会社の飲み会の上手な断り方って?波風立てずスマートにかわして

「飲みニケーション」という言葉がある通り、お酒を飲みながらワイワイと親睦を深める会社の飲み会!
しかし、仕事が終わってまで上司と飲まなければならないのは、ときとして面倒臭いと感じることありますよね。
会社の飲み会は、断り方によっては「付き合いが悪い」とマイナス評価につながりがち……。
だからこそ、スマートに断る術、身につけておきませんか?
それでは早速、会社の飲み会の上手な断り方をチェックしていきましょう!

会社の飲み会は断りにくい……。

飲み会

会社の飲み会は、確かにいいこともたくさんありますが、メンバーによっては憂鬱な時間にもなりかねません。

歓送迎会や忘年会など節目の飲み会はもちろん参加したほうがいいですが、ちょくちょく開催される飲み会は、参加も面倒くさいですよね。
忙しい社会人にとって、自分のための時間も大切です。

特に上司がいる飲み会だと、お酌をしてあげなければならなかったり、苦手なビールからスタートしたりと我慢するシーンもたくさん……。
自分自身は自由に飲み食いできず、気とお金だけ使って終わることもあるのではないでしょうか。
とはいえ、いざ断りたいと思っても、なかなか断りづらいですよね。

強制ではないのに、参加が義務のような風潮がある職場だとなおさら……。
飲み会はなんだか断りにくいものなんです。

それではここからは、そんな断りにくい会社の飲み会の上手な断り方をご紹介いたします。

スマートな会社の飲み会の断り方①デートと公言

仲の良いカップル

もしデートや友達との予定が入っている夜ならば、飲み会もはっきりと「予定が既に入っていて……」と伝えてしまう断り方もアリ!
いくら会社の飲み会でも、大切な友人や彼との大事な予定をドタキャンするのは良くありません。

変に隠したり嘘をついたりして断るよりは、断られた方も「仕方ないな」と思ってくれるはず!
正直に理由をいえば、きっと理解してくれるはずですよ。
それでも強制的に連行されるような会社は考え物です。

断る際には「残念ですが、またぜひ誘ってください」と一言添えるとスマートですよ♪

スマートな会社の飲み会の断り方②家族を理由に

家族で食卓を囲んでいる様子

「家族が上京していて……」など家族を理由にした断り方は、会社の飲み会を断る常套手段です。
断っておきながらも家族を大切にしているいい子という印象に♪
お互いにとって気持ちの良い断り文句といえます。
でも、あまりに頻繁に使うと「嘘じゃないの?」と疑われるのでご注意を!

一人暮らししつつも実家が関東という方は、「地方の友人が遊びにきている」や「異動してしまった先輩がきている」などに応用して断ってもOKです。
もし本当に地方の友人が来ているなら、ここに案内したいなとイメージして伝えれば嘘っぽく聞こえません。

実家住まいの方は、「今日は家族みんなで夕食を食べる予定がある」という断り方も良いです。
家族を大切にしている素敵な社員と思ってもらえるでしょう。

注意したいのは「家族が入院した」「おじいちゃんの具合が悪い……」などの嘘をついた場合……。
後々家族の話になった時に困るのは目に見えています。
それに病気関係の嘘は付く方も少し気が重いものですよね。

「印鑑が必要な書留などの荷物を自分が今日受け取らなくてはいけない」「迎えの車を出さないといけない」など軽いものならアリでしょう。
嘘も方便という言葉がありますが、あまり重い嘘はつかないようにしましょうね!

スマートな会社の飲み会の断り方③行かないキャラを作ってしまう

×印で断っている女性

あなたがもし飲み会を「苦手だな……」と感じているなら、最初から“飲み会に参加しないキャラ”を作ってしまうのもアリです。

誘われなくなるのは寂しいかもしれませんが、毎回断るストレスを考えれてみて!
職場での人間関係が確実に楽になりますよ。
どこの職場にも飲み会に行かないというキャラの方はいます。
毎回断り方や理由を考えるのも疲れてしまうので、「お酒が一切飲めない」「飲み会は本当に苦手なんです」と予め伝えておくと良いかも!

その代わり、「今度ランチにいきましょう」外出先で「ちょっとお茶してから帰りませんか」など、別の場でコミュニケーションを取るなどすればGOOD♪

無理に会社の飲み会に行って空気を暗くするくらいなら、サッパリ行くのをやめてしまいましょう。
お互いに気楽になるはずですよ。

スマートな会社の飲み会の断り方④タイミング良く姿を消す

オフィスの様子

もし、面と向かって飲み会を断るのが苦手という人は、飲み会の話が出そうなタイミングに席をさりげなく立って姿を消してしまうのも一つの手です。
もしその後、電話やラインが来たらすでにご紹介した①~③の断り方を活用してみてくださいね。
何度か繰り返せば、あまり飲み会が好きじゃない子なのかなって察してくれるでしょう。

飲み会の話が出そうなタイミングとは例えばみんなが仕事を終えそうなときや、いつも飲み会を誘う上司がそわそわし始めたときなど!
上司が「飲み行くか〜」など独り言を言うタイミングもあるでしょう。

おそらく職場で「飲み会をしよう!」と話が挙がるタイミングは仕事がひと段落したタイミングなどパターン化されているはず!
パターンを覚えておいて、誘われないようにするのも波風立たない会社の飲み会の断り方です。

上手く回避してみてくださいね。

スマートな会社の飲み会の断り方⑤習い事があると伝える

お菓子作り

人間は不思議なもので学生時代は勉強したくないのに、社会人になって少し時間に余裕ができると、何か学びたくなったり趣味を増やしたりしたくなるもの!
社会人になってから習い事を始める方はとても多いです。

