初対面で話すネタがわかりません!無難な会話ネタと話の広げ方

LIFESTYLE

仕事や学校などで、何かの待ち時間などに初対面の人と一緒にいなければならない微妙な時間ってありませんか?
人付き合いが得意な方は良いのですが、人見知りをする方は、そういった時に一体何を話せばいいのか悩みますよね……。
そこで今回、初対面の人と話せる無難な会話ネタと、話の広げ方のご紹介します♪

初対面で使える無難な会話ネタその①天気や気候の話

まずは、天気や気候の話です。
無難な会話ネタの代表格ではあるけれど、話が広がらない、広げ方がわからないという方が多いのではないでしょうか?

天気や気候の話は当たり障りがなく、詮索されるのがあまり好きではないという方に使えるネタなので、初対面の人の雰囲気を知るためのファーストタッチとして便利です!

寒い日には「お鍋が食べたくなります。」、暑い夏の日は「ビールが飲みたいです。」など、そこから好きな食べ物の話や、美味しいお店情報へ話を広げられます。

また「こんな天気の日は○○がしたくなります。」など、趣味の話へと広げることも可能なので、お互いの共通点を見つけられるチャンスにもなり得ますよね♪

初対面で使える無難な会話ネタその②花粉症の話

日本人は花粉症の方が非常に多く、それは同じように花粉症の症状に悩まされている方が多いということ。

こちらも天気の話と同じぐらい当たり障りがない無難な会話ネタで、天気や気候の話にも繋げられ、逆に天気の話から花粉症の話にも繋げられそうです。

しかし、初対面の相手の人が花粉症でなかった場合は、すぐに他の話題に切り替えましょう!

初対面で使える無難な会話ネタその③自分の気持ちを話す

その時の自分の気持ちを素直に話すということも、無難な会話のネタになる上に、初対面の相手に心を開いてくれていると、親近感を抱かせることができます!

ここで大事なのは、あまりネガティヴなことを言わないということ。
例えばそれが試験の前ならば、「面倒くさいですね。」「嫌ですね。」などと一方的にネガティブな気持ちに共感して欲しいような言い方はNG。

「受かる自信は無いですが、お互い頑張りましょうね!」など、不安や緊張を表しつつも、前向きな姿勢を示すと、相手に嫌な感情を抱かせにくいです♪

また「お綺麗なのでなんだか緊張してしまいます。」など、相手を褒めつつ自分の気持ちを話すと、好印象を与えやすいですよ♪

初対面で使える無難な会話ネタその④服や持ち物を褒める

会話のネタに困った時は、初対面の相手が身につけているものを褒めてみましょう♪
褒められて嫌な気分になる方はなかなかいません。

どこのブランドの物かわからない場合でも、相手の人にそのアイテムの話をしてもらえると、時間も潰れ、その人の趣味を知るチャンスになります。

「他にどんなブランドがお好きなんですか?」と無難な会話を広げていき、自分の趣味を知ってもらうこともできそうですよね♡

気を付けなければいけないことは、思ってもいないことは言わない方が良いということ!
見栄を張ったり嘘をついてしまうと、「このブランドのファンに出会えるなんて嬉しいです!いつもどちらでお買い物されますか?」なんて聞かれたら大変ですよね……?

初対面で使える無難な会話ネタその⑤空気を読んで下手に喋らないのも大事!

最後に、空気を読んで下手に喋らないこともとても大切!ということを覚えておきましょう。

会話の目的は、心を交わすところにあります。
しかし会話のネタによっては、逆に距離ができてしまうということも起こりかねません。

そうなってしまっては本末転倒なので、話すことがあまり好きでは無さそうな方とは、初対面では挨拶など最低限の無難な会話をするだけに止めましょう。

初対面で話す無難な会話ネタ、いかがでしたか?
会話力は、とにかく場数を踏めば上達していくものですが、頑張り方がわからないと難しいですよね!
素敵な出会いを大事にするためにも、少しずつ会話力を上げていきましょう♪