機内を快適に過ごすための持ち物8つ!空の旅を思いっきり楽しむ秘訣

LIFESTYLE

旅行や出張で海外に行くとき、機内で疲れてしまって現地に着いたときにはグッタリ!という経験はありませんか?
現地での時間を有意義に過ごすためには、機内を快適にすごすことが重要です。
そこで、機内を快適に過ごすための持ち物には、どんなものがあるのかをご紹介します♡

小林 亜樹
小林 亜樹
2019.01.19

機内を快適に過ごすための持ち物①マスク

マスクをした女性

機内は、すごく乾燥します。
飛行機に乗るのは好きだけど乾燥がツライ、という人も多いですよね。
乾燥は肌に影響があるだけでなく、喉が痛くなったり鼻が痒くなったりすることも……。

また、乾燥していると風邪などのウイルスに感染しやすく、現地に着いたら風邪で寝込んでしまった、なんていうことになったら最悪ですよね。
寝込むほどではなくても、風邪をひいてしまってはせっかくの旅行も楽しさが半減してしまいますし、出張だと仕事の効率やモチベーションが下がってしまいます。

そこでおすすめなのが「マスク」です♡

マスクは起きているときだけでなく、睡眠中も使える便利グッズ。
顔にしっかりとフィットして、長時間使っても耳が痛くならないタイプのマスクがおすすめです。

機内を快適に過ごすための持ち物②水

ミネラルウオーター

機内で飲み物はもらえるので、必要ないと思う人もいますよね。
しかし、周りがみんな寝ていて頼みにくいなど、飲みたい時に必ず飲めるとは限りません。

乾燥すると水分を摂りたくなりますし、水分を多く摂ることによって、エコノミークラス症候群の予防にもなります。
快適に過ごすための持ち物のひとつとして、「水」を用意してみましょう?

ただ、気をつけないといけないのは、水を購入するタイミングです。
手荷物検査時にペットボトルなどの液体は没収されてしまいますので、出国審査を通過して搭乗する直前に購入しましょう♪

機内を快適に過ごすための持ち物③スリッパ

白いスリッパ

楽な靴や脱ぎやすい靴を履いて行く、という人は必要ないかもしれませんが、靴もおしゃれにこだわりたいという人は多いと思います。
そうなると、やはり機内で快適に過ごすための持ち物として、「スリッパ」は外せないですよね。

簡単に着脱できるスリッパは足の締め付けも和らげることができるので、長時間座りっぱなしでも快適に過ごすことができるはず!

旅行用の折り畳みスリッパや、使い捨てのスリッパがおすすめ。
かさばらないことや、捨ててしまえるので旅行中も楽々ですよ♪

機内を快適に過ごすための持ち物④ネックピロー

機内でネックピローをつけた女性

座ったままで睡眠をとると、首が痛くなったり肩が凝ったり、なんだか疲れてしまいませんか?
「ネックピロー」を使うと頭の位置が安定するので、快適に眠ることができます。

機内では通路側の席や、両側に席がある真ん中の席だと、座席についている小さな枕だけで頭を支えることが難しですよね。
しっかりと睡眠をとることで、目的地に着いてから睡魔に襲われることなく行動することができます。ぜひ、持ち物にネックピローを加えてくださいね♪

いろいろなタイプのネックピローがありますが、空気を入れて膨らませるタイプのものが持ち運びに便利でおすすめです。

機内を快適に過ごすための持ち物⑤アイマスク

機内でアイマスクをつけている女性

機内は自分だけの空間ではないので、周囲にはいろいろな灯りがあります。
少しの灯りでも睡眠の妨げになってしまう、という人も少なくないはず。

機内食のサービスが終わると、全体の明かりは暗くなります。
それでも、周囲の席の人が使っている座席のモニターやタブレットなどや、窓の外を見る人が窓のカバーを開けた時など、気になりますよね。

そんな時のためにおすすめの持ち物が、「アイマスク」です。

また、アイマスクは、灯りが気になる人だけにおすすめなのではありません。
寝顔を見られるのが気になる、という人もアイマスクがあれば安心して寝ることができますよ♡
目の前を真っ暗にすると、高いリラックス効果を得られるということを知っていますか?
寝ない場合でも、アイマスクで暗い空間を作ることで、快適に過ごせますね!

機内を快適に過ごすための持ち物⑥耳栓

耳栓をして眠る女性

周囲の灯りと同じくらい睡眠の妨げになってしまうのが、音です。
普段はそれほど音が気にならない人でも、機内ではエンジン音なども聞こえてしまうので気になってしまうことも。
そんな時に、快適に過ごすための便利なアイテムが、「耳栓」です。

サイズも小さくて荷物にもならないので、持ち物をあまり増やしたくない人にも負担になりません。化粧ポーチに入れておいてはいかがでしょうか♪

また、耳栓は周囲の音を抑えるだけでなく、気圧調整をすることもできます。
気圧の変化に敏感な人は、航空性中耳炎を起こしやすいといわれています。予防するためにも耳栓はおすすめですよ。

機内を快適に過ごすための持ち物⑦パーカーやストール

パーカーを着た女性

冷え性の女性は多いですよね。冷え性の人はもちろんですが、そうでない人も機内を快適に過ごせるかどうかの、重要なポイントのひとつが温度です。

そこで「パーカーやストール」など、羽織れるものでの温度調節がおすすめです。
機内は寒いことが多いので、必ず持ち物に加えてくださいね。

ブランケットを借りられるから大丈夫なのでは?と思う人もいるかもしれません。
エコノミークラスのブランケットだと、寒さ対策にはイマイチ。
そして、気をつけてほしいのが、航空会社によってはブランケットが用意されていないこともあります。
特にLCC(格安航空会社)を利用する際には、事前に公式サイトなどでブランケットの有無を確認してくださいね。

機内を快適に過ごすための持ち物⑧タブレット端末

機内でタブレットを楽しむ

アジアなどの近距離では必要ないかもしれませんが、長時間のフライトだと、機内で観たい映画がなかったり寝つけなくて時間を潰したい時に何もすることがないと最悪ですよね。

そこでおすすめの持ち物がiPadなどの「タブレット端末」です。
念の為にiTunesなどで映画などをダウンロードしておくと良いですよ♡
楽しめるアイテムがあるだけで、機内が快適な空間になります。

また、荷物を減らす技として、ガイドブックなどをスキャナーで取り込んでおくと、タブレットで見ることができるので荷物が少なくなっておすすめです。

他にもまだある、機内を快適に過ごすための持ち物♪

機内

機内には、手荷物を持ち込むと思いますが、この手荷物が機内を快適に過ごすためのアイテムとして使えるんです。
手荷物は座席の上の棚に収納すると思いますが、ちょっと待って!

可能なら前方の座席の下に手荷物収納場所があるので、そこに入るなら収納しておきましょう。
飛行機が上昇してシートベルトのサインが消えたら、手荷物を座席の前に置き、その上に足を乗せるんです♪
そうすることで、あしのむくみを和らげたり、エコノミークラス症候群を防ぐ効果が期待できます。

その他にも、全ての人に当てはまるわけではないですが、快適に過ごすためのいろいろなアイテムがあります。
乾燥が特に気になる人は、目薬や保湿クリーム・ハンドクリーム・リップクリームなども、持ち物としておすすめです。
むくみやすい人は、ゴルフボールやツボ押し棒があると、少しでもむくみを抑えられるでしょう。

旅に慣れた人はもうすでに必需品としていると思いますが、初めての人やあまり海外に行かない人は忘れがちなものもあります。
これから海外に行く人は、ぜひ持ち物をチェックして、機内を快適に過ごしてくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。