料理教室、生け花教室、書道教室、陶芸教室、英会話教室など……クリエイティブな習い事で感性を磨いたり心を落ち着けたりするのも◎
習い事を理由に会社の飲み会を断れば、お互いに不快な気持ちになることが少ないでしょう。

この断り方は本当に習い事をしていない方は使いにくいかもしれませんが、習い事を始めたいと考えていて、友人の紹介で体験や見学に行くなどといえば数回は回避できるでしょう。
もちろん、この体験や見学が本当に習い事を始める良いきっかけにもなるかもしれませんよ。

スマートな会社の飲み会の断り方⑥サロンを予約していると伝える

マッサージを受けている女性

会社終わりに美容系のサロンを予約していると伝えるのも、飲み会の上手な断り方の1つ!
どうしても行くことができない事態以外で予約をドタキャンするのはお店に迷惑をかけてしまうのであまり良くないですよね。

美容室やネイルサロンなどだと実際に行ったかどうかバレてしまうので、マッサージや整体、エステサロンやスパなどだと良いかも♪
「すっきりとリフレッシュして、また明日から仕事頑張ります」など一言添えれば、よりスマートですよ。
仕事とプライベートのバランスが取れている子だなと、きっと好印象を持ってもらえるでしょう。

ぜひ使ってみてくださいね♡

スマートな会社の飲み会の断り方⑦体調不良を伝える

風邪気味の女性

自分自身の体調が悪いことを理由に、飲み会を断るのも1つの手です。
自分の身体は自分が1番分かっていますよね。
「今少し風邪の前兆がきているので、体調を悪化させて仕事に支障をきたしてしまわないよう今回は欠席させていただきます」や「予防のため風邪薬を服用しているのでお酒が飲めません」など、断り方は様々!

女性は生理痛などを理由にするのも良いのではないでしょうか。
人によって症状は様々ですが、飲み会どころか立っていることもできないくらい辛い方もいます。

社会人にとって、体調管理も仕事のうち!
自分自身の体調を考慮して会社の飲み会を断るのは、仕事熱心で誠意のある断り方ですよ。
ただ体調不良を理由に何度も飲み会を断ると、体調管理ができない人だとも思われてしまうかもしれないのでほどほどにしましょう。

スマートな会社の飲み会の断り方⑧資格の勉強や作業があると伝える

パソコンで作業をしている女性

資格の勉強や、作業の締め切りが近いなどということを理由に会社の飲み会を断るのも1つの手です。

資格は仕事に使えそうな堅いものから、最近ではワインや温泉、アロマなど趣味の延長を活かした資格まで様々♪
さらに睡眠や家電に関する資格などニッチで面白い資格もあります。

資格の勉強をしているとなると、「その後どう?」などと聞かれることもあるのであまり嘘はつかないように心がけましょう。

また、作業はなんでもOK!
20代後半あるあるな話だと、友人の結婚式ムービーやプレゼント作り、誕生日会のサプライズ飾り作りなど……断り方は色々あります。
さすがにそれを止めてまで飲みに誘う強引な上司は少ないでしょう。
いくつかパターンを考えておくと良いのではないでしょうか。

どうしても会社の飲み会を断れない場合:時間を制限して参加する

腕時計をしている女性

どうしても会社の飲み会が断りにくい場合は、「21時までなら」などと時間を区切ってさくっと参加するのがおすすめです。
面倒な二次会や終電まで飲むなど遅い時間までの飲み会を回避することができますよ。

乾杯して少しお話し終えた1時間ちょっとで帰れば、あなた自身への負担も少ないはずです。
帰りやすいよう手前の席に座るのもポイント!
もちろん帰り際に「また今度はゆっくり行きましょう」と一言添えて帰るとGOOD♪

一通り、飲み会の断り方を使いきってしまった場合にぜひ活用してみてください。

たまには“お付き合い”で会社の飲み会に参加するのも大事!

乾杯する男女

会社の飲み会の断り方をいくつかご紹介してきましたが、組織に属している以上たまには参加することも必要です。
できることなら避けたいと思っている飲み会も、実は参加してみると同僚や上司の知らない一面を知ることができ、明日からの仕事がスムーズになることも♪

面倒臭いと思っていても、たまには参加するのも大切です。
新たな発見もあるかもしれませんよ。

毎回断ってばかりだと、付き合いが悪いと思われかねないですし、自分自身も疲れてしまいますよね。
3〜4回に1回は参加するようにしてみると◎
直属の上司がいるときや、仲の良い同期がいるときなど少し見定めて飲み会に参加してみてくださいね♡
いかがでしたか。
面倒臭い会社の飲み会!
上手な断り方をマスターして不要なストレスや無駄な時間とお金は使わないようにするのが、賢い女性のあり方というものかもしれません。
行きたくもない飲み会でつまらなそうな顔をしたり、不機嫌になってしまったりするくらいなら、参加しないほうがベターだと割り切ってみると仕事のストレスも軽減♪
いずれの断り方も最後に「ぜひまた誘ってください!」と一言添えることがポイントですよ。
断り方のバリエーションを自分の中でいくつか用意しておいてみてくださいね。

【関連記事】お店に着いたらまず上座を確認!先輩・上司と飲み会に行く時のマナー

4MEEE magazine Vol.1 p.127〜全方位、愛され力の身につけ方。社内での親睦を深めるために……...

飲み会 仕事

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

川島ゆい

丸の内OLからフリーランスに転身してもう5年……。
おしゃれや毎日を充実させることを毎日考えていま…

>もっとみる