですよ♪

マルチボーダーリブニット/ダークグレー(313)

¥3,780

販売サイトをチェック
いかがでしたか?
今回は、毎年定番のボーダートップスを、2017年春らしく着こなすテクニックや、おすすめアイテムについてご紹介しました♪
ボーダーのトップスに、レースのハイネックのブラウスをレイヤードする技は、筆者もこの春試してみたいなと思っています♡
これまでボーダーのトップスを一枚で着ることが多かった、という方にはぜひ挑戦してほしいです!

ボーダー コーデ 定番

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Misaki

>もっとみる