つり目さん必見!憧れのたれ目が叶う「グラマラスライン形成」とは?

BEAUTY

つり目が嫌。私だってたれ目になりたい!
誰だってコンプレックスは解消したいですよね。
そんな時は「グラマラスライン形成」を視野にいれてみるのはいかがでしょうか?

つり目がコンプレックスなんです……

キリッと綺麗な印象を持たれることもあるつり目ですが、コンプレックスに感じてしまうこともありますよね。
笑顔がきついと言われてしまったり、怒っているように見えてしまったり。
周りからの印象を気にしながら生活してしまう方も少なくないのです。

憧れのたれ目になるためには、「グラマラスライン形成」が向いている手術方法なんですよ。

グラマラスライン形成とは"たれ目整形"とも言われていて、下まぶたのラインを下げることで白目と黒目の露出をし、目を大きく見せてくれるんです!

「グラマラスライン形成」手術方法

下まぶたのラインを下げて行う「グラマラスライン形成」手術には、細かく分けて2通りのやり方があります。

■皮膚側法
下まつ毛のすぐ下の外側の皮膚を切ってたれ目を作る方法。この手術方法だと変化が大きく、印象も変わりやすい。下まつ毛の逆さまつ毛の改善にも適している。

■結膜法
目の内側を切る方法。内側を切るため、傷が目立つことがない。ただし、下げ過ぎると逆さまつ毛になってしまう人も。

どちらの方法も体質により、合う合わないがあるので、ドクターに相談しましょう!

「グラマラスライン形成」ダウンタイムと費用

皮膚側法と結膜法、どちらもおよそダウンタイムは1週間程度とみておきましょう。ただ、皮膚側法は術後5〜7日目に抜糸の必要があります。

どちらも持続性は半永久的!施術時間も1時間程度で終了してしまいますよ♪

「グラマラスライン形成」の料金は切開法がおよそ25万円程度、皮膚側法がおよそ35万程度です。
クリニックによって変わりますので、気になる方はクリニックにお問い合わせしてみて!

「グラマラスライン形成」デメリット

「グラマラスライン形成」の術後は多少の内出血があるくらいで、特に大きな支障はないんだとか。

ただ、グラマラスライン形成をやりすぎてしまうと、目が露出しすぎて常にあっかんべーをしているような違和感のある目元になってしまうことも。

何事もやりすぎは良くありませんが、ドクターとしっかり話し合って適度にラインを下げましょう。

また「グラマラスライン形成」は、いかにドクターと連携が取れているかも重要です!
カウンセリング時は納得いくまでドクターと相談し、理想の目元に仕上げてもらいましょう♪

憧れのたれ目になるためには、「グラマラスライン形成」という方法もあるんですね。
怖いと思う方もいるかもしれませんが、気になったらまずクリニック、ドクターに相談してみてください!