カップル必見!ずっとラブラブでいるための喧嘩防止法4つ

カップル必見!ずっとラブラブでいるための喧嘩防止法4つ

LOVE

カップルは喧嘩するほど仲が深まる というものの、やっぱり喧嘩は誰だってしたくないもの。
でも、ひょんなことから喧嘩の発端になってしまったりするんですよね......
喧嘩を少しでも減らすべく、4つの防止法を意識してみましょう。

喧嘩防止法①「付き合う前に2人のルールを決めておく」

だいたい喧嘩になるときって、パートナーとの価値観が合わないことから起こることが多いのではないでしょうか? 

実際、喧嘩になってから「この人はこんな価値観を持ってたんだ!」と発見することもありますよね。

喧嘩の原因になるほどの価値観ということは、誰だって1つは曲げたくない信念があるように、その人にとって”譲れない価値観”です。
それくらい大切な価値観なら、付き合う前や付き合い当初にお互いに共有しておくべきです。

喧嘩を防止する方法は、付き合ってからだけじゃなく、付き合う前からも実践できるのです。

喧嘩防止法②「パートナーは自分と違う人間だということを理解する」

大前提として、パートナーと自分は他人だということをまず理解しておきましょう。

カップルになると、パートナーのことが自分のことのように思えたりと自分自身とリンクして考えがちですが、元々カップルになる前の2人は赤の他人です。
生きてきた環境も違えば、考え方も全く違います。

だから、もしパートナーの考え方や行動に不満を感じたとしても、「この人にはこの人のやり方があるんだ」と少し寛容に考えるように心がけましょう。

その不満がどうしても我慢できないものならパートナーに言ってみて、価値観をすり寄せていくと良いでしょう。

喧嘩防止法③「パートナーのSNSは見ないようにする」

喧嘩の発端になる原因の1つに、SNSがあります。
現代はネットが普及して、Twitter、Facebook、instagramなど様々なSNSが流行しています。

大好きなパートナーがこのSNSをやっていると分かったら、それはもちろん見たくなりますよね。

でも、ちょっと待ってください。
そのSNSを見て、穏やかな気持ちを保っていられるでしょうか? 

実際によくある喧嘩の原因として、
「instagramの写真に知らない女性が写ってた」
「私(俺)への返信はしてくれてないのに、Twitterは更新してる」
「自分が知らない女性(男性)とFacebookで新たな友達になってた」など、見なければ知ることもなかったような事実がありふれています。

パートナーのことを何でも知りたいという気持ちは分かりますが、知らなくても良い事実も実際には存在します。互いに、SNSは干渉しあわない方が得策です。

喧嘩防止法④「これは本当に言うべきか?と発言の前に考える」

上にも書いたように、パートナーは自分と生き方も違う他人です。

もし、あなたの発言が原因で、いつも喧嘩になってしまうというのなら、それは言わなくても良いことを言ってしまっている可能性があります。

「思ったことを何でも言い合う」というのはとても良いことですが、そのときに突発的に思ったことを何でも言っていてはキリがありません。

例えばパートナーに少し不満を感じたとしても「時間が経てば忘れられそう」と思えば、わざわざ口に出す必要はないのです。

発言をする前に「これは言うべきなのか?」と、自問自答するようにしてみてください。
感情的になってしまうのはNGです。

 

パートナーと喧嘩にならないようにするためには、互いに価値観をすり寄せていくことが大事です。
1人ばかりが合わせていてはそれは良い関係とはいえません。
2人で1つの関係を築き上げていけるよう、パートナーへの思いやりを常に忘れずに♡