【基礎編】ひと塗りで小顔になれちゃう♡チークの塗り方♪

BEAUTY

チークはお顔の大きい部分を占める重要なパーツです。
血色パーツは女の子らしい可愛さを引き出すためには、避けて通れない部分です♪

基本的なチークの塗り方をマスターして、かわいいメイクのブラッシュアップ!

チークの種類♡

そもそもチークにもいくつか種類があり、それぞれ使い方や特徴に差があります。
まずはその違いを順番に確認していきましょう♪

【パウダー】
もっとも王道のタイプがこちら。
初心者さんでも使いやすく、プロアマ問わず多くの人々に使用され続けています。
ブラシでつけるタイプと、パフでつけるタイプがあります。
パフだとポンポンと乗せるだけなので、最も使いやすいと言えます。

【リキッド】
パウダーチークの下地として発色を高めるためにも使えます。
もちろん、もちもアップ。
単体でも、薄づきなので透明感を残したまま頬を赤らめることができます。

【ムース】
最初はふわふわしていますが、使用感はパウダーに似ています。
ぼかしやすく、優しい発色をします。

【クリーム】
もっとも発色がいいとされているのがこちらです。
濃くつくので、初心者さんだとぼかす時にメイクがよれてしまうことも。
ただ、使いこなせると持ちの良さや馴染みなど、虜になる魅力も多いです。

ベーシックなチークは、ブラシをスライドさせるだけ!

もっともベーシックなチークは、意外にもブラシをスライドさせるだけで完成してしまいます。

場所としては、【黒目よりも外側&笑ったときに上がる頬骨の位置から少し下】になります。
耳の方から顔の中心に向かってブラシを滑らせますが、2〜3回往復させればOKです♪

初めは濃すぎるより、「なんとなく付いたかな?」くらいでやめておきましょう。

最後にブラシで、先ほど入れたチークの周りをぐるりとなぞってぼかせば、とても自然に馴染んでくれます♡

かわいいチークは、まあるく入れる♡

可愛らしいイメージにしたいときは、まあるく入れるのが鉄則です♡

基本的には、笑った時に一番高くなるところに濃いめにポンポンとチークを乗せます。
そして、その周りをふんわりぼかしてまあるくなじませるだけ。

位置を少し低めにすると、より幼いような可愛らしい印象に近づきます♪

これはポンポンチークではダントツでやりやすい入れ方でもあります。

求心的になるので、小顔効果もあります!

クールなチークは、外側に塗る♪

大人っぽい感じや、シャープに見せたいのなら気持ち外側に塗るのがGOOD!

ほお骨の下側に沿って、耳側から黒目の下まで、斜め下に向かって入れます。
細めに入れるのがオススメです。

ブラウン系の色味ならばシェーディング効果が発揮され、かなり引き締まった印象になります。
小顔効果は抜群です。

また、頬骨に少しかぶるくらいの位置にすると、大人っぽくかっこいいイメージになれます♪

同じアイメイクでも、チークの入れ方で印象がかなり変えられるので侮れない存在です。
でも、チークを使いこなせたら、なりたいイメージにぐっと近づけますよ♡
ぜひマスターして素敵な頬を手に入れたいところ。