大好きな人とギュッてしていたい♡冬になると寂しくなる原因って?

LIFESTYLE

毎日寒くて、「なんだか寂しいなぁ……」なんて思っている子も多いはず。
寒くなってくるとなんだか寂しい気持ちになりますよね。
今回は、その原因について探ってみました。

【冬になると寂しい気持ちになる原因①】寒く、人恋しくなる

気温が下がるにつれて、ぬくぬくしたくなりますよね。人の温もりが恋しくなったり、暖かいものに寄り添いたくなったり……。

普段はひとりで生活しているのにも関わらず、冬はなぜか誰かと一緒にいたくなる季節ですよね。

手を繋ぎたくなったり、抱きしめてほしくなったりするのも、冬に寂しくなった時の特徴です。きっと、誰かの愛が欲しくなるのかもしれません。

【冬になると寂しい気持ちになる原因②】陽が落ちるのが早い

夏は19時になってもまだ明るいですが、冬は17時にはもう真っ暗!陽が落ちるのが、とても早いですよね。それと同時に、気温が下がるのも早いです。

暗くなると自然と心が「シュン」とし始めたり、暗闇の中のわずかな街灯に切なさを感じたりするものです。

「こんな時、誰かがそばに居てくれたら……」なんて、思ってしまうのではないでしょうか?

【冬になると寂しい気持ちになる原因③】切ない歌が多い

ウィンターソングは、切ない楽曲が多いように感じます。アップテンポな曲は、あまり聴いたことがないのではないでしょうか……!曲調がゆったりで、歌詞も切なめなものが多いですよね。

歩いている時に、多くの人がイヤフォンで音楽を聴いていますよね。
寒く暗い中、イヤフォンから流れてきた音楽が切ない曲であれば、歌詞の中の人物と自分を重ね合わせて聴いてしまうことも多いのではないでしょうか?

【冬になると寂しい気持ちになる原因④】周りの恋人たちが目立つ

冬はイルミネーションも増えてきて、自然と街にカップルが多くなります。カップルに向けた広告やプランなんかも多くなります。

カップルが多いのなんて、冬に限ったことではないはずなのに、イベントや寒さ、自分の心境で寂しく思えてきちゃうものなんですよね。

誰かと過ごす時間を、一人で過ごすことが多くなることで、より一層寂しい気分になるのです。

恋人がいようがいまいが、『冬は寂しくなる季節』!
そう思っておいた方がいいでしょう。
急に理由もなく寂しくなって不安になって、大切な人と不安のぶつけ合いにならない為にも。
そういう季節が、冬なんです。